水辺遍路

実際に行った池やダム 9,650ヶ所を掲載

岐阜県

川浦ダム・川浦鞍部ダム(岐阜県関)

かおれだむ。 岐阜の最難関ダムは、天空の人造湖 大規模な揚水式発電の上池といえば、ありえないほど天空感満天の人造湖が山頂にくり広げられることがある。その多くはゲートで閉ざされ衆目の目にさらされることはない。 なるほどこの池も岐阜最難関のダムと…

大黒谷ダム(岐阜県荘川)

おおくろだにだむ。 これがダムマニア垂涎のアーチロックな秘境ダムの御姿ダムファンのあいだでは長らく「幻のダム」として、そのアーチな形状のレアなロックフィルダムとあいまって垂涎の的(?)となってきた発電用の秘境ダム。 しかし実際には管理道とな…

大観池(岐阜県海津)

だいかんいけ。 池名を冠した公園として駐車場が整備されているが、会員専用ヘラブナ釣り場として湖面の占有利用がなされている。 近くにはヘラブナが放流された低料金の釣り池や会員専用池が複数ある。 案内板によると、大観池もかつては揖斐川とも通水した…

立田輪中人造堰樋門(岐阜県弥富)

経産省認定・近代化産業遺産の堰。 利水と排水を担っていたが、隠居として保存公園の中で第二の人生を送っている。よって池はダミーの公園池。 石と煉瓦で造られた堤体と、スライドゲートタイプの樋門のベベルギヤに萌え萌え。「水郷地帯に住む私たちの祖先…

深谷ダム(岐阜県高山)

ふかやだむ。 堤高27mのロックフィルダムが堰く貯水池。 堰体天端をクルマで通行できる。堰体サイドに広めの駐車スペースあり。 池の堰体へのアプローチ路入口に、漁業権についての大きな看板があり、釣りをする場合は雑魚についても遊魚料を払う必要がある…

久々野ダム(岐阜県高山)

くぐのだむ。 中部電力の水力発電用ダム。 周辺が飛騨川水力発電ダム銀座だけに目立たない存在だが、ゲートマニアならちょっとうれしくなるポイントが。二門ある左右のラジアルゲートの微妙な違いに注目。

高根第二ダム(岐阜県高山)

秘境感のある飛騨川発電用ダム銀座のひとつ。 国道沿いにありアクセス性はよいが、堤体入口にフェンスゲートがあって、この位置からだと堰体はあまりよく見えない。 釣りはしないでとの看板あり。

村間ヶ池(岐阜県白鳥)

いかにも大蛇が棲んでいそうな雰囲気たっぷりの山上湖 山上にたたずむ水の出入りのない霊池 大日ヶ岳の南東にのびた稜線ライン上にある標高700mの山上湖。最大水深は20mと深く、その底には大蛇が棲むという伝説があり、昭和二十年代には名古屋から神託に導か…

四ツ目川遊砂工(岐阜県中津川)

松田ダムの隣の谷筋に造られた12基の床固め工を含む砂防ダム。1.5kmに渡って導流堤が設けられており、いわば砂の湖。 「四ツ目川遊砂工」を示す道標に従って進むと、トイレと資料展示あずまやがある駐車場に着く。 以下、中津川市のオフィシャルページより。…

松田ダム(岐阜県中津川)

松田溜池のほか、岐阜県によるオオクチバス調査資料で「松田大堤」という名も見られたが当池のことと思われる。 初訪時は情報もなく、周辺が住宅地なので、あまりウロウロするわけにもいかず困った。 とりあえず池の南東側からフェンスゲートの先を徒歩で進…

落合ダム(岐阜県中津川)

関西電力の水力発電用専用ダムだが、貯水池(といっても木曽川本流であるが)の中ほど左岸側には農業用の落合取水口があり、東濃用水となって多治見へと導水されている。 マークした場所は、東濃用水の落合取水口。

笠置ダム(岐阜県恵那)

かさぎだむ。 瑞浪と恵那の市境に位置し木曽川本流を堰く水力発電用のダム。関電ブラックのラジアルゲートが居並ぶ姿は豪快。 土木遺産。

日吉防災ダム(岐阜県瑞浪)

ひよしぼうさいだむ。 瑞浪・恵那エリアでよく見るタイプの防災ため池。堰体サイドに見られる大きな石がごろごろしているような池風景も、このエリアならでは。堰いているのは堤高21mのアースダム。 低めの水位運用がなされており、新しい流れである農業用た…

大洞池(未確定)(岐阜県瑞浪)

堤高10m以上ありそうな溜め池で、最近、改修工事が終わったばかりの様子。 魚影がけっこうあるなと思って水面をのぞきこむと、なんと、巨大なウシガエルのオタマジャクシたちばかり。当然ながら、捕食者たる外来魚なり在来ナマズなりは皆無だろう。 外来魚を…

赤池辨財天(岐阜県七宗)

赤池龍神赤池辨財天。 日本最大の甌穴池の可能性も? 「赤池」といえば富士五湖ならぬ「幻の富士六湖」ともいわれる山梨県の雨後出現池の赤池が有名だが、こちら岐阜・飛水峡の赤池は世にほとんど知られていない存在ながら、かなり個性的。 目を疑うような岩…

飛水峡の甌穴群(岐阜県七宗)

