水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,000湖

千葉県

鎌形養魚場の釣り堀(千葉県千葉)

地図妄想を誘う池 まず地図を見て、うわぁ〜となった。 成田線の水郷駅。駅名からして池や水路の王道楽土を想起せずにはいられないところにきて、駅前に何ともいえぬ池群団。 精度が上がった今のGoogle マップでこそ、北側に鎌形養魚場という文字が入ってい…

六方調整池(千葉県千葉)

調整池の底部にビオトープのような開放水域と緑地帯を設け、「六方調整池多目的施設」という親水公園として開放されているケース。 圧迫感が出やすいすり鉢状のコンクリート壁に囲まれた形状を逆手にとって、秘密基地的なオアシス感がうまく演出されている。…

曙へらぶなセンター(千葉県千葉)

どこが池だった場所なのか分からなかったが、後ろの建物が一致したので、この空き地だろう。左が2020年、右は2014年。町中のへらぶな管理釣り場で、プロアングラー・ダイワのフィールドテスターとして釣り番組に出演している生井澤聡さんをはじめ、千葉のへ…

あじさい公園の池(千葉県多古)

あじさい公園は栗山川の堤防外にある小公園だが、ちょっと変わっている。 親水機能を目的とした設計のように見えて、フェンスでぐるりと囲まれている。 水上デッキは入ることができる。一方、橋付きの島の方は入れない。 トイレあり。栗山川は釣りもしやすそ…

杏ヶ池(千葉県東金)

海老ヶ谷緑地の中にある洪水調節地で、近くに楓ヶ池、桜ヶ池という兄弟池がある。円筒形のオリフィス塔の形状に特徴があるが、これは3池とも共通デザインだった。 池の水ぎわに降りることはできないが、池の周囲に遊歩道がある。「つりは絶対禁止します」と…

楓ヶ池(千葉県東金)

住宅地の中にある調整池三兄弟の名は、桜ヶ池、楓ヶ池、杏ヶ池。 細く突き出た円筒形のオリフィス塔は三池共通。 楓ヶ池は遊歩道が取り囲み、池畔に小公園あるが、池はフェンスで取り囲まれている。 「あぶない」の看板設置者は、東金市役所土木課。市管理の…

桜ヶ池(千葉県東金)

東金ダム周辺は溜め池あり調整池ありで、いろいろなタイプの池に接することができる。 住宅地の中にある三つの調整池の名は、桜ヶ池、楓ヶ池、杏ヶ池とかわいらしい。ちょっと独特の細い円筒形のオリフィス塔は三つの池共通。 桜ヶ池は溜め池のような堰体構…

みどりが丘の調整池(仮称)(千葉県大網白里)

みどりが丘ニュータウンの北端にある調整池。 オリフィス升は突き出しタイプとでもいう?

高田排水路本線調整池(千葉県千葉)

親水機能と生物環境保全機能を意識して設計された洪水調節池で案内板もあるが、なぜか400m西に高田排水路西部支線調整池の案内板に比べて内容が薄い。 アクセス路は離合困難な生活道。

高田排水路西部支線調整池(千葉県千葉)

十年に一度の大雨に対応できるよう計画された洪水調節池であるが、親水機能と生物環境保全機能を意識した工夫がなされている。 案内板には以下がポイントとして記されている。 自然に優しい緑化によるのり面→植生マット 周辺の景観と調和した二段底面 地形を…

国分川調節池・中池(千葉県市川)

国分川調節池緑地。 東京ドーム5個分の広さをもつ国分川調節池。国分川と春木川にはさまれた洪水対策施設だが、この敷地を区切るように2本の市道が事実上の堤となり、上池、中池、下池の3池で構成される。 上池と中池は洪水吐が堤に設けられ、連携して国…

国分川調節池・下池(千葉県市川)

国分川調節池緑地。 東京ドーム5個分の広さをもつ国分川調節池。 国分川と春木川にはさまれ、上池、中池、下池の3池で構成される洪水対策施設だが、上池と中池が国分川の洪水を受け止める一方、下池は春木川担当。 親水エリアとして平時は一般開放されてお…

国分川調節池・上池(千葉県市川)

国分川調節池緑地。 二つの川の中洲に造られた三連の調節池 東京ドーム5個分の広さをもつ国分川調節池。国分川と春木川にはさまれた洪水対策施設だが、この敷地を区切るように2本の市道が事実上の堤となり、上池、中池、下池の3池で構成される。 上池の右…

弁天池(千葉県市川)

住宅地から坂を下って行くと、小さなくぼ地に取り残されたように周囲200mほどの弁天池があった。池の周囲は弁天池公園として遊具などもある。 水源は池の底からの湧水とのことである。高台の住宅とのあいだには城壁のような垂直のコンクリート壁。 ブランコ…

道野辺第一雨水貯留池(千葉県鎌ケ谷)

鎌ヶ谷では調節池のことを「(雨水)貯留地」と呼んでいる。 ここ道野辺第一雨水貯留池は、囃子水公園(はやしみずこうえん)として調整池の中に立ち入ることができるようになっているレアケース。 オープン式掘り込み型の調整池としては水路を内包するタイ…

北方遊水池の棚池(千葉県市川)

