水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

イラスト付き

池の看板あれこれ

こんなふうになる日が・・?!池や湖といった水辺には、さまざまな看板が掲げられている。 看板は池に深く携わる人からのメッセージ。作るのも設置するのもお金もかかるし、自治体や管理者団体の同意が必要だったり、けっして安易なものではない。そう思うと…

第2袋倉ダム(千葉県鴨川)

房総半島で探検(気分?)が味わえる秘境ダム。市街池から直線距離でわずか2、3kmなのに、素掘りのトンネル、崩落した橋と多くのダムマニアや冒険愛好者たちの挑戦を受けてきた。

大瀬内ダム・かなすみダム(宮崎県木城)

国内最大級のアスファルトフェイシングダム 大瀬内ダムとかなすみダムの主堤・副堤コンビによって堰き止められた揚水式発電用の上部調整池は、山頂部をくり抜いた巨大なプール状の貯水池で、湖底全体を舗装したアスファルトフェイシングの池としては国内最大…

ぬたの池(山梨県富士川)

「池の茶屋林道」の池はどんな池? 櫛形山は油断ならない。その山腹から山麓にかけて桜池、八雲池をはじめ、気になる池が次々と現れてくる。何年もかけて攻略してきたが、地図でおさらいをしていたとき、「林道・池の茶屋線」なるものを見つけた。 池の茶屋…

燧池(愛知県田原)

【ひいちいけ / 緋血池】 兵たちの血で緋色に染まった池 渥美半島の覇権をめぐる戦国時代の決戦ゆかりの池跡。 今川家と田原城主との激戦で流された多くの血で池が緋色に赤く染まったという伝説が残る。 現在は池はなく、石灯籠ふうの道標にその名が刻まれる…

坂月第2調整池(千葉県千葉)

台地に刻まれた谷津田の地形が残る。宅地化のため調整池に改造されたものも少なくなさそうだ。 人の手で造られた池は管理しないと消失していくが、この池の近くにあった案内板には、スタジイなどの原生林を伐採し、里山に有用な照葉樹を植えて下草刈りなどの…

大芝湖(長野県南箕輪)

高級食材のキャビアの生みの親であるチョウザメ。今年、巨大チョウザメが放流された池が長野にあります。ただしオスなのでキャビアとは無縁。

るり池(福島県二本松)

池の水は18kmも離れた安達太良山から用水路で引水 二本松城跡を公園化した霞ヶ城公園内にある二段の庭園池が、霞ヶ池と、るり池。 上段にある「るり池」は江戸時代に築造された庭園池の様相を今に残しているそうだ。池の流れ込みは、ほてい滝という岩盤を流…

中禅寺ダム(栃木県日光)

広大な中禅寺湖を堰き止めている水門の様子が見てとれる。 堤高6mの中禅寺ダムは、日本で4番目に大きいダム湖? 中禅寺湖は知っていても「中禅寺ダム」を知る人はまれだろう。 中禅寺湖は自然の営みが造りだした天然湖である。成因でいえば火山性の堰き止め…

【池特集】寺社池

寺社池の魅力 土地の信仰を集めた滋味と、積み重なった歴史 寺社・仏閣の水辺ピックアップ 掲載している寺社池 寺社池の魅力 土地の信仰を集めた滋味と、積み重なった歴史 お寺や神社の多くには池がある。長い歴史とともにある霊地であるだけに、神域内の池…

霞ヶ池(福島県二本松)

年に数回、ライトアップで華やぐ池 霞ヶ城公園は二本松城を中心とした公園で、霞ヶ池と「るり池」という二つの庭園池がある。上下二段になっており、るり池から霞ヶ池へと水が下り霞ヶ滝が流入口となっている。池畔には藤棚がある。 桜の季節の4月〜5月初旬…

龍泉寺の池(福島県二本松)

二本松城跡に隣接した寺社池。 龍泉寺という名を持つ寺は池に棲む龍との因果が深く、当ブログに掲載している池でも岡山県、奈良県に八大龍王を祀った龍泉寺を紹介した。岡山県の龍泉寺は拙著『日本全国 池さんぽ』でも寺社池の項目で採り上げている。 ここ福…

大谷地沼(山形県村山)

【おおやちぬま / じゅん菜沼】 箱舟レースで池を元気に 江戸時代から天然のジュンサイが採れた沼。 現在はジュンサイの体験農場になっており、ジュンサイ収穫用の箱舟を使ったレースも開催された。 箱舟は漕ぎ棒を底に突き刺して進む方式なので、レース参加…

馬立沼(山形県村山)

村山市街を見下ろす甑岳の中腹、標高520mにひっそりとたたずむ周囲長250mほどの山池。 登山口から徒歩で往復3時間ほど。モツゴらしき日本産淡水魚の魚影を確認。 池の構造 堰き止め部? 堤の天端 天端から 吐き出し部? お立ち台 生息魚類 空から見た馬立沼…

長興山 琵琶池・放生池(神奈川県小田原)

池の奥深さを思い知らされた。 家から歩いて行ける地元で、またしても未訪の池を発見! しかも二つ、いや三つか。いやー、存在さえ知らなかった。全国1万以上の池をめぐってきても、いまだ近所に知らない池があるとは・・。 しかも小田原ではけっこう有名な…

