水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,150湖

福島県

大徳寺 たな池(宮城県登米)

左は「お池」、水路をはさんで右が「たな池」(2020年撮影)ウグイという魚の生息池として国の天然記念物になっているだけあって、大徳寺の境内にはまるで主役顔で三つの池が鎮座している。 大きな池ではないが、境内を横切る水路と通水しており、清らかな水…

大徳寺のウグイ生息池(宮城県登米)

【横川不動尊 お池、大徳寺のウグイ生息池】 全国のウグイファン必見。天然記念物ウグイが主役の地。 釣り人には渓流釣りの外道として敬遠されているウグイ。しかし、ここでは全国でもめずらしい、というより唯一? かもしれない国の天然記念物に指定されて…

大徳寺 こころの池(宮城県登米)

大徳寺のウグイ生息池である「お池」の隣にあり通水。「たな池」とも道をはさんで隣あう。右が、こころの池。左は、たな池。bunbun.hatenablog.com マークした場所は駐車場。

八方池(福島県喜多方)

【八方溜池。ふれあいパーク喜多の郷】 池畔に道の駅と日帰り温泉。 喜多の郷は、会津特有の蔵をイメージした日帰り温泉を併設し、平日でも他県ナンバーのクルマが多く人気のある田園の道の駅。 八方池はその構成要素として、また野鳥観察地として整備されて…

二岐ダム(福島県会津美里)

ふたまただむ。 県営の農業用ダム。訪れたのは農閑期でもなく、工事でもないのに完全に水がない状態だった。というのも、農業用とはいえ、農地を洪水から守るための防災ダムなのである。 これだけの規模のダムでありながら取水設備も見あたらなかったことや…

丸沼(福島県柳津)

博士山の山麓にあり、沢伝いに二つの池がつづく。立地的、形態的には溜め池のように思えるが、明瞭な堰体構造が見られず、土砂堰き止め湖か。アプローチ路不明。 上が長沼、下が丸沼。長沼(上)と丸沼(下) 下流側の渓流は思わず竿を出したくなる渓相

長沼(福島県柳津)

博士山に端を発する深い谷筋に500mほどの距離をおいて二つの池が穿たれている。立地や形態的には溜め池のようにも見えるが、明瞭な堰体構造は確認できない。 土砂堰き止め湖だろうか。アプローチ路不明。 上が長沼、下が丸沼。長沼(上)と丸沼(下) 柳津の…

大谷地溜池(福島県会津美里)

池の周辺は民家も何もない深い森。「大谷地」という言葉は地形を指す言葉のようだが、池名としてもときどき見られる。類名の池では、由利本荘にある秋田県最大の池が思い浮かぶ。 アプローチ路はおよそ2kmのダート。bunbun.hatenablog.com

千貫森 小手神社の池(仮称)(福島県福島)

UFO飛来で有名な千貫森の山麓、神社の鳥居横にある池だけあって、何ともいえぬ空気感がUFOの飛来スポットとして昔から知られる千貫森(せんがんもり※山の名)は、ピラミッド説もある円錐形の山。 南側の山麓が千貫森公園として整備され、駐車場、トイレ、UFO…

蓬莱ダム(福島県二本松)

ちょっと懐かしの観光地の風情 東北電力の発電用ダム。現地に行って驚いたのは、ちょっと懐かしの観光地の趣きで、入口に「歓迎・飯野堰堤公園」と大書きされた看板が迎えてくれた。 飯野堰堤は土木遺産にも認定されている東北電力の発電用ダムで、阿武隈川…

緑ヶ池(福島県二本松)

近づくと、水の色に驚かされた。直上にある鏡ヶ池とぜんぜん違う色。 案内板に小さく記された「温泉溜池」の文字に興奮! 岳温泉は百名山・安達太良山の山麓にある味わいのある温泉街。 そのはずれに散策スポットとして公園化されている鏡ヶ池の下段に位置す…

鏡ヶ池(福島県二本松)

池畔にホテルが立つ池だけに色めきたつ。ホテル名には池名が冠せられている。岳温泉は百名山・安達太良山の山麓にある味わいのある温泉街。浴衣のままぶらりと散策できるスポットが鏡ヶ池。 地図を見ると三段の池の中池に見えるが、170m北にある岳ダムとは水…

宇多川湖(福島県相馬)

【うたがわこ。松ヶ房ダム(まつがぼうだむ)】 福島と宮城の県境上にあるダム湖であるが、利水および管理は福島側である。県営の農業用ダム。現在、管理は相馬市が受託している。 ダム湖の集水域の多くは宮城県側なので、いわば宮城に降って集めた水を福島…

夏無沼(福島県二本松)

予感に満ちた謎めいた名に惹きつけられる夏無沼。 人の命を奪う大猿の伝説をまとう口太山(843m)の登山口に位置し、一見、怖そうな秘奥の池の先入観をもってしまうが、アクセス路である舗装林道がちょっと狭くて長い以外は会いに行くのに特に障壁はなく、夏…

無量溜池(福島県会津美里)

むりょうためいけ。田植え後はすぐ減水させる運用らしく、みごとな緑のスリバチ感!田畑を見下ろし集落からすぐ歩いて行けるので、管理者にとっては便利な立地だろう。獣除け電気柵をまたいで堰体をけさがけにした軽トラスペックのスロープを上がっていくと…

岳ダム(福島県二本松)

