水辺遍路

実際に行った池やダム 9,400ヶ所を掲載

長野県

海善寺池(長野県東御)

池in池の状態が見える用水路の途中に水の取り入れ口があり、今でいうところの農業用調整池的な役割の溜め池か。 取り入れ口わきに小さな堤が設けられ、池の中に小さな池があるようなかっこうになっていて興味深い。 鯉の養殖がさかんだった地域でもあり、あ…

深井溜池(長野県東御)

池の周囲が深井池水辺公園に指定されているが、いわゆる公園風の整備ではなく、ため池の自然護岸がそのまま生かされている。 堤横にはトンボ池という小池も。 釣り禁止。駐車場なし。

諏訪湖【釜口水門】(長野県岡谷)

これぞ諏訪湖ダム! 諏訪湖のダム的な顔を見られる場所として岡谷湖畔公園はうってつけの場所だった。 ここから歩いてすぐのところに、第二世代・釜口水門が広大な諏訪湖を堰いている。31もの河川が流れ込む諏訪湖だが、流出河川は「超」がつく暴れ川の天竜…

寝覚発電所上部水槽(長野県上松)

ダム穴式の洪水吐が無気味に口を開けている6km北西にある木曽ダムから取水した水を受け止め、発電所に向けていっきに落水させるためのダム水路式発電所の上部水槽。 右岸側にも越流堤があるがそれでは足りないのか、池の真ん中にもダム穴タイプの洪水吐が異…

寝覚の床美術公園の池(長野県上松)

寝覚の床と美術公園の池(左下側に見える池)竜宮城に行って玉手箱をもらった浦島太郎。 玉手箱を開けた場所こそが、ここ寝覚の床だという。白髪・白髭の老人となった太郎が自分の姿を映してひっくり返りそうになったのが、臨川寺境内に残る姿見の池。このお…

伊奈川ダム(長野県大桑)

関西電力が所管する発電用ダムが堰く貯水池。 宝石のように煌めく湖面に思わずため息が。この美しい色は堆砂によって池の底が浅くなっていることも関係していると思われる。 ダム湖奥に百名山・空木岳への伊奈川ダム登山口および駐車スペースがあるが、災害…

印内耕地整理池(長野県佐久)

かつてはフィールドアスレチックコースの構成要素にもなっていたレジャーレイクで「悠玄湖」という優雅な愛称まで持っていた。 コース閉鎖後もスポーツ設備やキャンプ場、コテージ、日帰り温泉のある望月温泉・みどりの村が併設した状態ではあるが、積極的に…

深沢ダム(長野県小諸)

砂防堰堤タイプのコンクリート堰体が堰く高原感のある池。 アプローチ路は1.5車線舗装路。分岐には「深沢ダム↓」の案内板まであった。ダムサイトに未舗装駐車スペースあり。小諸眺望百選。 立入禁止看板あり。 マークした場所がアプローチ路入口。

姫木湖(長野県長和)

標高1400mの姫木平ペンション村に隣接した溜め池構造を持ったレジャーレイク。 堰体部以外は天然沼沢を思わせる岸が広がり、水辺も近しい遊歩道が林の亜間を抜け、冴え渡る緑にシラカバもよく映えている。 ずいぶん昔はトラウトもいる管理釣り場だったという…

美しの池(長野県長和)

姫木湖とは国道をはさんで相対する立地に、砂防堰堤タイプのコンクリートダムが堰くこじんまりとした池。 遊歩道が付き、別荘地に似合う空気感。 池畔には「中央分水嶺トレイル」なる新しい看板も立っていた。

つりぼり清流(長野県長和)

姫木湖と美しの池にはさまれた国道沿いにあるポンド型の釣り堀。 竿、エサ付きで釣った魚は買い取り制。 ファミリー向けの小場所で、小さなお子さんの釣り体験にはうってうけ。対象魚はイワナ、ヤマメ、ニジマス。 釣った魚のバーベキューもできる。

白樺湖(長野県茅野)

【しらかばこ】不思議な細長い島にも白樺が(2021年撮影) 準高地の古典的レジャーレイク。 標高1,416m、湖周3.8kmの白樺湖は、信州における観光「池」として古典的な存在といえよう。 蓼科高原のリゾート感あふれるのびやかな湖だが、意外なことにもとは昭…

原池(長野県青木)

国道143号線を上田から松本方面へと走っているとき、左手に「原池」という看板のある枝道が目に入った。 引き返して枝道を上っていくと小集落があったが、地図を見ても池らしきものは見あたらない。原池は集落名のようだ。 といって片付けるわけにもいかぬ。…

琅鶴湖(長野県長野)

【ろうかくこ。水内ダム】 発電ダム湖としては、日本でもっとも文学的? ダム名、貯水池名ともに難読。湖名は「ろうかくこ」と読み、ダムは「みのち」。 この難しい湖名の由来は、『或る女』で日本文学史に名を刻む有島武郎の弟で、画家の有島生馬がこの貯水…

平ダム(長野県生坂)

犀川本流を堰く東京電力が所管の発電用ダムだが、堰体は長野市と生坂村の市境上にある。 国道19号線沿いにありアクセス性はよく、堰体の真正面に橋がかかっているのでフォトアングルも良好。

