水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

池田湖(鹿児島県指宿)

開門岳(左上)と池田湖。左下はマールの鰻池、右下の円形の農地は「池底」と呼ばれるマール(2022年撮影) 日本では5湖しかない水深200m超の湖沼 周囲16km、水深233mの九州最大のカルデラ湖。 日本本土の南端近い立地と百名山・開聞岳を従えた絶景を誇り、…

荒池・大堤池・細口池(愛知県名古屋)

昭和フルボディな健康ランドでエアー池浴も復活 都市部にありながら周囲をすっぽりと木々に囲まれた荒池は、いかにも魚が釣れそうな雰囲気が漂う野池。初夏の風が吹くようになるとヒシモがびっしり生えて釣りがしにくくなるそうだ。2000年ごろまではライギョ…

油ヶ淵(愛知県碧南)

【あぶらがふち】 「愛知県唯一の天然湖沼」はホント? 油ヶ淵を調べるとウィキペディアや愛知県オフィシャルサイトをはじめ、「愛知県唯一の天然湖沼」との枕ことばで説明されるのがほとんど。3千3百余もの池をもつ愛知県であるが、油ヶ淵以外のぜんぶが…

前山ダム(愛知県常滑)

【まえやまだむ / 前山池】湖岸がカワウの巣窟になりつつあった(2024年2月) 愛知県で最大の堤高を持つ溜め池 ため池として堤高18.4mは愛知県の出しているため池ランキングでナンバーワン。貯水量もナンバーワン。 しかし堰体スペックからする「ダム」に分…

長成池(愛知県武豊)

【ながなりいけ / 長成池公園】 親水公園化され好環境の野釣り場だったが釣り禁止に 堰堤側ではへらぶな釣り師が竿を並べ、ウッドデッキ側では乱杭をポイントにバサーがロッドを振る。 駐車場、トイレもあり、池の周囲も歩きやすい好環境な池として人気の野…

引佐の天池(静岡県浜松)

いなさのあまいけ。 引佐総合公園が隣接した野池で、2010年ごろまでは浜松のへらぶな釣り師が回遊する池のひとつだった。池岸には遊歩道やデッキ、あずまやが設けられ、ところどころに入釣ポイントが。2024年2月に再訪したところなお2024年時点のGoogleマッ…

浜岡砂丘 ひょうたん池(静岡県御前崎)

浜岡砂丘白砂公園内にある細長い池。砂丘のくびれにできた砂丘湖か。 道の駅 風のマルシェ御前崎と浜岡原発が近い。 風力発電と浜岡原発 道の駅 ワンカップの地酒 マークした場所は道の駅 風のマルシェ御前崎。

鎌投溜池(長崎県佐世保)

佐世保の溜め池群のひとつ。堤高16.9mのハイダムスペックの溜め池。 立入禁止、釣り禁止。 下流側には、つづらダムがある。 下流側の駐車場とトイレ bunbun.hatenablog.com マークした場所はトイレ付き駐車場。

高峰溜池(長崎県佐世保)

佐世保の溜め池群のひとつ。堤高15.8mのハイダムスペックの溜め池。

伊八2号ため池(鹿児島県喜界島)

喜界島の溜め池のひとつ。 島中央部の丘陵中腹に立地し保食神社が隣接。北側の溜め池にも保食神社がある。池頭に保食神社を置くのが喜界島のならわし? この池の近くには小さな用水池と思われる「ウム用」なる池も。「ウム」?

長万寺池(岡山県美咲)

何を釣っているのだろう。釣り人の姿が。開放感のある景観を持つ溜め池。釣り人の姿もあったがターゲット魚種は不明。短竿の簡易的な仕掛けだった。 池の構造はちょっと変わっていて、ダブル堰体のようにも見える。

平和創造の森公園の池(沖縄県糸満)

公園内にありながらシンプルな自然護岸の池で、雨の日に訪れたところ岸もやや水没ぎみ。なんともワイルドな公園池である。 駐車場・トイレ マークした場所は駐車場。

佐鳴湖(静岡県浜松)

【さなるこ / 猿投の浦(さなげのうら)、左奈池(さなのいけ)、佐鳴ケ浦、入野池】 汚染ワースト湖から愛される水辺へと再生 周囲およそ6kmの天然の海跡湖であるが最大水深は2.5mしかない。流入および流出河川の新川は浜名湖へと注ぎ込む。浜名湖に混じる…

本明川ダム(長崎県諫早)

防災が主目的の国営ダム(国交省直轄ダム)。 訪問した2023年末には建設中で、状況がよく見えなかったため空撮を行った。

柳川城の堀割(福岡県柳川)

