水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,500湖

北陸

いもり堀(石川県金沢)

有名な兼六園と隣あうかたちで金沢城趾が金沢城公園として整備・開放されている。 洗練された文化都市の薫りが、いもり堀を包む。これほど整然と手入れの行き届いたお堀と石垣のコラボはなかなかお目にかかれない。江戸時代には「いもり堀」の名が文献に出て…

大手堀(石川県金沢)

有名な兼六園と隣あうかたちで金沢城趾が金沢城公園として整備・開放されている。 城趾の外堀としてオフィス街と接するかっこうになっている大手堀は、石垣の積み方も野趣があり、いもり堀の瀟洒な洗練とはガラリと異なるたたずまいを見せる。 堀の水面に覆…

津幡池(石川県津幡)

つばたいけ。 犬の置物を町のあちこちで見ることができるという津幡町は、不動ヶ池をはじめとしてお不動様の信仰が厚い地域。 町の名前が冠せられている津幡池にも、犬の姿となって池の決壊リスクを教えてくれた不動明王の昭和伝説が残っている。 石川県民の…

奇岩遊仙郷の蓮池(石川県小松)

奇岩との取り合わせの見事さでは、日本屈指の池 岩屋の疑似「胎内くぐり」で、まっさらな自分に生まれ変わる。 奈良時代、霊峰白山で悟りを開いたお坊さんが、この地に岩窟を見いだし観音さまを据えた。 これが開基となり岩屋寺として時代とともに信仰を集め…

不動ヶ池(石川県津幡)

ふどうがいけ。らせん階段を下った底に不動ヶ池があった埴生大池の水源近くにある不動寺と古戦場の倶利伽羅峠。 火牛の計で有名な古戦場で、そこかしこに歴史ゆかりの案内板や寺社がたたずむ。 不動ヶ池は不動寺の敷地内、現在は駐車場の隣だが高低差があり…

埴生大池(富山県小矢部)

【はにゅうおおいけ。埴生大堤、埴生の大池、おまん池】 龍の避難所だった霊池は、小豆娘の人柱伝説も。 現地の記念碑によれば、この池の歴史として8世紀にはすでに聖なる霊池として、通りがかる人の信仰を集めていたというから、じつに古い池である。もと…

濁り池(富山県小矢部)

埴生大池の堰体右岸側から250m南東の谷部にあったと思われる古い池であるが、現在は消失しロストレイクとなっている。 龍伝説が言い伝えられており、この池の水が少なくなると池に棲む龍が埴生大池の方に一時避難したため、池の水が大きく濁ったことが名の由…

石畑池(富山県射水)

いしばたけいけ。富山の野池では標準装備の「ひし形」看板富山市射水市の市境近辺に丘陵が広がるこのエリアは、富山でも屈指の野池ホットゾーン。 まわりの溜め池たちは幾本も伸びる支川を堰いた谷池タイプが多いが、この石畑池は下条川の本川を水門で堰き止…

笹尾池(富山県射水)

富山市射水市の市境近辺に丘陵が広がるこのエリアは、富山でも屈指の野池ホットゾーン。 すべての池を採り上げるわけにはいかないので、いくつかの池に代表してもらおう。 笹尾池は江戸時代末期の築造。1.5車線路であるがアクセス性は悪くない。堤構造が明瞭…

田尻池(富山県富山)

一見、何の変哲もない野池であるが近くの小学校も郵便局も名前は「池多」! 名のとおり「池密」なエリアである。残念ながら高速インター名は富山西、パーキングエリアは呉羽で、池多の名は採用されなかったが、ここで紹介する田尻池とパーキングは200mしか離…

縄ヶ池(富山県南砺)

なわがいけ。 全国各地に池伝説を残した平安時代のヒーロー藤原秀郷(俵藤太)が登場する龍神伝説をもつ池だけに、何としても会ってみたい池だった。地元では小学生でも知っている縄ヶ池の存在を知ったのは、つい最近のこと。お恥ずかしい限り。 竜神伝説と…

天池の瓢箪池(富山県南砺)

「天池大分岐」という名の農業用水の要衝天池の瓢箪池という字面を見て違和感をもった人もいるかもしれないが、誤字ではない。 話は平安時代にさかのぼる。 教科書的にいえば平将門の乱を平定した歴史人物、となる藤原秀郷(俵藤太秀郷)は、伝説民話の世界…

天池茶屋街道入口の池(仮称)(富山県小矢部)

小矢部の野池群のひとつ。 池の堰体直下にトイレ付きの駐車場があるが、これは倶利伽羅峠の古戦場をめぐる「歴史国道」の入口になっているため。 茶屋跡がある天池(尼池)はここから入る。 駐車場前の案内板には峠の茶屋跡がある「天池(尼池)」、古戦場絵…

大谷ダム(富山県黒部)

近くには10前後の溜め池が同じ方向に頭を向け、まるで大谷ダムを護衛する艦隊の様相。 艦隊といっても、とても小さな艦隊だ。護衛艦は湖周200〜400m級で、大谷ダム自体も重巡洋艦ではない。なんとこのダムは「小規模生活ダム(生活貯水池)」というカテゴリ…

神通川第二ダム(富山県富山)

産業遺産ファンにはたまらない神通川の発電用ダムシリーズの第二弾。神通川第二ダム。 堰体の天端を歩けるところもうれしい。 堰体横に駐車場、トイレ、案内板あり。ダム湖やダム下流の神通川は景観がよい 堰体天端は歩けるようになっている 駐車場、トイレ…

