水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,500湖

矢折上池・矢折下池(兵庫県淡路)

淡路島の淡路市エリアの野池。 堰体には消波コンクリートブロックは用いられていないが、洪水吐部分はコンクリート。 土の堰体は満載喫水線のすぐ下あたりが浸食されているようにも見える。矢折下池

里池(兵庫県洲本)

淡路島の洲本野池群のひとつ。 池はまわりの農地より低く掘り込まれ、堰体部をのぞく岸の多くはコンクリートブロックの垂直護岸。 おもしろいことに、コンクリート護岸は一定間隔で途切れて、壱岐島で見たような横長の石積み護岸になっている。予算不足でそ…

太郎池(兵庫県洲本)

改修が終わり水が張られた太郎池南淡路エリアに次郎池があるが、そういえば太郎はいずこにと思っていたら、ちょっと離れた洲本エリアにあった。 太郎池。ありそうで意外にない名である。 2017年、改修工事で完全水抜きとなった。池の周囲の道は狭く、抜け道…

大門池(兵庫県南あわじ)

淡路島の南あわじ野池群のひとつ。 アプローチ路はうずしおラインという快適な二車線道路沿いに堰体入口があるので池へのアプローチはきわめてたやすい。 一方、堰体は前法面、後法面ともに急角度。後法面の基部はコンクリートで補強されている。 釣り禁止。…

神長池(兵庫県南あわじ)

淡路島の南あわじ野池群のひとつ。 アプローチ路はうずしおラインという快適な二車線道路で池を眺めるのはたやすいが、岸は木々のオーバーハングで取り囲まれ、堰体も草ぼうぼう。池頭側から堰体方向を見おろすと南あわじエリアの山なみもあいまってプリミテ…

若ノ谷池(兵庫県南あわじ)

淡路島の南あわじ野池群のひとつ。 兵庫県知事から優良ため池として表彰されたというが、堰体に草が茂り、どこかしら暗い感じのする池である。 枡形のダム穴タイプの洪水吐が池の規模に対して巨大で凄みを添えている。大雨などでこの穴にごぼごぼと水が流れ…

門野田貯水池(長崎県壱岐)

かのんだちょすいち。 メジロの里「壱岐やぶ椿の森」として地図に載っているものの、なぜか池としては地図に記されていない。 この池を堰くのは立派な重力式コンクリートダムではあるが、その堤高は14.1m、ハイダムスペックには、わずか90センチ足りない。そ…

うらら湖(北海道浦河)

競走馬を育成する牧場銀座の浦河。初夏など一日中、霧に包まれる日も多い土地柄でもある。 浦河ダムはすぐ直下から牧場がつづく。農地といっても牧場なので灌漑の必要性はないらしく、ダムの主機能は洪水調節だ。 ダムサイトに駐車場二ヶ所と案内板あり。管…

道の駅のある水辺

群馬県沼田にある道の駅・白沢は、河岸段丘のへりというダイナミックな立地に。段丘下には平出ダムがある。全国で1000を越えた道の駅は、まだまだ新しい施設が全国各地で増えている。日帰り温泉を備える道の駅は車中泊拠点としても人気が高く、最近では水辺…

広見川(愛媛県鬼北)

市越池の項で鬼北町にある道の駅と海洋堂が手がけた鬼の像を紹介したが、その流れでもうひとつ。どうしても行ってみたかった道の駅がここ日吉夢産地。テレビで見て、そのまばゆい鬼子母神像に会ってみたくなった。 男鬼のいる道の駅から広見川に沿って延々と…

市越池(愛媛県鬼北)

公園遊歩道の吊り橋や、池畔のあずまやなどが用意されており、公園要素として取り込まれている鬼北総合公園に隣接し、借景要素以上の役割を与えられている野池。池のインレット側には公園遊歩道の吊り橋がかかり、池畔広場にあずまややベンチもある。池を見…

めじかの里土佐清水の池(仮称)(高知県土佐清水)

「めじか」という言葉には、私にとって甘美な響きがある。高知を離れてから三十年ほどはその名を見ることはほとんどなかったが、最近、高知西部では積極的にメジカを売り出し、ついに道の駅の名前にもなっていた。なんのことはない、ソウダカツオのことであ…

住吉池(高知県高知)

【すみよしいけ。高知池公園】2019年秋の住吉池。手前の釣り台が水草で埋もれている。夏の豪雨で高知市は水害に見舞われた。 その名もザ・高知の「池公園」 高知県で初めてブラックバスが入ったといわれる石土池と1kmの水路で通水するのが住吉池。 石土池は…

波介川(高知県土佐)

はげがわ。 心のふるさとのような小河川。 四万十川以上ともいわれる清流として名高い仁淀川に海ぎわで合流する小河川で、のどかな雰囲気は子どものころ見たような郷愁を呼び起こさせる。 そんな小さな川の休日の顔は、全国各地のバスアングラーから熱い視線…

大峰池ダム(高知県土佐清水)

堤高25mのアースダムということであったが、堰体下にある採石場のような民間施設がアプローチ路にロープを張って立ちはだかっており、池を目前にしながら堰体をただ見上げるのみ。 ただロープをまたげば堰体上には上がれるが、施設を抜けなければならないの…

