水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,150湖

新潟県

水頭ダム(新潟県糸魚川)

【みずがしらだむ。水頭の池】 森林公園高ノ峯プラトーは、小規模ダム湖の水源林を利用したキャンプ場のある公園。 公園案内板には、このダム湖は「水頭の池」と記載され、園内遊歩道の一角を担っている。しかし現場を訪れてみると堰体へのアプローチ路入口…

克郎池(新潟県糸魚川)

かつろういけ。 森林公園高ノ峯プラトーは、水頭ダムという小規模なダム湖の水源林を利用したキャンプ場のある公園。 ダム湖とは別に克郎池という池もあり、公園管理人がいるときは釣りができるとのこと。しかし見える魚影は鯉主体。中には錦鯉もいたけど、…

長者ヶ池(新潟県糸魚川)

糸魚川市街地を見下ろす小高い丘に立地する美山公園内にある池。 歴史がありそうな池名だが、公園造成に伴う調整池のように見える。池に関しては特に案内板などもなく、おそらくは園内にある長者ヶ原遺跡の名からとったのだろう。 公園造成の調整池には名さ…

大能谷池(新潟県上越)

アプローチ路は狭く、駐車スペースもオートバイか自転車でなければ厳しいものがあるが、まったりとしたマディーな水をたたえ、釣り意欲をそそられる池である。 と思ったら、やはり25センチ程度のブラックバスのスクールを確認。ブラックバスのスクール

犀ヶ池(新潟県上越)

さいがいけ。 上越市街地の辺縁にあり、地図上でもかなり目立つ池ということもあって、ローカルメジャーなバスポンドとして知られてきた。確かに流れ込みのワンドをいくつも持つ素晴らしい池だが、釣り攻略はボートかフローターがなければ厳しそう。 ビジタ…

狐池(新潟県妙高)

狐池。池の名前としては珍しい。 全国に20万近い池があっても、狐池はもちろん、狸池、犬池、猫池、馬池、豚池・・あまり見ない。なぜだろう・・。猫池、馬池は全国にひとつずつ存在を確認しているが、犬池、豚池はまだ見たことがない。あるのだろうか。 地…

入田ため池(新潟県柏崎)

池のキャパシティの半分をかんがい用の貯水にあて、半分は防災用に空けておく運用がなされている防災ため池。 洪水吐の越流堤にはスリットが入り、取水設備は斜樋ならぬ垂直樋? これはめずらしいタイプではないかと思う。 また右岸側にももうひとつ別の水門…

黒川第二防災調節池(新潟県長岡)

防災ダムが、市営の無料釣り場に。 釣りが楽しめる長岡市民釣り場という市の施設は、長岡ニュータウンを取り囲むように配された防災ダム群(調節地)のひとつ、黒川第二防災調節池の南岸を利用して運営されている。 そもそも立ち入ることさえ禁じられること…

十二崎池(新潟県柏崎)

じゅうにさきいけ。 もともと十二崎池という溜め池はあったようだが、受益地域の農地で水害と水不足が多発していたため、県の防災事業と、かんがい排水事業を合併し、防災機能を持った溜め池としてリニューアルされた。 いわゆる防災ため池である。堤高14.4m…

仁王谷池(新潟県柏崎)

丘陵の中へと1.5車線舗装路で2.5kmほど入り込んだ山間に、池へとつづく未舗装のアプローチ路があった。このアプローチ路入口には規制ロープを張ることができるようになっていた。 2017年、2020年のGoogle マップの航空写真では完全に水抜き状態だったが、訪…

赤岩ダム(新潟県柏崎)

柏崎市の水道水源池として古参の川内ダムと、昭和と平成に補完された谷根ダムと赤岩ダムがある。 人口規模8万人の一自治体が3つの水道専用ダムを持つことはめずらしいことだとダム案内板に記されていた。さらにこれら3ダムの集水域である米山一帯は人の生…

谷根浄水池(新潟県柏崎)

谷根ダムのすぐ下にあるクローズ型の浄水池。 水色の通気口のデザインがかわいい。 500mほど下ったところに、米山登山道の登山口である谷根口があり、駐車スペースも。そこがいっぱいの場合は、さらに500mほど下ったところにも駐車スペースがある。 米山登山…

谷根ダム(新潟県柏崎)

【たんねだむ。米山湖】 柏崎の町の水道水源池として長い歴史をもつ川内ダムをサポートすべく、昭和と平成に谷根ダムと赤岩ダムの2つのダムが築造された。 この2ダムは管理所から先の立ち入りが規制されているが、管理所に詰めている職員さんに許可をもら…

柿崎川ダム(新潟県上越)

県営の多目的ダムが堰く貯水池で、湖名は「かきざき湖」。 アクセス路は二車線で湖岸駐車場が複数設けられており、おもてなし感のある風光明媚なダム湖だ。 バックウォーターから上流の渓ではイワナ、ヤマメ釣りが楽しめる。 案内板と駐車場 マークした場所…

佐藤池(仮)(新潟県柏崎)

佐藤池運動広場という、アリーナや球場もある大きなスポーツ公園に隣接した池。 近隣には佐藤池公民館など「佐藤池」を冠した施設がいくつもあるが、「佐藤池新田」という地名からきているようだ。 佐藤池は池名というより地名化しており、公園の案内坂にも…

蛇喰沈砂池( 新潟県柏崎)

