水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,150湖

四国

江川 あひるの池(愛媛県宇和島)

江川の水源となっている湧水周辺が江川・鴨島公園という雰囲気のいい水辺公園になっている。じつはこの湧水、冬になると水温が上がるミステリアススポットでもある。 あひるの池は赤い橋がかかり、白いアヒルの家が池に浮いたようなかっこうになっている。橋…

日下川調整池(高知県日高)

下池 環境保全機能も備えた高知県最大の洪水調節地。 案内板の説明では「内陸型洪水調整池」という言葉が使われているが、実態としては遊水池タイプ。ただ国交省の資料や水位情報でも「調整池(ちょうせいいけ)」という言葉が使われている。 「メダカ池」は…

南楽園 上の池・下の池(愛媛県宇和島)

下の池。庭園池とは思えぬスケール 超スケールの庭園池。 風光明美で名高い四国の宇和島。その幾重にも連なる入江のひとつをまるごと庭園として封じ込めたような、ここ南楽園は昭和に築造された池泉回遊式庭園。 庭園池とは思えぬ巨大スケールの池。もちろん…

糺池(高知県須崎)

読みは「ただすいけ」か。すっかり道路と住宅に囲まれてしまい、海も近いことから船溜まりかと錯覚するような池。ブラックバス、ブルーギル、タイリクバラ タナゴ、カダヤシなど外来魚が多い。池岸の多くは住宅や店舗になっていて、水辺にアプローチできる場…

土佐蓮池(高知県土佐)

通信環境のよいショッピングモール型のコンビニで休もうとしていたとき、目の前の交差点に「蓮池公園」というの道路案内板があった。休憩後、進んでみたが池はなかった。 歩いていた人に訊いてみると、今は池はないとのこと。昔は沼のような湿地帯だったんじ…

岩倉池(徳島県美馬)

堤高が18mでダムスペックを満たすアースダム。なだらかな山裾が平地に向かって開けた地形なのに、18mもの堤高。 ロープでつながれた銀色のドラム缶が二本、浮かんでいる。長年、何だろうと思ってきたが、選択取水のためにフレキシブルパイプの呑口を吊してい…

源池(愛媛県宇和島)

源池公園として駐車スペースや案内板が用意されているが、乾燥が進み草原化しつつある湿地といった景観で、池らしい水面は航空写真で一部に確認できるだけである。 宇和島市のホームページによれば、もとはジュンサイやタヌキモも生育する溜め池だったという…

西山ダム(高知県室戸)

なんという長い堰体! どこからどこまでが堰体なのか分からないぐらい。周囲500mクラスの小さな貯水池だが、堰体は30m近い高さ。土盛りで堤高30mといえば、かなりのものだし、傾斜が緩い分、堤の法面の長いこと長いこと。池よりも大きいかも。そんなアンバラ…

小谷ダム(高知県安芸)

おだにだむ。どこか遠く千葉の房総半島の野池を思わせるマディーな水質と山なみ。しかしここは土佐土佐鶴、南といった高知を代表する酒の蔵があるのが安芸。その安芸川の支流を堰いている農業用貯水池はどんな顔をしているのだろうとワクワク。 安芸川の本流…

夫婦池 雌池(徳島県つるぎ)

四国の山では東の横綱、百名山の剣山(つるぎさん・1,995m)の山頂から直線距離で2.5kmほどの山肩にある天然の池。 国道をはさんで雄池(おんいけ)と雌池(めんいけ)があり、ふたつ合わせて夫婦池。雌池は雄池よりも標高が低く、規模も小さいが、昔は雄池…

小松の沼(高知県高知)

小松沼とも。アシ原が広がる湿原景観と、海近くの排水機場の様相と二つの顔が一本の道をはさんで両側に。 小松の沼という名からは想像しがたいが、遊水地としての機能を担っている。一方で、この池には民間企業による埋め立て問題が影を落としている。 ボイ…

女夫ヶ池(高知県香美)

めおとがいけ。2019年11月撮影 デカルチャーと水抜きと養殖。 「女夫」は「めぶ」と読んでガテンな女性のことかなあと、ついアニメ映画『超時空要塞マクロス』に出てきた巨人女性兵士などをデカルチャーに妄想しつつ遠くに行きかけてしまったが、ふつうに「…

船谷池(高知県香美)

ふなたにいけ。堰体はハイダムスペックを満たし、基部は石組みで補強。堰体の上にガードレールが見えるというのに、行き方が分からない・・舟谷池、あるいは船谷池と表記。 大正時代に築造、堤高15mでダムスペックを満たし「舟谷池」の名で「ダム便覧」に掲…

牛の池田ダム(高知県大月)

うしのいけだだむ。 安部累氏の「位置未確認ダムを探して」は「ダム便覧」の中でも異彩を放つ好企画で、ここに出てくるのはダムだか溜め池だか区別が付きにくいものが多く、その推理、解明過程もおもしろい。 隔絶の僻地にある牛の池田ダムもそんな溜め池の…

夫婦池 雄池(徳島県つるぎ)

四国の山では東の横綱、百名山の剣山(つるぎさん・1,995m)の山頂から直線距離で2.5kmほどの肩にある天然の山池。 国道をはさんで雄池と雌池があり、ふたつ合わせて夫婦池。雄池の方は道からすぐ見渡すことができるが、雌池の方はより低い凹地にあって木々…