いもり堀(石川県金沢)

有名な兼六園と隣あうかたちで金沢城趾が金沢城公園として整備・開放されている。 洗練された文化都市の薫りが、いもり堀を包む。これほど整然と手入れの行き届いたお堀と石垣のコラボはなかなかお目にかかれない。江戸時代には「いもり堀」の名が文献に出て…

大手堀(石川県金沢)

有名な兼六園と隣あうかたちで金沢城趾が金沢城公園として整備・開放されている。 城趾の外堀としてオフィス街と接するかっこうになっている大手堀は、石垣の積み方も野趣があり、いもり堀の瀟洒な洗練とはガラリと異なるたたずまいを見せる。 堀の水面に覆…

津幡池(石川県津幡)

つばたいけ。 犬の置物を町のあちこちで見ることができるという津幡町は、不動ヶ池をはじめとしてお不動様の信仰が厚い地域。 町の名前が冠せられている津幡池にも、犬の姿となって池の決壊リスクを教えてくれた不動明王の昭和伝説が残っている。 石川県民の…

奇岩遊仙郷の蓮池(石川県小松)

奇岩との取り合わせの見事さでは、日本屈指の池 岩屋の疑似「胎内くぐり」で、まっさらな自分に生まれ変わる。 奈良時代、霊峰白山で悟りを開いたお坊さんが、この地に岩窟を見いだし観音さまを据えた。 これが開基となり岩屋寺として時代とともに信仰を集め…

不動ヶ池(石川県津幡)

ふどうがいけ。らせん階段を下った底に不動ヶ池があった埴生大池の水源近くにある不動寺と古戦場の倶利伽羅峠。 火牛の計で有名な古戦場で、そこかしこに歴史ゆかりの案内板や寺社がたたずむ。 不動ヶ池は不動寺の敷地内、現在は駐車場の隣だが高低差があり…

埴生大池(富山県小矢部)

【はにゅうおおいけ。埴生大堤、埴生の大池、おまん池】 龍の避難所だった霊池は、小豆娘の人柱伝説も。 現地の記念碑によれば、この池の歴史として8世紀にはすでに聖なる霊池として、通りがかる人の信仰を集めていたというから、じつに古い池である。もと…

濁り池(富山県小矢部)

埴生大池の堰体右岸側から250m南東の谷部にあったと思われる古い池であるが、現在は消失しロストレイクとなっている。 龍伝説が言い伝えられており、この池の水が少なくなると池に棲む龍が埴生大池の方に一時避難したため、池の水が大きく濁ったことが名の由…

古茂池(兵庫県洲本)

淡路島の洲本野池群のひとつ。 住宅地が隣接しフェンスで囲まれている。秋深まる季節だというのに、アオコが水面を覆っていた。池の上側にまで広がった宅地の生活排水が何らかの影響を及ぼしているのだろうか。

神ノ池(兵庫県洲本)

淡路島の洲本野池群のひとつ。 池の下に神社とお寺があり、池名と関係しているかもしれない。ただ荒れていてちょっと近づきにくい。

箱毛池(兵庫県洲本)

はこげいけ。 淡路島の洲本野池群のひとつ。 鴨根池とは中堤を介して左右に隣合うが、古びた農業用ため池の鴨根池に対して、こちら箱毛池はコンクリートガチガチの調整池の風貌で、とても隣合う池とは思えない。 取水ゲート操作用のハンドルも見られ、管理者…

鴨根池(兵庫県洲本)

淡路島の洲本野池群のひとつ。 鴨根池は農業用の二段のかさね池で上段は岡谷池という。 この池が興味深いのは、上下のみならず、左右も中堤で区切られていること。上下、左右に二段の池なのである。 堰体および取水設備は老朽化している。旧タイプかつ簡易的…

菰池(兵庫県洲本)

淡路島の洲本野池群のひとつ。 四段のかさね池の最上段で、池畔には大きな工場があって、従業員さんが煙草を吸いながら池を眺めて休憩していた。 ある理由があってじっくり池を眺めたいところだったが、工員さんにかなり怪訝な顔をされたので、写真をぱっと…

篭池・中池(兵庫県洲本)

四段の池の下二段が、篭池と中池。 周辺は工場と宅地。管理があまり行き届いていないのか、堰体は草ぼうぼう。しかし水はしっかり溜まっていた。

皿池(兵庫県洲本)

最近、堰体の改修工事が完了したらしく、護岸ブロックはまっさらな白さ。 取水用の斜樋操作ハンドルは、ぴかぴかの三系統。水色のハンドルがぱりっとしている。 これだけのリニューアル工事であれば、と思ったら、確かに2019年のGoogleマップの航空写真では…

淡路島ふれあい公園のジャブジャブ池(兵庫県南あわじ)

淡路島ふれあい公園前にある野池淡路島ふれあい公園の園内には、じゃぶじゃぶ池あり。 ポンプで水を循環させている。 公園のアプローチ入口前には水上ゴルフ場に利用されている野池があった。 淡路島ふれあい公園のジャブジャブ池 駐車場と案内板 淡路島の野…