【特集】歩いて楽しむ山池

自分の足を使ってたどり着く水辺の爽快さはひとしお。 クルマでは行けない湖沼を中心に、ハイキングを楽しめる水辺を集めてみました。

不動池(東京都神津島)

石で護岸され、竜王が祀られた島には古びた石橋がかかる。苔の群落がまるで島に向かって這い進む蛇の大群みたい 竜王が祀られたハートの形をした池 神津島にそびえるテーブルマウンテン・天上山の闊達な山頂台地に象嵌された山池のボスキャラ的存在ではある…

神津島の島池さんぽ(東京都神津島)

神津島の島池さんぽ ver2.0(2022年4月)この島の強烈な印象にハートを撃ち抜かれたのは、かなり前に新聞の「新日本百名山」を紹介した欄に大きく出ていた写真だったと思う。 巨大な切り株のような島。切り株の根の間に小さな町。こんなファンタジーのような…

阿蘇海(京都府宮津)

【あそかい / あそのうみ】天橋立の池さんぽ(ver.1.1)2016-2022 日本で二例しかない「湖沼に準ずる海面」とは? 古来から名勝として名高く、雪舟の国宝になった水墨画にも描かれた日本三景・天橋立(あまのはしだて)によって宮津湾(与謝海)から切り離さ…

くじゅう中岳 御池(大分県竹田)

まさに連山の秘宝のような立地の山池だ 日本にある「御池」でいちばん標高が高いのは? 九州で「御池」といえば霧島の懐に神話的な湖面を開陳する宮崎県の御池が観光地としても知られる有名どころであるが、ここ大分の百名山・くじゅう連山にも二つの御池が…

蛇嫁の古池(長野県上松)

鬱蒼とした森の中にたたずむ蛇嫁伝説の池 長野県上松町は新大関・御嶽海のふるさと。 ここ上松の御嶽山をのぞむ木曽駒ヶ岳に抱えられた森の中に、何とも神秘的な池があるという話を地元の方からおしえてもらった。 上松町在住でシンガハタの池と隕石湖のロマ…

上椎葉ダム(宮崎県椎葉)

【かみしいばだむ / 日向椎葉湖】 平家落人伝説と民俗学発祥の地と吉川英治 「椎葉」という名の情感、山の奥深く平家落人の隠れ里であり、「鶴富姫伝説」をはじめ民俗学の発祥の地ともされ、しかもダム湖百選ということで、ずっと行ってみたかったダム湖。 …

松山田溜池(長崎県松浦)

松浦の野池群のひとつでハイダムスペックのアースダムが堰く農業用ため池。 今治から松浦を経て田平まで、名もなき棚田の美しいエリア。 bunbun.hatenablog.com

土木遺産・産業遺産の池さんぽ

東洋のマチュピチュと鉱山廃墟跡の道の駅にはさまれた鹿森ダム(愛媛) 水辺を支える叡智と土木技術。 日本の池・湖沼の99パーセント以上(※水辺遍路試算)は人の手が生みだしたというと驚かれるだろうか。 わずか1パーセントに満たない天然湖沼でさえも、そ…

七尾の野池群(石川県)

能登半島を、小さな魚をそっと包み込む手の形とみれば、掌にあたるところが七尾市になる。親指の崎山半島、小魚にあたる能登島も七尾に属する。 無料の能登自動車道が通じたことでアクセス性も抜群となり、能登半島でもっとも定番の観光地といえよう。 拠点…

仙巌園 濾過池(鹿児島県鹿児島)

その外観からは池とは気づかないだろう。 薩摩藩主・島津家の邸宅庭園である仙巌園(通称 磯庭園)内の高い場所に置かれた池で、水源の千尋巌あたりから石製の水道管を引いて、砂利によって濾過し、園内各所に使われる水として供給。 ほかに園内には高枡とい…

花牟礼池(鹿児島県肝付)

池畔に立つ「田の神」のほんとうの姿とは 江戸時代初期に築造された農業用ため池。 集水面積が少なかったため、明治以降、導水路を造る試みがなされたが難工事となり中断していたが、昭和後期の県営事業として七年の工事を経てやっと完成をみた。 堤の上から…

三谷池(岡山県瀬戸内)

自動転倒ゲート(水色の機械)を実装岡山ブルーラインを走っていて目に止まり、立ち寄ってみた池畔に地蔵菩薩のある溜め池。洪水吐にはなかなかマニアックな自動転倒式ゲートを備えていた。ため池にも防災機能を担わせようという流域治水の先取り? というわ…

鏡ヶ池(福島県新地)

子眉嶺神社(こびみねじんじゃ)境内にある霊池。 同神社に祀られている神様はなんと馬! 馬を祀った神社は日本唯一だとか。もっとも馬そのものが神様になったわけではなく、祀られているのは馬と密通した姫が産んだ馬顔の男だったとか、馬のように荒々しく…

土管川・寺ん川(東京都神津島)

島で最初の貯水池「土管川」 伊豆諸島への水配り神話の中心地、神津島。 神々が集まる島として、昔は「神集島」とも書いたそうだ。さすが水配りの島だけあって、天上山が巨大な水がめとなって豊富な地下水を擁する。 とはいっても上水道が整備されるまでは、…