水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

秋田県

秋田駒ヶ岳の阿弥陀池(秋田県仙北)

秋田駒ヶ岳の山池の盟主として主峰・男女岳の肩にのる。

八幡平・岩木山・秋田駒ケ岳の山池(岩手県・秋田県)

八幡平・岩木山の山池さんぽ(ver.2.1)秋田焼岳や秋田駒ヶ岳も網羅した構成に(2022) ダブル百名山という贅沢。本州最大の山岳湖沼の大伽藍 『日本百名山』に掲載されている八幡平と岩手山という二つの名山に穿たれた湖沼群。本格登山で挑む火口湖からクル…

秋田焼山の火口湖群(秋田県鹿角)

秘境湖の蟹沼とともに(2022年撮影)八幡平西方に屹立する秋田焼山(やけやま)の頂上には、とりどりの色をした火口湖群がある。湖面標高はおおよそ1,270mから1,290mまで。 乳白色、翡翠色、濃緑色。煮えたぎる池があれば静寂の池も。 火口壁の名残峠に寄り…

姿見ノ池(秋田県仙北)

秋田では屈指の人気を誇る名山・秋田駒ヶ岳の南部カルデラ底にある山池。

秋田駒ヶ岳の駒池(秋田県仙北)

狭い谷にしがみつくように駒池が。(二つの池のうち奥の方)ムーミン谷というだけあって池もどこかファンタジー? ムーミン谷の駒池 秋田駒ヶ岳の山池のひとつ。 駒ヶ岳の駒池だけに、もっと存在感のある池を思い浮かべてしまうが、この山の池の盟主は誰が見…

成瀬ダム(秋田県東成瀬)

工事中のダムなのに、流行のダムカードフォトフレームが。右下の透明アクリルで書かれたダム型式を示す「CSG」の赤い文字が凝っている。こういうディティールがマニア心をくすぐる。 サービス精神旺盛な新造大型ダム 2020年、長い紆余曲折を経て群馬県の八ッ…

竜泉ヶ原・賽の磧(秋田県東成瀬)

竜泉ヶ原 栗駒山の標高1,350m前後の山肩にある湿原。周囲長100mクラスの池が複数確認できる。中には浮島を持ったものも。 全体では50以上の池がありそう。 賽の磧(さいのせき) 標高1,190mあたり。剣峰直下にある小湿原。池塘を確認。 流末が硫黄分で白くな…

長沼と大谷地湿原の池塘群(秋田県鹿角)

八幡平の西側山腹にある長沼八幡平西側のなだらかな台地状のアスピーテ山腹に立地。 大谷地湿原にはまるでゴルフ場の池のような緑の美しい池塘が穿たれている。長沼は等高線に沿って細長い名前のとおり。南側の南側は湿原をたくわえている。 登山口は2kmほど…

沢口沼(秋田県横手)

広域農道をはさんで、日帰り温泉施設・ときめき交流センター ゆっぷるの向かい側にある溜め池。 平鹿平野を眼下に雄大な鳥海山の神々しさにしばし見とれた。 マークした場所は、日帰り温泉施設。

谷内沼(秋田県鹿角)

八幡平西側のなだらかな台地状のアスピーテ山麓に穿たれた山池。 池畔の駐車スペースは大谷地湿原、長沼方面への登山口にもなっている。池ごはんにもいい感じ。 魚種不明だが魚影あり。 八幡平アスピーテラインから分岐するアクセス路。長沼への登山口にもな…

大湯沼(秋田県仙北)

左下に見えるのが大湯沼。上は八幡平大沼。八幡平の西側山腹に立地するマッドポッドと呼ばれる泥状の温泉水がたまった池群のひとつ。紺屋地獄、大泥火山など同形態の複数の池が集積している。 後生掛温泉から後生掛自然研究路が池めぐりというか地獄めぐりの…

蟹沼(秋田県仙北)

中央やや左側の崖線下に蟹沼が見える。はるか遠方の湖面は、宝仙湖八幡平西側のなだらかな台地状のアスピーテ山腹に立地する周囲長600mほどの山池。 玉川の右岸、キャットウォーク状の踊り場段丘に立地するがアプローチ路などは不明。上の写真では蟹沼の右上…

新玉の池(秋田県男鹿)

大蛇の引越し先の池・・は、ここじゃない? 男鹿半島の根もとに鎮座する景勝地・寒風山は、江戸時代の紀行家・菅江真澄も好んで画の題材にした。 その絵には二つの池が描かれている。「新玉の池」と、鬼の隠れ里をはさんで「古玉の池」という丸い池。 伝説に…

古玉の池(秋田県男鹿)

伝説が伝える幻の山頂火口湖。池ヌシの大蛇が水がなくなって引っ越ししたという池伝説もあるロストレイクが男鹿半島(秋田)に。

丸森ため池(秋田県男鹿)

男鹿半島の野池群のひとつで、寒風山東麓の谷を堰いている。 寒風山の登山道路の入口近くにあり、道路からスイレンを浮かべた池が見える。 一ツ目潟の池マップを男鹿半島全体に拡大。下描き(ver.2.0) マークした場所は、なまはげ館の駐車場。