埼玉県にある長瀞岩畳四十八沼を思い出させる。川岸の岩棚に無数のポットホールや小さな池が穿たれている。 よく見るとポットホールの中には、ドリルストーンを抱えているものも。きれいな球のものも見える。 長瀞の四十八沼も近くには日本最大といわれる甌…

赤池大龍神やみあけの水(岐阜県七宗)

【赤池大龍神、赤池千手観音】 「赤池大龍神、赤池千手観音」の看板に誘われて階段を上ると、小さな山門が待っていた。 くぐると左手に洞窟、右手に小さな石固めの庭池。洞窟からは水が滴っており奥に祠が。空気が張っている。 池には亀の石が鎮座。よく見る…

源根溜池(岐阜県恵那)

げんねためいけ。 源根溜池は昭和13年築造。堤高12.6m。 寄せていただいた話では、恵那市に立地しながら所管は中津川市とのこと。 中津川公園裏からの舗装林道でアプローチできるが、たたみ込み折り込んだような屈曲した源根林道の途上にある。冬期閉鎖。恵…

洗井沢溜池(岐阜県中津川)

恵那山の西側の裾にあるハイダムスペックの農業用ため池。 アプローチ路は狭い舗装林道だが、池の数十メートル横に来ても池が見えずアプローチ方法が分かりにくいのは恵那山麓の溜め池に共通。なんでだろう。恵那山周辺の池(ver1.2)2019このすぐ先に池があ…

大窪池(岐阜県白川)

標高720mの豪雪地帯の山間に隠れるようにたたずむ神秘的な山池。 4月下旬から5月上旬にミズバショウが咲き、「大窪の水ばしょう群生」として白川村指定重要文化財に。ほかザゼンソウ、カタクリ。ギフチョウ生息地。 アプローチ路は1.5車線舗装林道。駐車スペ…

佐野ノ池(岐阜県岐阜)

岐阜市長揮毫の記念碑のある溜め池。 二車線の里山かおり街道沿いにありアクセス性もよく駐車スペースもあるが釣り禁止。 池岸の一角に鎮座する巨石が何者なのか気になる。 マークした場所に駐車スペース。

伊自良湖(岐阜県山県)

【いじらこ】 岐阜市街の北側の山に位置する人造湖。 湖周2km強で堰堤部以外はクルマでもまわれる。その他、車道とは別に遊歩道も整備。季節の散策を楽しめる。 へらぶな釣りは北側の階段やあずまや前の馬の背から竿を出せる。35cm以上が主体で、40オーバー…

八幡池(岐阜県関ヶ原)

池の中から顔を出す石積みと杭列が気になる存在「エコフィールド関ケ原」というネーミングで駐車場、遊歩道が整備されている。 三つ並びの溜め池のひとつだが、上池、中池、下池というふうに重連した「重ね池」タイプではなく、頭を寄せ合うように(池視点に…

小栗毛池(岐阜県関ヶ原)

「エコフィールド関ケ原」というネーミングで駐車場、遊歩道が整備された三つの溜め池のひとつ。 池畔に駐車場と観察デッキがあるが、訪れた際は水がない状態が長期化している様子だった。 流れ込み側には祠が祀られ、分水する水路が設けられていた。流れ込…

中田池(岐阜県関ヶ原)

小栗毛池、八幡池、中田池の三つの溜め池を中心に「エコフィールド関ケ原」というネーミングで駐車場、遊歩道を整備。名前と看板がちょっとオシャレだったので、有料施設か何かになっているのかと思ったら、池に遊歩道を付けただけのお手軽散策コースといっ…

大栗毛池(岐阜県関ヶ原)

アプローチ路と思われる林道がヤブ漕ぎ状態で進むことが困難だったため、できるだけ池に近づいて空撮。 木の高さから見てハイダムスペックを満たしていそうに思うが、アプローチ路が厳しい状態だけあって、堰体も草木が伸び放題で管理の手が遠のいていること…

藤古川ダム(岐阜県関ヶ原)

取水塔の上に釣り禁止看板。めずらしいレイアウトだ。関ヶ原町の上水道水源池。堤高16mの重力式コンクリートダムが堰くが、貯水池の方は全体的に底が見えるほど浅かった。 浄水場が隣接し、取水塔から高い位置のまま横流し。ふつう浄水場は堰体下に置かれる…

細尾谷ダム(岐阜県七宗)

ほそびだにダム。 鉄道とワビサビ堰体の絶景 数々のダムマニアを唸らせてきた遺跡のようなコンクリート堰体が魔力のごとき魅惑を放つ細尾谷ダムは、高さ22.4メートル、中部電力が所管する発電用ダムである。 まずもって立地が素晴らしすぎる。 目を疑うよう…

神徳防災ダム(岐阜県瑞浪)

じんとくぼうさいだむ。 なぜか2021年時点のGoogleマップでは「椋実防災ダム」と記載されているが、4km南東にある防災ダムが「椋実防災ダム」というのがダム界の定説。 確かにそちらは椋実という地名がある。 堤高24mというかなり立派なアースダムで、よく見…

蛇抜溜池(岐阜県瑞浪)

じゃぬけためいけ。 「蛇抜」(じゃぬけ)という名に度肝を抜かれた。 信州などで山津波、土石流を表す言葉である。蛇抜から人の暮らしを守るために砂防ダムを造るのであり、しかも砂防ではなく「ため池」ということなら、そんな名前を付けるだろうか。 その…