水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

福島県

姫田代・ノメリ田代・上田代・横田代(福島県檜枝岐)

百名山・燧ヶ岳の山麓には「田代」と呼ばれる池塘群がきら星のごとく点在している。スモウトリ田代、 ノメリ田代、メラッパシ田代、広沢田代、熊沢田代・・などなど。 姫田代 田代の名がいくつも記されている bunbun.hatenablog.com マークした場所は、御池…

三段田代(福島県檜枝岐)

写真中央上あたりに三段田代が見える馬坂峠登山口から台倉高山への登山路を進んだ途上にある「田代」の名を持つ湿原。一帯は尾瀬ヶ原を含め日本最大の田代銀座をかたちづくっている。 登山口までのアクセス路はダート11km、クルマで35分。群馬県側は通行止め…

広沢田代(福島県檜枝岐)

百名山・燧ヶ岳の山麓には「田代」と呼ばれる池塘群がきら星のごとく点在している。 その名も「御池(みいけ)」登山口から山頂をめざす御池ルートでは最初に迎えてくれるのが広沢田代。ちょっと広めの踊り場といった風情。 この区間はぬかるみの多い行程と…

熊沢田代(福島県檜枝岐)

百名山・燧ヶ岳の山麓には「田代」と呼ばれる池塘群がきら星のごとく点在している。スモウトリ田代、 ノメリ田代、メラッパシ田代、広沢田代、熊沢田代・・などなど。 熊沢田代は現地の案内パンフレットの表紙やポスターにも写真が使われるなど、二つの池の…

メラッパシ田代・東田代(福島県檜枝岐)

百名山・燧ヶ岳の山麓には「田代」と呼ばれる池塘群がきら星のごとく点在している。スモウトリ田代、 ノメリ田代、メラッパシ田代、広沢田代、熊沢田代・・などなど。 上はメラッパシ田代。下は熊沢田代上空よりメラッパシ田代に加え東田代までを広く俯瞰し…

御池田代・スモウトリ田代(福島県檜枝岐)

百名山・燧ヶ岳と御池田代 百名山・燧ヶ岳の山麓には「田代」と呼ばれる池塘群がきら星のごとく点在している。スモウトリ田代、 ノメリ田代、メラッパシ田代、広沢田代、熊沢田代・・などなど。 沼田街道、沼山峠、沼尻川、御池登山口・・尾瀬周辺は、沼、池…

弘法沼(福島県南会津)

【こうぼうぬま / 田代山湿原】 雲上楽園! 標高1,926mにあるテーブルトップの山池 君の名は、池界のスーパースター 日本中に池伝説を残した弘法大師(空海) 弘法大師さまの恩浴はいずこに? じつは・・ 弘法沼の地形(空撮) 弘法沼の形態 立地と地形 エッ…

檜原湖(福島県北塩原)

ひばらこ。西岸側からの桧原湖(2022年7月撮影) 裏磐梯最大の天然湖は、なんと明治生まれ。 湖周37km。歩いて一周しようものなら日も暮れよう。これほど立派で堂々とした天然湖が、明治21年7月15日の朝を迎えるまでは、その片鱗もなく見渡すかぎりの原生林…

鏡ヶ池(福島県二本松)

鏡ヶ池はベンチやあずまやも充実していて池ごはんにも最適。岳温泉の豆腐と、地元・二本松の地元民ご用達のメンツユは池の近くの肉屋さんで入手(2022年7月) あだたら山麓の温泉街を彩る憩いの池 岳温泉は百名山・安達太良山の山麓にある味わいのある温泉街…

びっき沼(福島県福島)

私有地にある池とのことで、かつてはミズバショウが群生する池畔湿地を鑑賞できる有料歩道が設けられていた。珍名であるが「びっき」はヒキガエルなどカエルに由来する名のようで、びっき山という俗称も見られた。 道をはさんで向かい側に古民家カフェ、北50…

観音沼(福島県南会津)

道の駅近くの穴場水辺。浮き島が幻想的 古楽器の重奏にうちふるえるような潤いのある植生が織りなす幻想曲のような水辺は、湖畔にたたずむだけでしっとりとした情緒で身も心も包んでくれる。 道の駅近くの穴場水辺。浮き島が幻想的 観音沼森林公園として整備…

ザラメキ池(福島県猪苗代)

ザラメキ池。奥は猪苗代湖猪苗代湖東岸側にある珍名の溜め池。 「ザラメキ」は水の流れを表した語との説もあり、埼玉、福島、秋田に地名や山の名として見られた。 bunbun.hatenablog.com

吾妻山 鎌沼(福島県福島)

「鎌」の名を持つ池は魅力あり 百名山・吾妻山の山池群のひとつ。 山頂わきの山肩にあるのびやかな池で高山植物の宝庫になっており木道が設置されている。 鎌の形状をしているのは、なだらかなドームが貫入しているため。そんな形状的な特徴ゆえか「鎌」の名…

上沼(白鳥姫沼)(福島県喜多方)

素晴らしい山上湖。丸太棒を突っ込んで栓をした取水設備があるので溜め池として利用されているようだ。一方、ジュンサイが岸近くを埋め、浮き島状のものもあり、豊かな天然の沼沢を思わせる様相も。 鳥と大型のカエルはいるのだが、なぜか魚影がない。フロッ…

米田堤・白山堤(福島県会津美里)

