水辺遍路

訪れた全国1万ヶ所の池やダムを掲載

新玉の池(秋田県男鹿)


大蛇の引越し先の池・・は、ここじゃない?

男鹿半島の根もとに鎮座する景勝地・寒風山は、江戸時代の紀行家・菅江真澄も好んで画の題材にした。
その絵には二つの池が描かれている。「新玉の池」と、鬼の隠れ里をはさんで「古玉の池」という丸い池。
伝説によれば寒風山の火口湖「古玉ノ池」に棲んでいた大蛇が、水が涸れた古玉の池を離れ山麓にある池に移り棲んだ。これが新玉の池である。
池畔に「菅江真澄の道 新玉の池」の案内標柱が立っているが、じつはこの池は菅江が描いた新玉の池ではないそうだ。取水設備も見られ、農業用の溜め池となっている。
池畔の旧道を先に歩いて行くと奥にオリジナル新玉の池があるようなので、次回は位置の特定や空撮を試みてみたい。



堤から漏水が見られた



bunbun.hatenablog.com


マークした場所は、オリジナル新玉の池へ通じる旧道。