前森公園 じゃぶじゃぶ池(秋田県湯沢)

2015年に水抜きして工事。 駐車場。トイレあり。早朝から地元の散策者で人気。 近くに地酒の銘酒を醸す両関酒造がある。 マークした場所に駐車場、トイレ。

愛宕公園の池(秋田県湯沢)

一面に蓮が生えた公園池。 美味い地酒「福小町」を醸す木村酒造が近い。駐車場、トイレあり。 マークした場所に駐車場、トイレ。

イバラトミヨ保護池(秋田県湯沢)

おしら様の枝垂れ桜近く、秋田県天然記念物に指定されているイバラトミヨという魚を保存するための池。2000年に設置。 イバラトミヨは土地でハリザッコと呼ばれ親しまれている。キタノトミヨともいい、トミヨの中でも北日本を分布域とし、さらに「淡水型」「…

松倉ため池(秋田県羽後)

日本初の鋼製ラビリンス堰をもつ洪水吐アプローチ路入口に「松倉ダム」を案内する写真付きの道路案内板がある。一方、現地の記念碑や取水設備仕様プレートには「松倉ため池」と記されていた。 日本初となる鋼製ラビリンス堰を採用。丸島アクアシステム社製。…

赤沢堤(秋田県羽後)

ハイダムスペックの農業用ため池。2016年に水抜き。 『釣りキチ三平』の「赤沢堤の主」という巻があるが、モデルとなったのは山形県の東沢溜池で、この池ではない。 釣りキチ三平 平成版(4) (講談社漫画文庫)作者:矢口 高雄講談社Amazonbunbun.hatenablog.com

馬鞍沼(秋田県横手)

馬鞍沼という名からはいかにも池伝説がありそうな不思議な沼を想像したが、正式名称は「馬鞍沼溜池」。しかも水深5m以上の湖スペックを満たすダム湖でもあり、なんとも紛らわしい。 下流に馬鞍城跡。馬鞍というより馬蹄形の溜め池。下段に二ツ又沼があり、堰…

二ツ又沼(秋田県横手)

馬鞍沼の下段にある溜め池。洪水吐兼用竪樋を装備。さらにチャーミングな赤い三角屋根の小屋を架けていて、なかなか個性的。 下流側に馬鞍城跡。

関田円型分水工(秋田県美郷)

せきたえんけいぶんすいこう。 町はずれで見つけた円筒分水池。円筒サイフォン式の分水池は秋田県では希少。現在、県内で3基ほどしか確認されていないが、これは親子分水になっており、この池の分水先の一つにさらに円筒分水池があり二つを占める。 円筒分…

大深ダム(秋田県仙北)

ギリギリ、捉えたー!? 工事しているところ。玉川の源流域にある発電用ダム。 二年連続で熊襲撃による死者が出たため、ダムへと至る林道が入口近くで封鎖されており、2022年現在、到達が難しい。 このとき、大深ダムの改良工事の看板も出ていた。林道起点の…

長沼(秋田県横手)

「ダム便覧」には「長沼ダム」として記載。秋田県のため池データベースにも堤高16.5mの「長沼」として記載あり。しかし航空写真からは堤の状態も貯水池としての実態も分からず、ただ森に囲まれた池が確認できるのみ。 アプローチ路も不明。空撮するも湖影を…

岩城堤(秋田県羽後)

水面を揺らす巨魚を思わせる波紋巨魚の気配が濃厚に漂う。死んで浮いた巨魚の腐臭さえ、釣り意欲をそそる。ヒシモを揺らす無気味なまでにゆったりとした波紋。不意にわきあがる泡づけ。 この池では2002年の外来魚駆除活動で58センチを筆頭に2000尾のバスが捕…

鹿倉ダム(秋田県小坂)

かぐらだむ。 金属のリサイクル工場が隣接した、廃墟感の漂う防災ダム。工場側には円形の池が並ぶ。 アプローチ路は廃道に近い林道だが、下流側に立派な橋ができるまでは堰体天端は生活道になっていたという。 bunbun.hatenablog.com マークした場所はアプロ…

外の沢堤(秋田県三種)

西側にある羽根川溜池と同じく、ハイダムスペックの農業用ため池。 堤の下に湿原が広がり、池塘も二つ。 羽根川ダムの方は、へらぶな、ブラックバス、ニジマスなどが対象魚の釣りも楽しめるローカルなレジャーレイクとして愛されているが、ここ外の沢堤に訪…

松峰溜池(秋田県大館)

もとは不動池という名だったが改修で松峰溜池になったとの内容で「ダム便覧」に掲載されていたハイダムスペックの溜め池であるが、秋田県のため池データベースには松峰も不動も名が見あたらないどころか、池の所在住所でハイダムスペックの池が見つからない…

別所溜池(秋田県大館)

ハイダムスペックの溜め池。 どこか枯淡な味わいのある取水塔、堰体下にぽっかり口を開けた水路トンネルなど、なかなか見ごたえが。ダム下には水田が広がり、別所温泉も近い。