白山堤会津美里の溜め池。釣り禁止看板によると魚はいないとのこと。 ともに桜が植えられている。 米沢堤

大岡池(福島県白河)

白河の野池群のひとつ。 モンスターライギョやランカーバスも生息していたというだけあって、ゾクゾクするような雰囲気がたまらない。池畔に駐車スペースもありオカッパリもしやすい。 ヒシモが少ない時期に魚類調査も兼ねてフナ釣りもしてみたい。

一切経山 五色沼(福島県福島)

「魔女の瞳」の異名でメジャー入り 百名山・吾妻山の主峰・一切経山(1948m)の肩にのった五色沼は、五色沼という正式名とは別に「吾妻の瞳」という愛称があったが、いつからか誰が言いだしたのか「魔女の瞳」というキャッチネームで一躍、時の池に。 池の水…

大岩入池(福島県本宮)

岳山という小さな山に、ヘラブナの野釣り場として利用されている溜め池があった。ため池データベース登録名は大岩入池。 リール釣り禁止。 湖畔に岳山ふれあい実習館というビジターハウスのような建物あり。 駐車場、簡易トイレも。

るり池(福島県二本松)

池の水は18kmも離れた安達太良山から用水路で引水 二本松城跡を公園化した霞ヶ城公園内にある二段の庭園池が、霞ヶ池と、るり池。 上段にある「るり池」は江戸時代に築造された庭園池の様相を今に残しているそうだ。池の流れ込みは、ほてい滝という岩盤を流…

霞ヶ池(福島県二本松)

年に数回、ライトアップで華やぐ池 霞ヶ城公園は二本松城を中心とした公園で、霞ヶ池と「るり池」という二つの庭園池がある。上下二段になっており、るり池から霞ヶ池へと水が下り霞ヶ滝が流入口となっている。池畔には藤棚がある。 桜の季節の4月〜5月初旬…

大黒池(福島県須賀川)

池のあった場所は今は広場になっている 大震災で壊れた池が、防災公園に生まれ変わった 東日本大震災で堤が壊れたため埋め立てれたロストレイク(消失湖)。 池の跡地は災害時の避難区域になるよう防災物資などを備えた防災公園として生まれ変わった。池を完…

大池(福島県平田)

東北本線が池のほとりを350mにわたって駆け抜け、撮り鉄フォトジェニックな池として2021年5月1日の朝日新聞「歴史のダイヤグラム」で紹介された。 鉄道がカッコよく撮れる池として思い浮かんだ池もひとつ紹介しておこう。 bunbun.hatenablog.com

龍泉寺の池(福島県二本松)

二本松城跡に隣接した寺社池。 龍泉寺という名を持つ寺は池に棲む龍との因果が深く、当ブログに掲載している池でも岡山県、奈良県に八大龍王を祀った龍泉寺を紹介した。岡山県の龍泉寺は拙著『日本全国 池さんぽ』でも寺社池の項目で採り上げている。 ここ福…

只来沼(福島県二本松)

二本松市ふれあいの森公園の主構成要素となっている。現在は自由度の高い釣り場として開放されている公園池だが、農業用ため池の構造を持っている。左岸道路側の釣り座仕様の親水護岸は柵もなく芝生が敷かれまったりとした雰囲気だが、都市部の親水公園では…

松川浦(福島県相馬)

まつかわうら。 松島に喩えられる日本百景の汽水湖 周囲23kmもの堂々たる汽水湖。天然湖沼で成因タイプは潟湖で、福島県では唯一。小島をいくつも浮かべた風光明媚な景観から「小松島」とも称せられる。 海との通水部は明治時代に人工的に開削された。人の手…

馬番沢溜池(福島県相馬)

ついに会えた?! 小さいながら野放しの猛獣のごときダム穴 航空写真で池をしらみつぶしに見ていて、ダム穴らしきものを発見。現地に行ってみれば、やや小ぶりではあるものの、ああ、これぞダム穴。 ごうごうと水が吸い込まれるような増水時に行けば、さぞか…

高子沼(福島県伊達)

【たかこぬま】釣り人のパラソルが岸に咲き乱れる(2013年) まるでカリオストロの城。湖底に金精錬所が眠る? 谷文晁が描いた「高子二十境」 廃墟マニアも随喜した高子沼グリーンランド 全周にわたり足場がよく釣り人でにぎわう 冬の高子沼 駐車場と案内板 …

西の沢溜池(福島県広野)

江戸時代に築造された農業用ため池。湖面の一部はソーラー発電に利用されている。 二車線道路沿いで駐車場もあり、「相双池めぐり」と銘打たれた案内板が立っていた。 相双とは相馬と双葉を合わせたエリアで、原発事故のイメージが強いかもしれないが、じつ…

ジュピアランドひらたの調整池(福島県平田)

蓬田岳(よもぎただけ)の山麓斜面に広がるジュピアランドひらたという展望公園の最下端に位置する調整池。 同公園では四月下旬に25万株が山斜面を咲き埋める芝桜祭りが開催される。 芝桜祭りの期間のみ入園有料。500円。 駐車場あり。以下、オフィシャルサ…

岩下池(福島県いわき)

堤高8mの重力式コンクリートダムが堰く農業用ため池。 堰体わきに玉山岩下不動尊があり、堰体天端はその参道を兼ねていて特に心に残る池だった。 大岩にへばりついた不動尊の赤い小屋の裏は、直上にある「ひろろ池」からの流れ出しになっていて、かなり変わ…