水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,700湖

新潟県

長橋の池(新潟県柏崎)

柏崎におけるハスの名所。 もとは農業用ため池だが、土砂堆積で貯水機能の低下と水質悪化に見舞われていたところを、県の制度である地域用水環境整備事業を活用し親水機能を重視した池へと改造され、途中、中越地震による中断もはさんだが、2011年に池名を冠…

しろ池(新潟県糸魚川)

雨飾山を背負った白池百名山・雨飾山の下っ腹に広がる台地状の山腹に、しろ池(白池)、角間池、蛙池の三池があり、雨飾山麓しろ池の森という自然公園として遊歩道や駐車場などが整備されている。 近年は雨飾山の秀麗な姿をコバルトブルーに映す絶景スポット…

蛙池(新潟県糸魚川)

手前が蛙池。奥が、しろ池しろ池の森にある三つの山池のひとつ。 しろ池の東150mほどの森林内に立地。近いのに、しろ池とは水の色が異なる。浮葉植物も多く、浮き島状のものも見える。 池には遊歩道が通じているが、訪れたときはやや荒れていてヤブ漕ぎ状態…

角間池(新潟県糸魚川)

しろ池の森にやって来て、まず人の目を捉えて離さないのは、猫が耳を立てたような百名山・雨飾山の双耳峰や、頸城駒ヶ岳の奇異な山容だろう。 しろ池の森の三つの池、すなわち白池、角間池、蛙池を山腹に置く戸倉山のあたりも、仙境のような不思議な景観。 …

稚児ヶ池(新潟県糸魚川)

古代神話の女神である奴奈川姫(ぬなかわひめ)の終焉の池(入水?)との伝説あり。 この池は糸魚川市街地に接する低山の森林の中にあり、現在は木々に囲まれた湿地あるいは草地になっており、池状になることがあるとすれば大雨の後だけだろうか。 そこだけ…

雨池(新潟県糸魚川)

日本海に面した交通の難所である親不知。 白馬連峰からのびた山筋が日本海に断崖となって滑り込み、新幹線、高速道路、国道がみな海ぎわに追いやられて肩を寄せ合うようなかっこうになっている。 雨池はそんな海まで2.5kmの山腹にある。県のホームページによ…

上池(新潟県上越)

上杉謙信の居城である春日山城の堅物堀の北西に隣接する溜め池。 上下二段になっており、合わせると周囲長1.5kmクラスの大きな池であるが、住宅地と雑木林に二重に囲まれており、これまでなかなかアプローチできていない。 インレット側が道路と接していたの…

監物堀(新潟県上越)

【けんもつぼり / 春日山城】 上杉謙信の居城である春日山城は基本的に山城であるが、平地にもここ監物堀など水堀を持った総構えが展開されている。 堀のカキツバタは5月上旬が見頃。 春日山城跡ものがたり館という資料館および駐車場あり。 マークした場所…

よし八池(新潟県妙高)

【よしはちいけ。葭八溜池 / ヨシハ池】 明治時代に築造された周囲長800mクラスの農業用ため池で、標高750mの山あいにある。 麓の集落にあった「水原メダカの里」の案内板に、この池のことが記されていて存在を知った。ルートは舗装林道であるが少々長い。ま…

田中角栄記念館の池(仮称)(新潟県柏崎)

道の駅に隣接した溜め池。 施設内の建物は中国風の建築デザイン。池は特に施設の要素とはなっていない。護岸はアスファルトフェイシング。 田中角栄の生家があるということで記念館も。しかし何で中国? と思ったが、角栄さんといえば日中国交正常化を成し遂…

長嶺大池(新潟県柏崎)

ながみねおおいけ。 周囲長1km級の農業用ため池。 堰体が明瞭でなく、典型的な野池といえる。 夏は蓮が一面に生い茂り、冬は県内有数のハクチョウ越冬池になり、「白鳥の大池」の愛称も。 駐車場、トイレ、観察小屋、バーゴラなどが整備されている。 釣り禁…

泉翠池(新潟県長岡)

せんすいいけ。 悠久山公園に二つある公園池のひとつ。 この公園は大正時代に市民の手で造られたという。池岸は垂直護岸で駐車場が隣接。 円形の島を持つが、人工感がある。 池横に駐車場 案内板と駐車場 マークした場所は、悠久山プールの駐車場。

ひょうたん池(新潟県長岡)

悠久山公園に二つある公園池のひとつ。 ボードウォークあり。ニシキゴイが泳ぎ、カキツバタ、睡蓮も。 郷土資料館、悠久山小動物園が隣接。 城址ではなく、郷土資料館 小動物園。 案内板と駐車場 マークした場所は、悠久山プールの駐車場。

後谷ダム(新潟県柏崎)

うしろだにだむ。 農業用水供給のため国営事業として造られた貯水池。 湖畔に西山自然体験交流施設ゆうぎというロッジ村のような施設がある。 池の釣り禁止看板は柏崎共通タイプ。 湖畔の森はゾーニングされ「古代鉄づくりの森」など名づけられ遊歩道も通じ…

五日市大池(新潟県柏崎)

ライギョ釣りでもしたくなる、まったりとしたリリーパッドの里池であるが、釣り禁止。 残念ではあるがハクチョウ飛来池なので、捨てられた釣り糸の被害を防ぐためには、いたしかたなし。

