水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

紫式部公園の泉池(福井県越前)

古代日本の最高峰文学「源氏物語」を著した紫式部が一年ほどを過ごした福井県越前。それを記念し式部の名を冠した公園が市内にある。
公園の中心に据えられているのは、平安時代の寝殿造をモチーフにした釣殿(つりどの)などが設けられた公園池。作庭は平安朝の寝殿造をはじめ日本庭園研究の第一人者・森蘊(もりおさむ)氏。園内の案内板に池の名前はなかったが、「泉池」と記されていた。



マークした場所は駐車場。