水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

千葉県

白間津の堰(千葉県千倉)

南房のパラダイス感が漂う野釣り場 房総半島の南端近く、真っ青な海にせりだした常緑照葉樹林にラッピングされた丘陵に抱かれて、野趣あふれる三段の溜め池がある。古くから南房屈指の野釣り場として知られる「白間津の堰」だ。 房総半島では溜め池のことを…

儘第1溜池(千葉県千倉)

南房総でもっとも美しく野趣あふれる釣り場として人気の三段の池、通称「白間津の堰」の最下段の池。ため池データベースへの正式登録名は「儘第1溜池」。 堰体左岸側の洪水吐は滝のように掘り込んだ形態で岩盤を流下するようになっている。この流下孔の隣に…

山居堰・栂沢堰(千葉県鴨川)

【さんきょせき / 山谷堰(やまやつせき)】 山居堰は山に囲まれた房総マディーな水をたたえたハイダムスペックの農業用ため池。ため池データベースには山谷堰(やまやつせき)という別名も記載。管理が届かないらしく堰体も森に埋もれつつある。 類名の池と…

松部貯水池(千葉県勝浦)

左上部の海を背に、房総独特の照葉樹林に覆われた畝のような丘陵にはさまれた湖面。他県ではあまり見られない池地形だ 日本一「放置感」のある上水道水源池? ハイダムスペックなアースダムが堰く勝浦市の上水道貯水池。 アプローチ路の入口でゲート封鎖され…

東第二ダム(千葉県いすみ)

二つのハイダムスペックのアースダム堰体が頭を突き合わせるように仲良く並ぶちょっとめずらしい光景。第二ダムは左側の少しこじんまりした方。 bunbun.hatenablog.com wp.me

東ダム(千葉県いすみ)

二つのハイダムスペックのアースダム堰体が頭を突き合わせるように仲良く並ぶちょっとめずらしい光景が見られる。自治体管理の上水道水源池で堰体下には浄水場、左岸側の丘には立派な管理施設がある。 いわゆる「房総マディー」な水質。上水道水源池としてマ…

千葉市都市緑化植物園の池(千葉県千葉)

千葉市都市緑化植物園は、街路樹や庭木の見本市のような役割も持った公園。 マークした場所は駐車場。

都川水の里公園の調節地(仮称)(千葉県千葉)

都川の洪水調節池。都川の河道変更に伴なって親水機能と修景機能も加味した公園として「都川水の里公園」が整備された。ラジコン飛行場も隣接。 駐車場あり。 マークした場所は駐車場。

日本池(千葉県千葉)

「日本池」ここにあり! その名も、日本池。なんという潔さであろう。 この池を初めて訪れてから十余年、1万以上の全国の池をめぐってきたが、同じ名の池は見たことがない。 千葉市の中央区、しかも市街地のどまんなかにありながら、ヘラブナや鯉釣りができ…

坂月第1調整池(千葉県千葉)

防災調整池であるが、千城台野鳥観察園として環境保全機能も重視されており、ひしめく野鳥カメラマンの姿にその効果を実感できる。 釣り禁止。 岸にひしめく野鳥カメラマンみなが狙っていたのは、この子ではありません藤の花が池の水面に陰を落とす

太郎池(千葉県千葉)

大池とも。塔タイプのオリフィスを備える。もとは溜め池と思われる構造で、現在の御成街道が堰体天端になろうか。 周辺は宅地造成で開発されているが、池の周囲は深い緑が残されている。 太郎池という名の池はありそうで意外と希少で、訪れた池のなかでは青…

坂月第2調整池(千葉県千葉)

台地に刻まれた谷津田の地形が残る。宅地化のため調整池に改造されたものも少なくなさそうだ。 人の手で造られた池は管理しないと消失していくが、この池の近くにあった案内板には、スタジイなどの原生林を伐採し、里山に有用な照葉樹を植えて下草刈りなどの…

みつわ台給水塔(千葉県千葉)

千葉モノレールに乗っているときに車窓から見えた給水塔。正式名称は、千葉県水道局東寺山高架水槽。パステルなツートンが異様にさえ見えるシュールさが魅力。 モノレールからだと分からないが、違う角度から見るとツインタワーになっている。

JFE炉材 千葉事業所の配水池(仮称)(千葉県千葉)

千葉市蘇我スポーツ公園の駐車場から見えたJFE工場内にある高架配水池。二つの相似系の配水池があり目を引く構造物である。 JFEは鋼製配水池の築造を行うグループ会社も持っている。 www.pref.chiba.lg.jp

坂月高架水槽(千葉県千葉)

千葉県企業局水道部が管理する川崎製鉄社製の高架配水池。 オートバイの世界では往年、カワサキの角張った車体とライムグリーン一色に「男カワサキ」を感じたものだが・・この高架配水池は丸みを帯びたフォルムにまったりとライムというかシトラスグリーンを…

綿打池(千葉県千葉)

