水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,000湖

滋賀県

井筒池(滋賀県長浜)

まだ調査途上。下書き段階ですが小谷城の城池マップ 地形がすごすぎる人気の山城 魅力的な山城である。鋭い尾根に曲輪が何段にも連なっている。麓には資料館、ガイド館の二ヶ所に駐車場があり、徒歩であればいずれからも山城攻略ができる。 案内板によれば、…

びわ湖大橋米プラザ(滋賀県大津)

琵琶湖名物の鮒鮨と地酒。銘柄は琵琶湖に浮かぶ島の名を冠している。周囲長が240kmにおよぶ日本一の天然湖沼である琵琶湖は、ただ巨大なだけでなく「内湖」と呼ばれる衛星湖沼やロストレイクの数も相当数にのぼり、拠点ごとに分割して攻略しないことには全貌…

夕照の庭池(滋賀県大津)

県営都市公園のびわこ文化公園は琵琶湖畔の大津市街地から一段、高台に上がったような立地。溜め池も多いエリアだが、この公園内の夕照の庭とビオトープに二つの池がある。 夕照の庭の池は流れ込みに人工渓流をもつ庭園池。 石垣風の垂直に近い護岸をもち、…

長濱八幡宮 放生池(滋賀県長浜)

日本唯一? 池の中を練り歩く奉納芸能。 豊臣秀吉にゆかりのある長浜八幡宮の境内中央に設けられた寺社池。岩と石を多用した庭園風の凝った作庭が施されており、石橋が渡された島には六角堂が立つ。 周囲長は100mに満たず、水深はせいぜい膝から腰ぐらい。し…

八坂神社の弁天池(滋賀県長浜)

長濱八幡宮の池で毎年、盆に行われる蛇の舞。蛇の獅子舞が池の中を練り歩くという、日本唯一の雨乞い神事とされるが、現在のように華々しいイベントになる前に、地域でもあまり知られずひっそり行われていた池があると耳にして、その所在を探ってみずにはい…

永源寺湖(滋賀県東近江)

【えいげんじこ。永源寺ダム】 この型式のダムとしては堤高4位の永源寺ダムが愛知川を堰いてできた農業用貯水池で、ダム湖百選にも認定。名称はダムの下流側にある臨済宗永源寺派の本山である永源寺にちなむ。 堰体は重力コンクリートとロックフィルのコン…

宮溜(滋賀県東近江)

宮溜は「滋賀のため池50選」にも選ばれている。五輪塔を毅然と立つ中の島が特徴的。岩崎山の岩峰を背景にカッコいい池だった。 じつはもうひとつの名がある。宮溜調整池。調整池といっても農業用。国営事業として遊歩道などの親水設備とともに整備された。 …

道の駅 奥永源寺渓流の里(滋賀県東近江)

永源寺湖のインレットから愛知川を上流に2.5kmほど行ったところにある道の駅だが、もともと校舎だった建物だけに中に入ると昭和の人間には懐かしい。ニゴロブナ(あの鮒鮨の原料になるフナ)など琵琶湖に棲む淡水魚などを展示したミニ水族館もよかった。 イ…

大日池(滋賀県甲賀)

養魚池として水利組合が管理する溜め池とのことで、釣りを含む一切の漁獲を禁止するとの看板。 二車線道路沿いにあってアクセスはしやすくフェンスなどの柵もない。 へこんで、出っ張ってと二ヶ所で屈曲する堰体は、もう一回曲がっていたら「W」の形になる。…

鏡新池(滋賀県竜王)

鏡山を背負った鏡新池の景観は竜王八景のひとつ、というが、どれが鏡山なのか今ひとつ分からない。条件がよくなかったのか、竜王八景を感じさせる景観は得られなかった。ただ、池自体は文句なしにまったりといい感じ。 水中から顔を出す底樋門。金属製のよう…

西川池(滋賀県竜王)

その形状やたたずまいから調節池かと思ったが、どうも溜め池のようである。こんな形なのは水不足で田をつぶして池にした過去があるとも考えられる。 田んぼ数枚分ぐらいの皿池ならめずらしくはないが、これだけまとめて大スケールで池に変えたとしたら、さぞ…

今津総合運動公園の調整池(滋賀県高島)

調整池だというのに、見えているのは釣り桟橋 「釣り池」の愛称をもつレアな調整池。 公園案内板に「調整池」と明示されているように、公園造成時に造られた。愛称は「もろこ釣り池」。 池岸は公園側がグランドゴルフ場になっており、芝生がなだらかに池にす…

新名丸池(未確定)(滋賀県甲賀)

工業団地の一角に、スポーツ施設と残置森林、三つの池で構成された公園。案内板には二つの「調整池」が記載されている。 ところがこの池に立てられた釣り禁止看板には「新名丸池水利組合」という署名が。 水利組合は複数の池を管理するケースも多いので、新…

ひのきが丘公園の調整池(仮称)(滋賀県甲賀)

工業団地の一角にあるスポーツ公園。案内板には二つの池が記載されている。名はいずれも「調整池」とだけ。 掘り込み型の調整池にも見えるが、造成前の山林を残した「残置森林」側に自然生態園と名付けられた池があり、この池と通水しているようだ。 公園に…

お虎ヶ池(滋賀県米原)

鈴鹿山脈北部のハイライト山池 鈴鹿山脈の北の盟主、霊仙山(1,094m)の七合目から八合目に広がるカルストの山肩に佇む山池。天然のドリーネ池と考えれている。 鈴鹿山脈の山池のハイライトといえる風格。池を前に立つ木地むきだしの鳥居がかえって神々しい…

