水辺遍路

実際に行った池やダム 9,650ヶ所を掲載

神奈川県

もみの木台貯水池(神奈川県横浜)

「もみの木台」は1973年に新設された池名ということ。 もともとの池名が碑銘に記されていたものの、碑に近づけずよく読めなかった。コメント欄に「読みたい」というリクエストをいただいたので、10月初日から関東を襲った台風の中、再訪問。 望遠レンズで石…

野庭第一雨水調整池(神奈川県横浜)

都市を洪水から守る縁の下の力持ちである防災調整池。横浜では調整池の上にフタをして生まれるスペースを貸し出すなどして有効利用する試みを進めている。この池では建物の下に地下神殿のように柱が林立している様子がよく分かる。 ここも事業者への貸し出し…

みどりの泉(神奈川県藤沢)

アスレチックコース、キャンプ場、水遊び広場などを備えた藤沢市民の森の敷地内にある二つの池のひとつ。 訪れたときはポンプを使った水抜きを行なっていて、亀がもがいていた。魚はすでに救出されたようだ。 駐車場あり。 じゃぶじゃぶ池 マークした場所は…

企業庁大和水源池(神奈川県大和)

泉の森の案内板(下写真)に記されていた「企業庁大和水源池」。 うーん、どこだろう。隣の水源地の森にある大池のことだろうか。bunbun.hatenablog.com

阿字ヶ池(神奈川県箱根)

ロストレイク跡にドイツ人の手で造られた変わり種の池 国道1号最高地点の直下にある芦の湯温泉。 昔、この高所の盆地には広大な「あしのうみ」があったが、江戸時代の干拓事業で水が抜かれ、現在のような平坦地となった。 となれば、このロストレイクこそ、…

吉池旅館の庭園池(神奈川県箱根)

吉池というホテル内の池だけど「吉池」ではない 箱根湯本のホテル「吉池」の庭園内にある池。ただ吉池はこの池名ではなく、創業家の出身地の新潟に由来。 池に会うためにはホテルフロントで庭園の入園料を払う。日帰り入浴と庭園散策のセット入場券も。売店…

千条の滝・小涌谷第一配水池(神奈川県箱根)

ちすじのたき。 箱根の有名な温泉リゾートである小涌谷の一角にある幅広の滝。 明治時代に温泉場として開発されるまでは、道なき秘滝であったという。 近くには箱根温泉街の上水道を担う水源や配水池があるのも注目ポイント。 千条の滝の滝壺池 池の吐き出し…

玉簾ノ滝(神奈川県箱根)

山荘へ 玉簾の瀧 流れ入り 客房の灯を もてあそぶかな 与謝野晶子 玉簾ノ滝と飛烟の瀧が並ぶ。高級旅館・天成園の敷地内にあるが、観覧だけでも自由に入れる。旅館側には池もあり、滝壺の池から人工水路で通水している。 二つの滝の間には石段で登る玉簾神社…

吾妻団地の配水池(神奈川県厚木)

クルマで通りがかり。信号待ちで窓の外を見て、あっ!! 昭和ノスタルジーな団地の給水塔。当ブログでは配水池という池ジャンルとして重視している。給水塔専門のマニアもいるだけあって、その造形はどこか懐かしく楽しく、そして地道に蒐集するしかない。偶…

藤沢メダカ池(神奈川県藤沢)

日本で一番、看板密な池? ミニチュアサイズですが・・2020年5月、藤沢市役所の分庁舎エントランスわきに市民の手で造られたビオトープ池。 藤沢メダカは一度は絶滅されたと信じられていたが、愛好家の庭池で人知れず系統が守られ、のちに繁殖させて藤沢市内…

池子の森の池(神奈川県逗子)

ここはアメリカ合衆国の「IKE」? 「池子の森」という名に惹かれた。都市化が進むが「Ikego」はアメリカ合衆国の基地が広がり、いってみれば日本にありながら日本国ではない。 しかしありがたいことにアメリカ軍基地に隣接する保全緑地が「池子の森自然公園…

菖蒲沢公園の調整池(仮称)(神奈川県藤沢)

フェンスと建物に囲まれ立入禁止看板あり。 看板設置者は、東急コミュニティー長後サービスセンター、とある。 木の生えた草地と連続的にアシ群落と湛水面があり、都市調整池然とはしておらず保全緑地のような顔付き。 近くで見た工事完成したての側溝の蓋と…

酒匂川水系のメダカ生息地(神奈川県小田原)

池の一部にはメダカのために水稲も植えられていた酒匂川水系では数少なくなった固有メダカ生息地を水路と池で保護している。水辺遍路ブログを読んだ方からコメント欄を通じてこの池の存在をおしえていただき、さっそく折りたたみ自転車で意気揚々と。 池は田…

秦野の池窪(神奈川県秦野)

みごとな池ができそうな地形だなと思って、その風景が印象に残っていた。いっしょに歩いていた妻は「池窪の大悲観音」という小さな社があったことを覚えていた。 「池窪」という名が気になって調べてみると、なんと大雨の後、四回ほど幻の池が出現したとの土…

震生湖(神奈川県秦野)

【しんせいこ】左が2021年改訂(ver1.1)。右は2017年の震生湖 関東大震災によって生まれた天然の堰き止め湖。 秦野の町を見下ろす高台の窪地に水をたたえた周囲1キロの天然のせき止め湖。 関東大震災による山崩れで生まれただけあって、地形の変化、湖相の…