【わたうちいけ / 千葉公園の池、弁天池】 リーズナブルにボート遊びできる鉄道映えの公園池 千葉市の中心近くに位置し、800平方メートルの中の島を持つ楕円形の公園池。池名にまつわる江戸時代の伝承も残る。低山も隣接し、千葉モノレールの千葉公園駅が隣…

生実池(千葉県千葉)

千葉市内の難読池 生実池と書いて「おゆみいけ」と読む。ヘラブナがいるとのことだったが、2011年の梅雨どきの探訪時には池の面を水草が覆っていて、釣り座をどこに構えてよいか分からず、再起を期した。 10年以上経過した2022年、やっと再訪がかなった。町…

都川防災調整池(千葉県千葉)

掘り込み型の防災調整池。護岸を下る階段がついているが、立入禁止掲示とロープ封鎖。生き物、植物の保全をしているとのこと。 池の周囲は遊歩道になっている。

習志野台第1調整池(千葉県船橋)

船橋アリーナが隣接した防災調整池。 半地下型で地下神殿ふうの柱が見える。調整池の上部スペースを公共施設、商用施設に転用できるメリットがある。 マークした場所は駐車場入口。

行田公園の池(千葉県船橋)

行田公園の西エリア、日本庭園内にある。 池の中に石が数多く配され、流れ込みは渓をかたどっており、公園池と庭園池の中間のような印象。 ふなばし百景。

船橋高架水槽(千葉県船橋)

都市を異化する。宇宙からの侵略者? 地図で見るとミステリーサークルさながらの円形道路が不思議な行田公園。その円弧の外側に、これまた不可思議な建造物が。 写真は武蔵野線の車窓から。あまりのシュールな光景に、思わず駅を引き返してしまった。 都市の…

やまいり堰(千葉県南房総)

安馬谷里山のトレイルコース上にある溜め池。 房総マディーな水の色を見ながら湖岸路を奥へと進むと、木くずを敷き詰めたチップロードへ。 休憩所、簡易トイレあり。 アクセス路は田んぼの中の農道。池管理者の邪魔になるので駐車スペースなし。 釣り禁止。…

竹袋調整池(千葉県印西)

たけふくろちょうせいいけ。 「ひょうたん島池」の愛称をもつ調整池。 印西市企画提案型協働事業が採用されており、NPO法人が維持管理に参画しており、芝桜などの植栽、ハスなどの手入れで協力している。 ひょうたん島という島でもあるのかと思ったが、ヨシ…

抱湖園(千葉県南房総)

花と鯨の里を見おろす元日桜の池 早咲き桜のローカル名所としてNHKニュースに出ていて、この池の存在を知った。構造や立地から房総半島に多い堰(谷池タイプの溜め池)のひとつではないかと思ったが、取水設備などは見あたらず、和田の名士・間宮七郎平が開…

黒滝(千葉県南房総)

ハイキングの楽しい水辺。 滝は小ぶりだが滝壺はちょっとした池になっている。もっと奥まで進めば、むかし隠し田を潤したという言い伝えの残る「じがいすい」なる水源があるというので行ってみたかったが、けっこう時間がかかりそうだったので今回はここまで…

結縁寺池(千葉県印西)

奈良時代の行基さん由来の結縁寺は、谷戸に造られた里山の情感豊かなお寺。 参道の入口のところに谷津田を潤す溜め池が。しかし溜め池といっても、橋の渡された中の島には祠が祀られているし、構成としては寺社池の様相。 かつてはハスで水面が覆われていた…

結縁寺の蓮池・すいれん池(花井戸)(千葉県印西)

結縁寺は谷戸に造られた里山の情感豊かなお寺。 参道をはさんで右に蓮池、左にすいれん池がある。(案内板に「水連池」と漢字があてられているが誤記であろうか) これらの池は池界のスーパースター行基さん(奈良時代の人)の伝説の残る「花井戸」を再現し…

鋸南丁場湖(仮称)(千葉県鋸南)

採石場やその跡地に雨水や地下水が溜まって生まれた池のことを当ブログでは「丁場湖」と名付け、ひとつの池ジャンルとして採集を続けている。 全国的に見て観光要素として丁場湖が脚光を浴びるようになったのは、岡山県笠岡や茨城県笠間が先駆的だが、まだ全…

山田堰(千葉県鋸南)

ため池のまわりを掘削しまくったらどうなるのか。その回答のような池だった。削りに削られた地形の中でもフラットな水面をなみなみと保っている池のけなげさ。 堤高は11.5m。ため池データベースへの登録名は山田溜池。管理者名が山田堰水利組合。 ため池の直…

和泉ヶ池(千葉県東金)

東金市の都市建設部都市整備課まちづくり推進係が2012年に掲げた「セントラルパーク」というポエムのような町づくりビジョンがある。 緑に包まれた両総台地が九十九里平野に落ち込む。 遠く太平洋を渡ってきた風が、はじめてぶつかる森。 この森に入り組んだ…