蒲生田大池(徳島県阿南)

かもだおおいけ。 最果ての地には、最果ての池がある 蒲生田大池で見つけた不思議なモノ インレット側の湿原 紀伊水道と岬側 駐車場と案内板 Googleマップ 最果ての地には、最果ての池がある 針のような二本の岬が東に向かって競い合うように伸び、一方の先…

名頃ダム(徳島県三好)

なごろだむ。 酷道439(よさく)で行く阿波一の秘境ダム。 だいぶ改修が進んできたとはいえ、ところどころでその酷道ぶりは健在だった。国道439こと「よさく酷道」全線制覇をめざして20年以上前の若いころにオートバイで二日ほどかけて走ったことがある。 こ…

祖谷川本流取水ダム(徳島県三好)

四国電力が管理する堤高5.8mの発電用ダム。 ハイダムスペックは満たさない小さな取水堰だが、四国屈指の渓谷美を誇る祖谷渓本流を堰いているだけあって、コンクリートと屏風岩、そして吸い込まれそうな水の色の取り合わせが何とも美しい。 2km下流に世界的観…

横瀬川ダム(高知県宿毛)

よこぜがわだむ。水を貯めはじめたばかりの横瀬川ダム。ぴかぴか 10月に試験湛水、11月にダム壁のクライミングウォールがプレオープン 2019年10月に試験湛水が始まったばかりの国交省直轄の多目的ダム。 新しい国の大型ダムだけあって、建設中から一般向けの…

どんぐり湖(高知県宿毛)

坂本ダム。 主たる役割は、下流の宿毛を大正、昭和時代に10年ごとに襲った洪水から守ることだが、水力発電も行なっている。 3つの湖畔公園と展望公園があり、キャンプ場もある。県道は二車線で宿毛側からのアクセス性はよいが、愛媛県側からだと県境越えの…

白池(高知県大月)

ダムファン界の重鎮、安部塁氏が「位置未確認ダムを探して」という「ダム便覧」の名コラムの中で「池の谷池ダム」を探すなかでこの池を取り扱ったことで、コアなダムマニアのあいだでは知られるようになった溜め池である。 阿部氏が直感的に感じたように、堤…

大橋ダム(高知県いの)

四国電力が管理する発電用ダムであり、稲村調整池を上池とする揚水式発電の下池。四国一の大河川である吉野川の上流域に位置し、深い山に囲まれた堰体は戦前に築造されたものであり、土木遺産に認定されている。 四国でもっとも有名なバスリザーバーである早…

稲村ダム(高知県土佐)

【いなむらだむ。稲村調整池】揚水式発電用の上池は豪快な地形が魅力。後ろは稲叢山 その地形の地形の豪快さは、天空のバルコニー。 稲村ダムは揚水式発電所の上池(上部調整池)。上池は下池との標高差を稼ぐことが最大使命で、流入河川の有無など気にせず…

神鳴池(高知県いの)

【かんならしいけ。おも池】神鳴池はトヨタのCMでブレイクしたドライブコース「UFOライン」沿いにある神秘の山池 神々の庭池。UFOライン沿いにある奇跡の山池 まったくもって驚くしかなかった。不思議な地形の池はときどき出会ってきたが、四国の最高峰を連…

広見川(愛媛県鬼北)

市越池の項で鬼北町にある道の駅と海洋堂が手がけた鬼の像を紹介したが、その流れでもうひとつ。どうしても行ってみたかった道の駅がここ日吉夢産地。テレビで見て、そのまばゆい鬼子母神像に会ってみたくなった。 男鬼のいる道の駅から広見川に沿って延々と…

市越池(愛媛県鬼北)

公園遊歩道の吊り橋や、池畔のあずまやなどが用意されており、公園要素として取り込まれている鬼北総合公園に隣接し、借景要素以上の役割を与えられている野池。池のインレット側には公園遊歩道の吊り橋がかかり、池畔広場にあずまややベンチもある。池を見…

めじかの里土佐清水の池(仮称)(高知県土佐清水)

「めじか」という言葉には、私にとって甘美な響きがある。高知を離れてから三十年ほどはその名を見ることはほとんどなかったが、最近、高知西部では積極的にメジカを売り出し、ついに道の駅の名前にもなっていた。なんのことはない、ソウダカツオのことであ…

住吉池(高知県高知)

【すみよしいけ。高知池公園】2019年秋の住吉池。手前の釣り台が水草で埋もれている。夏の豪雨で高知市は水害に見舞われた。 その名もザ・高知の「池公園」 高知県で初めてブラックバスが入ったといわれる石土池と1kmの水路で通水するのが住吉池。 石土池は…

波介川(高知県土佐)

はげがわ。 心のふるさとのような小河川。 四万十川以上ともいわれる清流として名高い仁淀川に海ぎわで合流する小河川で、のどかな雰囲気は子どものころ見たような郷愁を呼び起こさせる。 そんな小さな川の休日の顔は、全国各地のバスアングラーから熱い視線…

大峰池ダム(高知県土佐清水)

堤高25mのアースダムということであったが、堰体下にある採石場のような民間施設がアプローチ路にロープを張って立ちはだかっており、池を目前にしながら堰体をただ見上げるのみ。 ただロープをまたげば堰体上には上がれるが、施設を抜けなければならないの…