水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,500湖

九州

門野田貯水池(長崎県壱岐)

かのんだちょすいち。 メジロの里「壱岐やぶ椿の森」として地図に載っているものの、なぜか池としては地図に記されていない。 この池を堰くのは立派な重力式コンクリートダムではあるが、その堤高は14.1m、ハイダムスペックには、わずか90センチ足りない。そ…

大塚溜池(福岡県糸島)

いくつか見てまわった中では糸島の半島部では、もっとも雰囲気のある溜め池だと思った。 注目したのは堰体直下にある水路。枡状の小さな池で一度、水流を落ち着かせた上で、先に二つに分かれた分水路に公平に水が配分できるよう工夫されている。 そんなとこ…

ケンの池(長崎県壱岐)

【けんのいけ。剣の池】辰ノ島とケンの池。内側は穏やかなビーチ、外側は断崖という恐るべき地形の島。さまざまな曰くつきの無人島にあって、壱岐の支配者だったカザハヤ王の宝を沈めたといわれる池伝説とともに長く謎に包まれたケンの池だが、2008年ごろに…

イルカ池(長崎県壱岐)

1980年前後に、この離島から世界を揺るがした壱岐イルカ事件。 壱岐島北部の勝本の漁民が、ブリの漁獲に大打撃を与えたイルカの大群来襲に対して懸命の駆除作戦を開始。 イルカ追い込み漁で有名な和歌山県太地への研修で得た追い込みの技術も当初はなかなか…

アザメの溜め池(仮称)( 佐賀県唐津)

江戸時代にタイムスリップ。感涙モノの池の栓。 松浦川の河川敷に、国土交通省と地域社会とが協働して氾濫原としての湿地を再生させ、水をめぐる生活文化、昔ながらの環境再生をめざして整備され、2017年に土木学会デザイン賞を受けたのがアザメの瀬。 再生…

アザメの瀬の上池( 佐賀県唐津)

松浦川の河川敷に、あえて洪水時に水があふれだすエリアを設けたのがアザメの瀬。園内には以下の6つの池があるとされるが、その内訳は、上池、下池、トンボ池と大小三つの三日月湖のようだ。 これに蓮田と棚池と溜め池を加えれば、計9つの池があることにな…

アザメの瀬の蓮田( 佐賀県唐津)

蓮田は溜め池の堰体直下に造られている。蓮田の下には駐車場とビジターセンターの建物松浦川の河川敷に、あえて洪水時に水があふれだすエリアを設けたのがアザメの瀬。 地域の子どもたちの環境・防災の学習の場としての役割も担っており、蓮の育苗には地元の…

アザメの瀬の棚池(仮称)( 佐賀県唐津)

石組みで造られた棚田の最上段が棚池になっていた松浦川の河川敷に、あえて洪水時に水があふれだすエリアを設けたのがアザメの瀬。 九州大学がジョイントし、地域の子どもたちの環境・防災の学習の場としての役割も担っている。 氾濫原の湿地から高台に向け…

アザメの瀬の下池( 佐賀県唐津)

天然池の様相だが、アザメの瀬の工事中の航空写真を見ると、この池は計画的に湿原内の池になるように造成されたものと思われる 川をあえて氾濫させる防災とは? 松浦川の河川敷に、あえて洪水時に水があふれだすエリアを設けたのがアザメの瀬。 これまでの河…

郷目木溜池(佐賀県唐津)

飛行機の窓から。左下隅に見えるのが郷目木溜池と新溜池唐津の野池群。 1.5km東にある長尾溜池をめざしていたので、郷目木溜池は素通りしてしまい、後から臍を噛んだ。 すると数日後、飛行機の窓から見えた! マルチコプターによる空撮では実現できない高高…

日ノ出松溜(佐賀県玄海)

飛行機の窓から。右下隅に見えるのが日ノ出松溜幸いにも飛行機の窓から唐津の野池群を俯瞰できた。 湾の右手は市街地中心部。ぽこぽこした円形の丘の間にいくつも溜め池が見える。 日ノ出松溜は玄海町にあるが、ため池文化圏としては唐津と地つづきである。…

釣川の道の駅(福岡県宗像)

世界遺産を有する宗像を貫流するのが、釣川。 水辺遍路では湖沼をおもに採り上げているが、河川の道の駅ポイントを採り上げることをお許しいただきたい。なんといっても釣川。私の地元の酒匂川(さかわがわ)も、かなりワクワクネームであるが、釣川という名…

白木貯水池(福岡県北九州)

【しらきちょすいち。白木ダム、白木谷池、白木谷溜池】現在は上水道用水の貯水池として使われているが、もとは農業用。写真左側の岸の石積みは丁寧。農業用のなごりか、古い斜樋も見えるいつの下調べだったか思い出せないが、下段にある畑貯水池と同じく、…

畑貯水池(福岡県北九州)

【はたちょすいち。畑ダム】インレット側から見た畑貯水地。楽しそう!市街地のはずれから山道に入ると、ほどなく堤高43mの重力式コンクリートダムが目の前に現れる。これほどダム湖然とした貯水池ならば、呼び名は「畑ダム」となりそうなもの。あるいは、愛…

カモ池(福岡県福岡)

志賀島とを結ぶ長い砂州に立地する海の中道海浜公園には、カモ池、虹の池、野鳥の池、冒険の池など、池が豊富。 写真は福岡空港に着陸する直前の飛行機から。上空からだと構造などよく分からないところもあるが、他の池はともかくカモ池は形態的に天然の海跡…