大池(新潟県柏崎)

北700mのところに五日市大池があるが、こちらの大池も対抗して井岡大池となれば地名が生かされた個性が出てよかったのに。 護岸は遮水性を確保するためのラバーフェイシングとネットの補強。 広々とした水面にはヒシモがちらほら。 釣り禁止。 ひとつの時代…

池の平養殖池(仮称)(新潟県小千谷)

全国に点在する「池の平」という地名。 ここ新潟県小千谷の山中にも池の平を見つけた。その領袖たる鏡池はやはり素晴らしかった。 棚田を抜けるハイエース幅いっぱいの道を少し進んで、他の棚池たちも見ていくと、錦鯉の養殖が行われていた。 鏡池と、錦鯉養…

池ケ原神社の池(仮称)(新潟県小千谷)

圧力さえ感じる濃密な空気感。これも池の魅力。奥に、池ヶ原神社の鳥居が見える。昨日の「池ノ平」につづき、今日は「池ヶ原」! 池ヶ原神社は、ぴたりと溜め池に寄り添う。この溜め池が神域に含まれているのかは不明だが、池ヶ原というぐらいだから何か縁は…

水頭ダム(新潟県糸魚川)

【みずがしらだむ。水頭の池】 森林公園高ノ峯プラトーは、小規模ダム湖の水源林を利用したキャンプ場のある公園。 公園案内板には、このダム湖は「水頭の池」と記載され、園内遊歩道の一角を担っている。しかし現場を訪れてみると堰体へのアプローチ路入口…

克郎池(新潟県糸魚川)

かつろういけ。 森林公園高ノ峯プラトーは、水頭ダムという小規模なダム湖の水源林を利用したキャンプ場のある公園。 ダム湖とは別に克郎池という池もあり、公園管理人がいるときは釣りができるとのこと。しかし見える魚影は鯉主体。中には錦鯉もいたけど、…

長者ヶ池(新潟県糸魚川)

糸魚川市街地を見下ろす小高い丘に立地する美山公園内にある池。 歴史がありそうな池名だが、公園造成に伴う調整池のように見える。池に関しては特に案内板などもなく、おそらくは園内にある長者ヶ原遺跡の名からとったのだろう。 公園造成の調整池には名さ…

大能谷池(新潟県上越)

アプローチ路は狭く、駐車スペースもオートバイか自転車でなければ厳しいものがあるが、まったりとしたマディーな水をたたえ、釣り意欲をそそられる池である。 と思ったら、やはり25センチ程度のブラックバスのスクールを確認。ブラックバスのスクール

犀ヶ池(新潟県上越)

さいがいけ。 上越市街地の辺縁にあり、地図上でもかなり目立つ池ということもあって、ローカルメジャーなバスポンドとして知られてきた。確かに流れ込みのワンドをいくつも持つ素晴らしい池だが、釣り攻略はボートかフローターがなければ厳しそう。 ビジタ…

狐池(新潟県妙高)

狐池。池の名前としては珍しい。 全国に20万近い池があっても、狐池はもちろん、狸池、犬池、猫池、馬池、豚池・・あまり見ない。なぜだろう・・。猫池、馬池は全国にひとつずつ存在を確認しているが、犬池、豚池はまだ見たことがない。あるのだろうか。 地…

入田ため池(新潟県柏崎)

池のキャパシティの半分をかんがい用の貯水にあて、半分は防災用に空けておく運用がなされている防災ため池。 洪水吐の越流堤にはスリットが入り、取水設備は斜樋ならぬ垂直樋? これはめずらしいタイプではないかと思う。 また右岸側にももうひとつ別の水門…

黒川第二防災調節池(新潟県長岡)

防災ダムが、市営の無料釣り場に。 釣りが楽しめる長岡市民釣り場という市の施設は、長岡ニュータウンを取り囲むように配された防災ダム群(調節地)のひとつ、黒川第二防災調節池の南岸を利用して運営されている。 そもそも立ち入ることさえ禁じられること…

十二崎池(新潟県柏崎)

じゅうにさきいけ。 もともと十二崎池という溜め池はあったようだが、受益地域の農地で水害と水不足が多発していたため、県の防災事業と、かんがい排水事業を合併し、防災機能を持った溜め池としてリニューアルされた。 いわゆる防災ため池である。堤高14.4m…

仁王谷池(新潟県柏崎)

丘陵の中へと1.5車線舗装路で2.5kmほど入り込んだ山間に、池へとつづく未舗装のアプローチ路があった。このアプローチ路入口には規制ロープを張ることができるようになっていた。 2017年、2020年のGoogle マップの航空写真では完全に水抜き状態だったが、訪…

赤岩ダム(新潟県柏崎)

柏崎市の水道水源池として古参の川内ダムと、昭和と平成に補完された谷根ダムと赤岩ダムがある。 人口規模8万人の一自治体が3つの水道専用ダムを持つことはめずらしいことだとダム案内板に記されていた。さらにこれら3ダムの集水域である米山一帯は人の生…

谷根浄水池(新潟県柏崎)

谷根ダムのすぐ下にあるクローズ型の浄水池。 水色の通気口のデザインがかわいい。 500mほど下ったところに、米山登山道の登山口である谷根口があり、駐車スペースも。そこがいっぱいの場合は、さらに500mほど下ったところにも駐車スペースがある。 米山登山…