だけだむ。ハードな表情の岳ダムの貯水池岳温泉(だけおんせん)という温泉街のかたわらにたたずむダム湖。 ダムも温泉街の散歩コース(岳ウォーキングトレイル)に設定されているが、ダム湖は嶮岨な表情。 重力式コンクリートの堰体は屈曲しており、貯水池…

高野池(福島県鏡石)

こうやいけ。なんとも奇天烈な形状の洪水吐。たまたま航空写真で見つけ、どうしても現地を見てみたくて訪れたハクチョウ飛来地として池への道標も設けられており、オモテナシ感のある野池。 冬場は100羽を越えるハクチョウが羽休めをする年もあるそうだが、…

諏訪池(福島県鏡石)

堰体に立派な石造りの祠が祀られている。インレット側はヨシ原が広がり里池らしい風情。フェンスなどもなく、素朴な姿がいい。ただ、赤い文字の警告標柱と石造りの祠に何ともいえぬ威圧感。 Google航空写真で、底樋工事によるものと思われる完全水抜きを確認…

沼尾沼(福島県南会津)

沼尾沼。下方に見えるのは若郷湖(大川ダム) 小野岳が肩にのせる奥離の山池 沼尾沼と、かしこい牛の伝説 地形の特徴 小野岳の大内宿側登山口 Googleマップ 小野岳が肩にのせる奥離の山池 街道情緒あふれる宿場町・大内宿の名を冠した大内ダムと、若郷湖の名…

龍生ダム(福島県天栄)

【りゅういだむ。広戸川ダム(ひろとがわだむ)】 ひと癖あるダムである。地図やカーナビなど一般的には龍生ダムと記載されているが、現地には「広戸川ダム(ひろとがわだむ)」とあった。 どちらかが間違いというわけではなく、この珍奇な状況は「ダム便覧…

鶴ヶ城のお堀(福島県会津若松)

城のお堀を潤すのは、はるか東の猪苗代湖の水。 伊達、蒲生、上杉、保科、松平・・鶴ヶ城に居を構えた歴代城主の名を挙げていくと、この会津という地がどれだけ東北の要として世の為政者に重視されてきたかが分かる。 盆地の中央にある平城であるため天守閣…

茂庭っ湖(福島県福島)

もにわっこ。摺上川ダム(すりかみがわだむ)。 東北らしい雄大さと、たおやかさの最新鋭ロックフィルダム。 かわいらしい湖名は公募から選ばれたもの。漢字に小さい「つ」が入る湖名は全国的にみてもめずらしい。 国土交通省が管理する多目的の中央コア型ロ…

新池(福島県中島)

童里夢公園なかじま。 童里夢公園なかじまは二つの並びあう池を中心に整備されたバーベキュー場もある親水公園。東側は大池、西側は新池。 両池ともに湖周に遊歩道がめぐらされ、真ん中の堤を県道が走る。左は大池、右は新池新池側には遊歩道に加え、親水護…

大池(福島県中島)

童里夢公園なかじま。 いろいろな湖沼と会ってきたが、その名を目にしただけで、行く前からテンションが下がるものがある。その双璧といえるのが、「大池」と「新池」。 いったい全国にどれだけの大池と新池があるのだろう。地名を頭につけて「向山大池」と…

銅沼(福島県北塩原)

あかぬま。 磐梯山噴火による凄絶な山体崩落の震源地。 明治21年(1888)の磐梯山噴火で、岩なだれをともなって大崩落した山体の火口原にある強酸性の沼。 底に堆積した水酸化鉄のため浅い部分が赤色に見えるため「銅沼(あかぬま)」の名がついた。五色沼の…

銅沼下(仮称)(福島県北塩原)

銅沼への登山口から裏磐梯スキー場のリフトに沿って上り、上の駅まで行くと、ちょっとした踊り場になっていて「磐梯山と岩なだれ」と題された案内板も立っている。 眼下を見おろせばスキー場の斜面ごしに桧原湖。リフトで上ればあっという間なのだろうが、下…

大府平原地沼(仮称)(福島県北塩原)

銅沼への登山口へと向かう未舗装林道の途中にあった沼。 沼名は分からなかったが、すぐ横に治山事業の看板と、観光案内看板があり、それによると、大府平原地という地名だったので沼名の仮称とした。 銅沼系に属する天然湖と思われる。 Googleマップでは池と…

曽原湖(福島県北塩原)

そはらこ。 裏磐梯の穴場的スモールバス・フィールドだったが。 裏磐梯では三湖(檜原・小野川・秋元)に準じる規模をもつ曽原湖だが、三湖に囲まれ、かつ百を越える中小の池を従える立地のせいか、あまり目立たない存在だった。 初めて訪れたとき、これぞ裏…

檜原湖(福島県北塩原)

ひばらこ。磐梯山からの桧原湖(2017年8月撮影) 裏磐梯最大の天然湖は、なんと明治生まれ。 湖周37km。歩いて一周しようものなら日も暮れよう。これほど立派で堂々とした天然湖が、明治21年7月15日の朝を迎えるまでは、その片鱗もなく見渡すかぎりの原生林…

田子倉湖(福島県只見)

田子倉ダム。 日本一の水力発電量を誇るダム湖。当然ながらその水量、その奥深さは筆舌に尽くしがたい。 2017年ゴールデンウィークに訪れた際、その雄大な日本離れした景を前に、堰体横の駐車場、トイレ等の施設写真を撮るのも忘れてしまった。ダム下を泳い…