宗像ホタルの里公園(福岡県宗像)

都市化から豊かな釣川(つりがわ)の息吹を守るために「釣川ルネッサンス計画」が発動。溜め池が集う谷戸地に蛍が舞う里山の復活と「水辺のアメニティー化」を目的として、宗像ホタルの里公園が整備された。 にしても「水辺のアメニティー化」とは、池の案内…

長尾溜池(佐賀県唐津)

二車線道路が岸に沿う溜め池。インレット側の丘陵に、鵜殿石仏群のある天徳の丘運動公園が広がる。 公園には日帰り温泉、駐車場、トイレあり。公園の一角にある鵜殿石仏群への入口 駐車場と案内板 階段状の斜樋の栓は風呂桶の栓タイプのようです。水面ライン…

藤ノ平ダム(佐賀県玄海)

ふじのひらだむ。 農業用のロックフィルダムであるが、2015年に訪れた際は見晴らし広場など湖岸公園設備を建設していたが、釣り・遊泳等は危険につき関係者以外はダム敷地内への立ち入りを禁止するとの看板もあり湖面利用はできないようだ。 2019年時点のGoo…

瀬板貯水池(福岡県北九州)

三菱ケミカル(株)の工業用水用の貯水地ということだが、これだけ立派な企業所有の池が町中にあるのは北九州ぐらいだろう。やはり明治時代の官営工場の流れをくんでいる池ではないかと思う。 ただ、時代が時代だけに湖面と池岸一帯は一般開放するべく北九州…

氏田谷下池(福岡県北九州)

瀬板の森公園の南入口から見た氏田谷下池瀬板貯水池のインレット最奥部の近くにある池。といっても市街地で公園化されバイパスも横を通るのでアクセス性はよすぎるぐらい。案内板は瀬板貯水池のもの。氏田谷下池は案内板の南側駐車場の近くにある。

志田フラワー園の池(仮称)(佐賀県嬉野)

平ヶ倉ダムとは隣の谷筋にある。池のインレット側に志田フラワー園。堰体下は農地を経て森下溜池に注ぎ込む。 山並みを見ていると、集水域が広く、谷の出口に位置する溜め池の適地であることがよく分かる。bunbun.hatenablog.com

平ヶ倉ダム(佐賀県嬉野)

湖周長500mクラスであるがアースダムの堰体はダムスペックを満たすようである。二段のかさね池になっていて水の色が魅惑的。 堰体下に大きな石碑が立っている。右岸側にコンクリート製の洪水吐も見える。 堰体下から先がゲート封鎖で入れず、なんとしても池…

小峰大池(福岡県北九州)

池の周辺はかなり宅地化が進む。池の上を新幹線の高架が通る。小嶺大池公園として池のインレット側にグラウンドがあるが、親水公園ではない。左岸と堰体下に桜。 S字に屈曲した洪水吐まわりと堰体の護岸が石積みになっていた。 ライギョ、バスの野釣り場とし…

柳川城の堀割(福岡県柳川)

クリークがめぐらされた水の城都。 堀割の川下り 柳川城趾 城下の景観と名物・郷土料理 松濤園 案内板 クリークがめぐらされた水の城都。 柳川は有明海に面した低地に「クリーク」と呼ばれる農業用水路が網の目のように張り巡らされた独特の景観をもつ地域。…

御花庭園のお池(福岡県柳川)

柳川藩主の別邸として堀割の中に造営された。堀に囲まれた庭園と見ることもできるし、島に邸宅があるようにも見える。クリークが張り巡らされたこの地域では、一般民家でもそんな感じになっている。 案内板によれば「お池」は、庭園池とは別に設けられた松濤…

石田西触の野池(仮称)(長崎県壱岐)

壱岐島の原の辻一支国王都復元公園(長い!)の隣にある二つの野池。 ここでは堰体構造をもつ南側を採りあげる。堰体の右岸側に壱岐島の野池独特の自然石を積んだ石積み護岸が見られた。左岸側および堰体前法面はコンクリート護岸。 底樋門の操作ハンドルが…

長野ため池(長崎県壱岐)

壱岐の溜め池らしさがある美しい里池。 初めての壱岐の池めぐりでは、いちばん好きな池。池名のヒントを探そうと新しい記念碑を見てみるが、のっぺらぼう。反対側はフェンスがあって見ることができない。見ることができないところに碑を立ててもしかたないし…

勝本ダム(長崎県壱岐)

かつもとだむ。 重力式コンクリートダムの勝本ダムは壱岐島で最大のダムとされるが、あくまで貯水量の話。 堤高で見ればアースダムの当田ダムや梅ノ木ダムの方が大きい。勝本総合公園が隣接。駐車スペース、トイレあり。 ダムカードあり。駐車スペース。 マ…

当田ダム(長崎県壱岐)

とうだだむ。ダム湖と海のコラボ。壱岐島の玄関口である印通寺から直線距離で3kmほどのところにある農業用貯水池。アプローチルートも覚悟したほど酷道というわけでもなく、クルマでもすんなり行くことができるし駐車スペースもある。 海と湖面の両方を一枚…

深浦ダム(佐賀県白石)

ダムマニアも仰天の、ちょっとあり得ない湖相。地図を眺めていると四連かさね池タイプの溜め池兄弟・・に見えたのだけれど、航空写真に切り替えてみると下から二番目のこの子だけどうも様子が違う。周囲わずか300mの池なのに不釣り合いなほど立派な重力式コ…