醒井養鱒場の池(滋賀県米原)

さめがいようそんじょう。 明治時代創業の老舗の養殖池 鈴鹿山脈の北の盟主、霊仙山(1,094m)の榑ヶ畑登山口に向かう途中にある歴史ある養鱒場。創業はなんと明治時代。醒井は名水の里でもある。 入場するだけでも有料だったので今回は入口から見える池を撮…

奥山ダム(滋賀県高島)

おくやまだむ。 自衛隊の射撃演習場敷地内に位置するせいか、ほとんど情報のないアースダム。 あるいは立ち入りの許可はおりないものか、徒歩でなら行けないものかと、可能性を糧にダート1kmほどの狭いアプローチ路に入っていく。進んで行くと、ダムまであと…

甘香池(滋賀県守山)

あまがいけ。あまがいけプラザ。名だけが池の存在を今に伝える守山駅前通り、守山小学校前の交差点。 1300年ほど前の持統天皇の時代に、この地に霊泉が湧き、池となる。ほどなく寺が建てられ、病を癒やすとの噂を聞きつけて多くの人がやって来たと日本書紀に…

甲良町保健福祉センターの池(滋賀県甲良)

2019年初冬の鈴鹿山脈、御池岳の山池攻略のあとに汗を流しそうと立ち寄ったら、建物に寄り添うように小さな池が設けられていて、鯉が元気に鼻を突き出してきた。 池の規模に対してちょっと大きすぎるぐらいの石碑とも石柱ともつかぬオブジェが水面に足を浸し…

元池(滋賀県東近江)

御池岳の山頂テーブル台地のドリーネ池群のひとつ。 ところどころに石灰岩の露頭が墓標のように白く光る草原には、30ものドリーネ由来の池があるという。 元池はそれらのエントリー池といえよう。鈴北岳と御池岳山頂を結ぶ道の間に池への分岐があり、元池を…

御池岳の山池(真の池)(滋賀県東近江)

製作途中ですが、現地調査を含めて完成まですごく時間がかかりそうなので。鈴鹿山脈の山池 ver2.0 / 2019.12 それは山上の空母。テーブルランドの空中庭園に点綴する、魅惑の山池群 池が名に冠せられた山は、池好きにとってみれば特別のものがある。隕石クレ…

堅田内湖(滋賀県栗東)

琵琶湖岸を衛星のように取り巻いて点在する池がある。それらは「内湖(ないこ)」と総称されている。定義がある。ざっくり言えば、琵琶湖の湖岸近くが砂州などの天然作用で本湖と切り離されつつも、河川からの流入水によって本湖と開水路で繋がっている池、…

上鈎池(滋賀県栗東)

かみまがりいけ。浮き島のようなものも見える上鈎池 市街地の中にあって野鳥の楽園の様相の池。 堤の斜面に「足利義尚 鈎(まがり)の陣所跡」という室町時代の史跡がある。当時は沼沢地だったというので、池は近世になってからの築造であろう。 栗東の歴史…

田代が池(滋賀県湖南)

構造としては農業用ため池だが、池の下には住宅と工業団地が広がる最初に言っておくと、ここで紹介する池が田代ヶ池(田代が池)なのか、ちょっと分からない。 この池は工業団地を見おろす十二坊山の山腹、住宅地や学校に囲まれた立地にあり、池から300mほど…

玄宮園の池(滋賀県彦根)

大名屋敷の庭園池に、なぜ水田が? 玄宮園(げんきゅうえん)は彦根城内にある大名屋敷の庭園で、池が中心構成要素となっている。建物の方は楽々園と呼ばれる。両方合わせて「玄宮楽々園」という登録名で国の名勝にも指定。 築造は大河ドラマでも有名になっ…

彦根城の堀(滋賀県彦根)

紅葉の季節にはライトアップも楽しい 彦根の城池で異次元ドライブ。 大河ドラマにもなった井伊家の居城である彦根城はちょっと変わっている。というのも堀に囲まれた城内を生活道が通っており、堀を越え、城壁を抜け、迷路のような壁内をクルマで走れば、ち…

長池(滋賀県竜王)

ダイハツ滋賀工場正門前の交差点なのに、いきなりキャスティングポイント。空を覆う高圧線がすごい湖周長1.5kmクラスの溜め池なので、竜王の野池群でも存在感を放っている。これだけの池だがダイハツの滋賀工場正門前という立地のために、これまで二度横を通…

深田池(滋賀県竜王)

ふかだいけ。 竜王八景のひとつとして観光案内板に掲載されている池。親水護岸になっており、釣り人にとってもおかっぱりしやすく、プランクトン豊富そうな水の色で、魚の気配も濃い。「この池はとても深いので水遊びは注意してください」という、なんとも親…

多賀土田池( 滋賀県多賀)

道路のはす向かいには、かなり大きな工場がある。池の流れ込み側に大工場があれば、あぶくを浮かべた淀んだ水が思い浮かべるのは昭和の話。 「ハイテクと自然との調和をめざすモデル工場」を標榜するいかにもISO14001な感じの洗練された工場だけあって、池の…

目川池( 滋賀県栗東)

めがわいけ。 金勝川がこの池を迂回するかのように直角に折れ曲がっている。少し変わった立地である。 遠目に見ると農地の中の盛り土にしか見えないが、堤に立ってみると掘り込まれて広々した、なかなか立派な池だった。 西にある灰塚池と距離は近いのに、川…