若葉台遊水池(神奈川県横浜)

若葉台公園として緊急時は池に変身するグラウンドが開放。二段式でグラウンドの下部にフェンスに囲まれた常時湛水面を有するビオトープ型の調整池がある。 グラウンドの反対側にある洪水吐の流路は道路下をくぐり、もう一段下の調整池がある。総じて三段構え…

金井場配水池(仮)(神奈川県秦野)

配水池下のくぼ地に、かつて「池窪(池久保)」という幻の池が?! 秦野には巨大な天然の地下ダムが 秦野という町は山裾の盆地にありながら、じつに溜め池が少ない。 丹沢山地の水を集め市街を貫流する川も金目川と、支流の水無川という小河川がある程度。そ…

県営二宮中里団地 給水塔(神奈川県二宮)

小田原厚木道路の立体交差が近づいて来ると、UFOのような不思議なものが空に・・ 小田原厚木道路の珍名所? 高速道路・有料道路の珍名所。伊豆方面に向かう小田原厚木道路を走っていると左側に見える奇妙な円盤が気になった人は少なくないはず。 ただ、トン…

砂口配水池(神奈川県中井)

東名高速珍名所「バベルの塔」 高速道路を走っていると、ときどき奇妙なモノに目を奪われることがある。気になって調べてみると、同じように思っている人が少なからずいて、ちょっとした珍名所になっていたりする。そんな東名高速の珍名所のひとつ、バベルの…

三保配水池(神奈川県横浜)

三保市民の森の入口から見下ろすことができる上水道用の施設。 地下水槽なので見た目にはグラウンドが広がっているだけ。

栄地谷遊水池(神奈川県横須賀)

えいちやゆうすいち。 かつては「栄地谷の堰」という農業用ため池だったが、宅地化によって役割を終え、幸運にも防災調整池として「栄地谷」の名を残した。現地に立てられた横浜市下水道局の署名のある看板では「遊水池」ではなく「遊水地」の文字が使われて…

走水水源地煉瓦造貯水池(神奈川県横須賀)

明治時代に竣工したレンガ造りの天蓋付き貯水池で、かつては上水道を担った。海岸近くの立地で、ダム式ではなく湧水を引き込んだプール型。 国の登録有形文化財に指定されており、道路をはさんだ反対側に走水水源地管理センターがある。水源の開発に携わった…

緑が丘中央公園の池(神奈川県二宮)

宅地化が進む地域だが、かつては里山が広がっていた。打越川沿いの低地に位置し、周辺の造成地に比べて河床が低い。よって公園池からの流れ出しも階段状になっていて、ちょっとユニーク。 流れ出しの一部は、川に沿った人工せせらぎとなって遊歩道に付き従う…

峯山大池(神奈川県葉山)

空撮による峯山大池の地形的考察(2021年2月) レッドブルをたどって。三浦半島にも幻の池 新潟から始まり山梨、そして伊豆半島へと追いかけつづけてきた赤牛にまつわる池伝説。おかしな話、だんだん家の近場になってきて、ここ三浦半島にも池ヌシが赤牛とい…

舞岡町小川アメニティ休憩所の池(神奈川県横浜)

横浜市は池や水辺を生かした意欲的な都市計画の哲学が貫かれていて、町歩きをしていても思いもよらぬ発見があったりする。 谷戸の溜め池と田を再生させ里山景観を保全した舞岡公園もかなりの意欲作であるが、この公園から舞岡駅に至るまでの道のりにも、水辺…

さくらなみ池(神奈川県横浜)

【舞岡公園】 昔ながらの谷戸の里池を保全した体験型農村公園 空から見た池 池の構造 すべての池をまわっても1〜2時間 駐車場・案内版 舞岡公園内の他の池 Googleマップ 昔ながらの谷戸の里池を保全した体験型農村公園 横浜の都市住宅地に囲まれながら、昔…

神奈川県警察野庭分庁舎B雨水調整池(神奈川県横浜)

B調整池の仕様看板に「水深0.10m」と記されている。歩道に立っている人の場所にはA調整池の看板がある。 水深10センチの調整池? A調整池とB調整池の看板が20mぐらいしか離れていない。見た目はフェンスに囲まれたひとつの敷地。 Bが敷地の表層、Aは地下調節…

横浜市児童遊園地の池(神奈川県横浜)

権太坂の近くにある自然公園内の池。児童遊園地という名だが、園内を歩いているほとんどは高齢者という、なかなかシブいスポットである。 池は「池」としか記されていないが、なかなか味わいがある造形。錦鯉が泳ぎ、カワセミもやって来るらしい。 投げ釣り…

横浜市こども植物園の池(神奈川県横浜)

権太坂の近くにある自然公園内の池。 坂の上に駐車場があり、植物園に向けて下ったところに池がある。池の修繕工事のため試験給水中との掲示が出ていた。 植物園内の池ということで、めずらしい水生植物でもあるかなと、ちょっと期待したのだが。 マークした…

舞岡川遊水地(神奈川県横浜)

右側の公園下に深さ15mの地下調節池が 町ナカにも地下神殿。 従来のダムや堤防による治水だけでなく、ここ数年でにわかに注目されるようになった流域治水的な考え方も網羅した総合治水対策を横浜市は早くから進めてきた。 子どもたちが遊ぶグラウンド、その…