神通川第三ダム(富山県富山)

神通川第一、第二、第三ダムの三つで構造物のエイジング感でいちばんのお気に入りが、この第三ダム。ゲートの重厚感。エメラルドグリーンの水。 堰体横には広大な温泉・宿泊・食事の総合ヒーリング施設「ゆーとりあ越中」がある。 2015年は右岸側から神三ダ…

利賀川ダム(富山県南砺)

【とががわだむ。水無ダム】カーナビで見る限りは県道が通じた何でもないダムに見えるが洪水調節と発電を目的とした県営ダム。本気の秘境急流に築かれた重力式コンクリートダム。 冬期は完全に雪に閉ざされ、シーズン中も長期にわたる災害通行止めで、これま…

赤祖父湖(富山県南砺)

【あかそぶこ。赤祖父ため池】 全国の池をめぐっていると、心のふるさとのような池が各地にできてきた。 そんな池は何度でも訪れたくなる。近くを通りかかると、つい寄ってしまう。富山県において赤祖部湖はそんな池のひとつである。 やはり名前がいい。他の…

打尾谷ため池(富山県南砺)

池の流れ込み側には滝のような堰が何段も見える。案内板には「夫婦滝」の名も「大鋸屋林道溜池(おおがやりんどうためいけ)」の名で「ダム便覧」をはじめダムマニアたちの言及も多いダムスペックの農業用溜め池。堤高19m。 林道名が付せられたダムというの…

大溜池(富山県小矢部)

小矢部の野池群のひとつ。新池と二段の溜め池を構成し、湖周長1kmクラスとかなり立派。取水設備も屋根付きの操作室をもつ。 立入禁止・釣り禁止措置が厳しいのも小矢部野池群の特徴。 アプローチ路は狭い舗装路。 道路沿いに駐車スペースあり。堰体 アプロー…

鷲ダム(福井県大野)

【わしだむ。鷲調整池】 水力発電用のアーチダムであるが、北陸を代表する大型ダムである九頭竜ダムの直下に位置する。 その立地関係からも想像できるように、発電で流下させた水を受け止めて、夜間に上のダムに水を戻す揚水式発電の下池のような役割を担っ…

笹生川ダム(福井県大野)

【さそうがわだむ。笹生川貯水】 真名川ダムの上流側にある国交省直轄の多目的ダム。 北陸沖を台風が過ぎ去って間もないタイミングでの訪問だったが、水位は低く保たれていた。国道の冬期閉鎖で冬のあいだ豪雪に閉ざされるダム湖なので、秘境ダムといってい…

カマンニャチ池(石川県津幡)

河北潟を衛星のように取り巻く河北野池群の中でも、石川県森林公園に取り込まれた池のひとつ。 それにしても、一見アイヌ風の魅力的な名である。 つい池の名を吟じてみたくなる。少し早口にすると「コマネチ行け!」に聞こえ、そんなところもどこか昭和ノス…

長池(石川県津幡)

三国山キャンプ場の入口横にありアクセスはたやすい。 キャンプ場の構成要素として取り込まれていてもよさそうな立地だが、フェンスで囲まれ立ち入ることはできない。また、釣り禁止看板もあった。 訪れた際はかなりの減水状態だったが、わずかに残った水た…

雲川ダム(福井県大野)

くもかわだむ。 雲川ダムは福井県大野と岐阜県を結ぶ国道157号(2019年現在、県境の峠の岐阜県側は通行止め)沿いにあり、国道からも堰体を見やることができる。 北陸電力が管理するアーチダム。大野からダムまではほぼ二車線路でアクセスに問題はないが冬期…

砺波チューリップ公園ひょうたん池(富山県砺波)

富山といえばチューリップ、その名もチューリップ公園。 園内の池は、ひょうたん池。チューリップではなく、ひょうたんでいいのかな。ひょうたんの形、というよりは、オタマジャクシ? どっちかというと、ヒョウタンよりチューリップ。チューリップ池でもよ…

貝田新円筒分水槽(富山県魚津)

日本三名山の立山の裾野に点在する美しい円筒分水池のひとつ。 「日本一美しい円筒分水池」とSNSで話題になった東山円筒分水槽とは片貝川をはさんで対岸側にあり、川を横断するかっこうで導水管で結ばれている。 訪れた際は、池でいうところの水抜き状態? …

上市川沿岸土地改良区円筒分水場(富山県上市)

日本三名山の立山の裾野に点在する美しい円筒分水池のひとつ。 上市川の左岸側にあるが、アプローチ路は右岸側にある。看板の指示に従って、ぐるっとまわってアクセスする。 円筒分水池の横に駐車スペースと案内板がある。アプローチ路と駐車スペース アプロ…

若土ダム(富山県富山)

わかつちだむ。 かわいらしく、どこかマニアックな感じのする県営アーチダム。 砂防を目的としつつ農業用水も供給し、発電もしていたアーチダムというのは初めて見るかもしれない。 のちに発電機能も加えられたというが、堆砂が進み現在は貯水能力は老化、ク…

丸山総合公園のスイレン池(富山県上市)

公園敷地内に取り込まれた二段の池。もとは溜め池だろう。スイレンの池という名とはちょっとイメージが違って、とってもワイルド。人があまり来ない公園の隅だけに手入れが行き届かないのか、どちらかというと放棄された溜め池みたいな感じ。水面があまり見…