【ぼっけゆうすいち。大柏川第一調節池緑地】 15もの大小の「棚池」が調節池を取り囲む 都市を洪水から守るこの広大な施設には、北方遊水池と大柏川第一調節池という二つの名がある。河川敷などに増水した河川の水を広く「面」で受け止めるのが遊水池(地)…

大柏川第一調節池(千葉県市川)

【大柏川第一調節池緑地】 これまでたくさんの調整池を見てきたが、ここ千葉県市川に来て「調節池」と「遊水池」の二つの名をもつ池が出てきた。 北方遊水池と大柏川第一調節池という二つの名。「調整池」「調節池」「遊水池」はどう違うのだろう。読みは同…

堀之内調整池(千葉県市川)

高台にある掘り込み型の調整池。 まるでグラウンドのように手入れが行き届いている感じだが、スロープ途中に置かれたベンチを見ると、地元ボランティアに立ち入りを認めた上で草刈りなどの管理を任せているのだろうか。訪れた際にはゲートは閉ざされ立ち入り…

横下貯留池(千葉県鎌ヶ谷)

みごとなまでにクールな全方位コンクリート張りの調整池。一般的にこういった調整池は土地開発に伴う洪水対策として1haを越える宅地や施設を造成する場合に、規模に応じた設置が条例などで指示されている。 この池は調整池の中でもプール型と呼ばれるタイプ…

道野辺釣り堀センター(千葉県鎌ヶ谷)

住宅地の中のくぼ地に造成された釣り堀。敷地も護岸もすべてコンクリート仕立てで、まるで調整池のよう。 トタン小屋の昭和レトロな管理棟。ガラスの引き戸もいい味。 対象魚は鯉とヘラブナ。ペットの入場はご遠慮くださいとのこと。

関さんの森 湧水池(千葉県松戸)

個人が所有する市街地内の山林が相続の際に市に寄付され、所有者の名を付したという、ちょっと変わったケース。相続放棄などで今後はこういった池も増加していくかもしれない。 ここは1980年代から高校や学生時代も含め20年ほど住んだ地元だったが、山林の中…

KAYAK55の池(仮称)(千葉県市川)

2019年12月31日に撮影。水を満々とたたえている。フェンスで囲まれた立入禁止の調整池。水は満々としている。 松戸と船橋を結ぶ主要道である県道180号(元は市川松戸有料道路)が南北にのびる。道をはさんで池の反対側には、日本で初めてカヤックフィッシン…

中沢向原貯留池(旧貝柄山貯留池)(千葉県鎌ヶ谷)

写真はインレット側から見た池のようす。 隣は向原公園。池の名は分からなかったが、鎌ヶ谷駅から500m、住宅地を守っている調整池である。また1.6km南で大柏川に注ぐ支川の水源にもなっている。この池より先の水源は暗渠や側溝。 上の写真の手前側のコンクリ…

東中沢ふれあい緑道の池(千葉県鎌ヶ谷)

現在は住宅地だが、もともとの谷戸地形を生かした貝柄山公園の池からの流出水路と思われる。 歩道わきに親水護岸の水路がつづき、途中一ヶ所と交差点にぶつかる末端との計二ヶ所に小さな池が設けられている。 水路と歩道とは柵もなく連続的で親しみやすい。…

貝柄山公園の池(千葉県鎌ヶ谷)

住宅地の中の公園で、周辺宅地と公園の境には3階建てほどの高さのコンクリート壁がめぐらされている。そんなわけで、洪水調節機能も担っているのかと思ったが、池尻側の排水孔はグレーチングを並べた簡素なものだったし、調整池にしては小さい。また池の南…

藤崎森林公園の下池(千葉県習志野)

水の流入口と流出口の余水吐が並んでいる。藤崎森林公園内には上池と下池がある。森林公園といっても、市街地内にあり住宅に取り囲まれた森の島といった様相である。 2017年12月に、市とテレビ番組が共同で40年来となる掻い掘り(水抜き)を実施。90名の地元…

藤崎森林公園の上池(千葉県習志野)

藤崎森林公園内にあり、下池の水源側にある小さな池が上池。 護岸は公園池でよく見られる木杭風の成形タイプ。池は浅く錦鯉が泳ぐ。釣り禁止。滝が設けられているが、水源だろうか。 下池の方へと流れていく水路 駐車場と園路 アートなオブジェ マークした場…

牛むぐり池(千葉県印西)

【図解】牛むぐり池絵図(水辺遍路2019) ライ病の皇女、池造りの天才プロデューサー、忠義の牛。 千葉ニュータウンの開発とセットで造成された北総鉄道と高速道路のような国道464号線。計画が頓挫したのだろうか。初めてここを訪れた2014年夏、国道は牛むぐ…

中島池(千葉県千葉)

【花島公園】 千葉市が管理する花島公園。ゆるやかに傾斜した園内を西から東へと下る水路が、名の付いた三つの池を直線上に結びながら貫流している。 いちばん下にあるのが中島池。ほかの二つは公園造成時に造られたものだと思うが、この中島池だけは少し趣…

谷津池(千葉県千葉)

【花島公園】インレット側から見た谷津池。ゴミの流入を防ぐネットが設置されている。千葉市が管理する花島公園。ゆるやかに傾斜した園内を西から東へと下る水路が、名の付いた三つの池を直線上に結びながら貫流している。 谷津池は三つの池のまん中。上流は…