じゃばみちんさち。 戦前に造られた古い水道水源池のすぐ上手にある沈砂池。 この池の役割は水ではなく砂を堰き止め、直下にある水源池の貯水キャパシティを守ること。地味ながら渋いお仕事で、苔むした堤体が味わい深い。蛇喰(じゃばみ)というすごい名前…

川内ダム( 新潟県柏崎)

こうちだむ。美しい岸辺をもつ水源池だった川内ダムといえばダム湖百選にも選ばれている青森県むつ市のものが有名だが、こちらの川内ダムも魅力では負けていない。 柏崎の水道水源として昭和12年に竣工。堰体下に浄水場をもち、ダムサイトには記念銅像、噴水…

栃ヶ原の棚池( 新潟県十日町)

栃ヶ原ダムの上流側には栃ヶ原集落と棚田とともに、スイレンとヒシモに覆われたち小さな棚池があった。味わいのある池である。 栃ヶ原にはこの池のようにスイレンが植えられた棚池をあちこちで見ることができた。 水面をのぞきこむと鯉の魚影。 県道219から…

栃ヶ原ダム( 新潟県柏崎)

とちがはらだむ。 顔付きがシャープでイケメンだけど、赤屋根がちょっとお茶目な重力式コンクリートダム。農業専用ダムとは思えないほど豪勢。 鯖石川から支流をわずか1kmほど上流という立地なのに、よほど険しい地形なのか、下流側からはまともなアプローチ…

鯖石川ダム( 新潟県柏崎)

さばいしがわだむ。 農業用水がメインの特定多目的ダム。 センターにどんと構えた赤いラジアルゲートの勇ましい顔付きが印象的な重力式コンクリートダムは、ダムカードに採用されている写真のように、ぜひとも正面からのアングルで見たいものだが、ちょっと…

星峠の棚池( 新潟県十日町)

「大小様々な棚田約200枚が、まるで魚のウロコのように」と謳うだけあって、星峠の棚田は平日早朝だというのに展望台下の駐車場はすでに五、六台のクルマで埋まっている。 コロナウイルスの影響で、展望台には県外者はお断りということだったが、道からすぐ…

ぶなが池( 新潟県十日町)

池畔の広場とアート作品 空中庭園というアートと廃墟感 新潟でも特に豪雪地帯である十日町(越後妻有)はいつからか野外芸術の一大エリアという印象が定着してきたように思う。 ここ、ぶなが池の池畔にも「マザーツリー空中庭園」というアート作品が置かれて…

鼻毛の池( 新潟県上越)

峠の上の山池なのに、あいにく写真では峠感がうまく出なかった。遮ぎるもののない茜の空を映し出した湖面をフォトバッシュで描いて天空感を表現してみた 鼻毛温泉の上にある鼻毛峠の鼻毛の池 鼻毛の池ヌシ伝説の謎 なぜ美女の姿で刀を借りるのか? 水利権争…

深田溜( 新潟県上越)

尾神岳パラグライダー基地や尾神岳キャンプ場のある尾神岳の山麓にたたずむ眺望のよい溜め池。 棚池を大きくしたようなこのタイプの溜め池は開田山脈周辺ではよく見られるが、棚田絶景スポットが多いエリアであることと無縁ではあるまい。 尾神岳は神話に出…

儀明の棚池(仮称)(新潟県十日町)

美しい棚田に棚池が点在するエリアだが釣り禁止。 違反をすれば警察に即通報、取り調べされるという厳しさ。釣り禁止の掲示 Google マップには池は記されていないが航空写真に切り替えると確認できる。

牧区の棚池(仮称)(新潟県上越)

中条の棚田のある牧区の棚池のひとつ。 遮水のための黒いラバーフェイシングの池はこの一帯ではしばしば見られる。 釣り禁止。 Google マップには池は記されていないが航空写真に切り替えると確認できる。マークした場所はアプローチ路入口。

朴ノ木川ダム(新潟県上越)

国道405号を走っていて、ちらっと視界のすみに「・・ダム」と書かれた看板が見えた。 ええっ? まったくノーマークなダム。ほんとにダム? と思いつつ案内のまま進む。しかし3km走ってもダムは出てこない。 1.7kmに見えたけど、17kmの間違い?? 夕暮れが迫…

野口水ばしょう公園の池(新潟県十日町)

新潟の山深い豪雪地帯に多い棚池タイプの小さな溜め池。 野口水ばしょう公園のすぐ隣にある。 まるでミニチュアのようなかわいいコンクリート洪水吐もあるのに、グレーチング蓋をのっけたオリフィス升もあって、いわば余水吐のダブル装備。オリフィスの方が…

五升苗ダム(新潟県十日町)

ダムスペックを満たすには、あと30cm足りない堤高14.7mのアースダムの溜め池。五枡苗溜池とも。 農業用ダムでは意外とこの14.7mというのを見かける。ダムファンにとっては「惜しい」ことに思えるかもしれないが、この30cmにはもちろん意味があり地域の決断が…

北の沢溜池ダム(新潟県十日町)

ダムスペックを満たす農業用溜め池。 堰体の左岸側と右岸側からアプローチ路が出ているが、地図上では左岸(北側)の方が太い道として記されているが、入ってみて後悔した。 ハイエースだと人とすれ違うこともできない隘路。謝りつつ、ダムまで進めるか訊ね…