生坂ダム(長野県生坂)

犀川本流の屈曲部分を堰く東京電力が所管の発電用ダム。 ダムサイトの軌道上に置かれた塵芥破砕選別装置が、銀河鉄道999に出てくる怖い列車を想起させる。 400m西に道の駅あり。 塵芥破砕選別装置 マークした場所は道の駅。ダムは400m東。

水上ダム(長野県松本)

長野県営の多目的貯水池。堰体は重力式コンクリートダム。 湖名の「そよぎ湖」は、風そよぐ湖を連想するが、ご当地植物の名が由来とのこと。

幕宮池(長野県上田)

2021年春には水抜きを確認 情緒ある別所温泉、お膝もとの池。 情緒豊かな終着駅の温泉街、別所温泉のお膝もとにある野池。 全国ため池百選にも選ばれている「塩田平のため池群」のひとつでもある。 池のほとりに大すべり台、ミニアスレチックのほか、多目的…

嫁池(長野県長野)

夕暮れ近くでちょっと急いでいたとき、山道の途中に気になる池が現れて思わずストップ。 と思ったら2013年に訪れて以来、7年ぶりの再訪となる嫁池だった。 池畔の見上げるようなお地蔵様。その足もとの碑(いしぶみ)に刻まれた「昭和61年11月29日、二名の…

上組溜池(長野県飯山)

かみぐみためいけ。 地形的にちょっと変わった立地にあるハイダムスペックの溜め池。 堤の直下には飯山線と千曲川。そして道路が池を取り巻くように走っている。不自然に見えるのは江戸時代の用水路を避けつつ、大正時代の鉄道敷設によって池の移転を余儀な…

渦隈川水源池(仮称)(長野県長野)

イワナ、ヤマメが生息する渦隈川の水源と思われる池。 航空写真では半湿原化しているが湛水面もしっかり残っている。 観光化されていないのか、廃墟化したのか不明だが、別荘地からのアプローチ路らしき道は藪漕ぎ状態で撤収。

裾花ダム(長野県長野)

2021年撮影長野県営の多目的ダム。水力発電では下流側に湯の瀬ダムを従える。 2021年は下流側からのビューポイントから堰体を撮影。水色のゲートを持った重力式コンクリートダムが垂直に切り立った懸崖を堰いてそびえる姿は神々しささえまとう。 ダム湖の水…

湯の瀬ダム(長野県長野)

上流側にある裾花ダムからの水力発電の水を受け止めてエコ運用するための逆調整池。 長野県企業局が管理。鮮やかな水色のゲートが清々しい。 アプローチ路はわずかながらダート。駐車スペースあり。 マークした場所は駐車スペース。

西大滝ダム(長野県飯山)

朝靄をバックに西大滝ダム(2021年撮影)日本一の長大な河川である千曲川(信濃川)の本流を堰く東京電力の発電用ダム。 コンクリート製の堰堤は重厚なたたずまいがなかなかの味わいを見せている。 ダム直下の消波ブロックの間では、国交省によるエサ釣りに…

笹平ダム(長野県長野)

ささだいらだむ。池史上で最悪の転落事故の現場には慰霊碑が笹平ダムは東京電力の発電用ダム。ダム湖にはニジマスが生息。 インレット側の国道対岸側にはひっそりと慰霊の空間が設けられている。 1985年1月に25名もの若き学生らの犠牲者を出した犀川スキーバ…

黒姫山の大ダルミ湿原(長野県戸隠高原)

「おおだるみ」といえば「バリバリ伝説」世代にはローリングのメッカとして名を馳せた大垂水(おおたるみとうげ / 東京都)、また最近ではクルマで行ける日本最高標高2,360mの道路であり、ヒルクライム聖地の峠である大弛峠(おおだるみとうげ / 山梨県)が…

古池(長野県長野)

東山魁夷の名画「沼」をインスパイア 飯縄山西麓の戸隠高原の北はずれの森の中にあり、古池という名前ではあるが人工池である。もとは標高は1217mの湿地帯だったというが、中部電力の水力発電用貯水池として堰堤と導水路が築かれて今の姿になった。 そんなわ…

鏡池(長野県戸隠)

あまりの天然浴感に、手前の人工物がアート作品にさえ見えてしまいそうだが、これは取水設備。そう、ちゃんとお仕事を持った池なのである。 戸隠奥社と並ぶ奥座敷感の池。 戸隠山の中腹、森閑とした戸隠神社の奥社と並ぶ立地にある鏡池は、容姿端麗な戸隠の…

尾崎砂防ダム(長野県長野)

【おざきさぼうだむ / 尾崎ダム】 尾崎ダムといえば福岡県にあるダム湖(尾崎貯水池)がハイダムスペックを満たし「ダム便覧」にも掲載されているが、ここ長野の「尾崎ダム」も堤高16mの立派なハイダムながらダム関係のサイトでの情報は見あたらない。 それ…

芝池(長野県長野)

堰体側および左岸側を二車線の農道が通っておりアクセスはしやすいし、堰体下には舗装された駐車スペースもある。 左岸側の道路沿いに見上げるほどの古い石碑。「逸心霊神」と大書きの刻印。 鯉の魚影があったが釣り禁止。このあたりの溜め池は釣り禁止が多…