クリークがめぐらされた水の城都 柳川は有明海に面した低地に「クリーク」と呼ばれる農業用水路が網の目のように張り巡らされた独特の景観をもつ地域。 それは農地ばかりでなく市街地もしかりで、町の中心にある柳川城は、凡将が籠城しても1年、名将なら3年…

浜名湖(静岡県浜松)

【はまなこ / 遠淡海(とおつおうみ)】 日本10位の広さを持つ東西交通の要衝の湖 周囲長100km越えのスケールで大きさは国内10位。海と繋がっており潮汐の影響を受ける汽水湖。最大水深は湖奥部で13〜16m。古くは「遠淡海(とおつおうみ)」と呼ばれた。 湖…

白土湖(長崎県島原)

しらちこ。 長崎県で唯一の天然湖は、大災害で生まれた日本一小さい「湖」 白土湖は、江戸時代後期、1万5千人もの犠牲者を出し日本史上最悪の噴火・地震災害となった「島原大変肥後迷惑」の際に、地下水が噴き出して町なかに生まれた比較的若い天然湖沼。 最…

沖泊(鹿児島県喜界島)

奄美群島のひとつ喜界島には空港横に「タイドプール」タイプの池状の入り江であるスギラビーチがあるが、島の対角線上に立地する「平家上陸之地」の入り江も地形的に気になったので立ち寄ってみた。 「沖名泊(ウチナードゥマイ)」や「沖泊(おきどまり)」…

橘堰(千葉県香取)

里池を中心に、キャンプ場も備えた公園 2012年に初めて訪れたころは、溜め池を利用した里山公園の先駆けとして感動した。また、ヘラブナ、ブラックバスの釣り場としてもそこそこ知られた存在だった。 池の周囲はほぼすべて釣り歩き可能。ボートスロープまで…

道の駅くりもと ザリガニ池(千葉県香取)

谷戸を見おろす台地に造成された道の駅くりもとの敷地内に、ザリガニ、鯉、ニジマスの三つの釣り池がある。池は昔の釣り堀によくあるコンクリート箱池の形態。 bunbun.hatenablog.com

釣パラダイス(千葉県山武)

トラウト、へら、バスと魚種豊富な管理釣り場だったが、2024年の再訪時にはブラックバス、トラウト、コイ、ヘラブナ、タナゴの5種類の釣り池へと細分化されパワーアップ。 上の写真は2024年、下は2013年。

道ノ口沼(千葉県八日市場)

どうのくちぬま。 県道の交差点脇にあり、アクセスしやすい。 全体的に釣り堀のような雰囲気の池だが、その分、竿は出しやすく、年間を通じて釣れる。北側が好スポット。 北側には駐車スペース3台ほど、その他、西側の細い道を進んだ先にも5台ほどの駐車ス…

小川原湖(青森県三沢)

【おがわらこ / 宝湖】 日本で唯一「住所」を持つ天然湖沼 2018年2月にアメリカ空軍機のタンク投棄で全国にニュースでその名が広まった小川原湖。じつは全国11位の大きさを誇り、青森県では西の十三湖、南の十和田湖と並ぶ横綱的存在の湖沼。 不思議な話、日…

谷地頭池(青森県三沢)

道の駅みさわの敷地内にある池。 馬の銅像が池畔の芝生でたわむれている。「癖ありオブジェのある池」とまではいかないが、馬の銅像がある池はけっこうレアかも。 池は玉石護岸で底までコンクリートで固められているようだが、一部、泥が堆積したところにヨ…

仏沼(三角池・平成池)(青森県三沢)

ほとけぬま。 オオセッカ世界最大の繁殖地というロストレイク もともと海跡湖だったが、干拓と野焼きによって人工的な湿地に。 ラムサール条約登録湿地および日本の重要湿地500に認定され、オオセッカという珍鳥の世界最大の繁殖地(といっても日本と中国に…

土畑鉱滓ダム(仮称)(岩手県西和賀)

Googleアース(2024)より。右側には「シックナー」と思われる円形の池も見える 地図には名前のない大型ダム ライトアップが美しい湯田貯砂ダムがある湯田ダム湖の奥に、もうひとつの大型ダムがあるのを航空写真で発見した。地図上での計測では堤高は55mほど…

米須地下ダム(沖縄県糸満)

スポンジ状の地下土壌に水を蓄える地下ダム 沖縄南部や南西諸島、奄美群島などでは水を通しやすい琉球石灰岩の土壌のため地表に貯水池を作ることが難しく、農業用水の確保のため地下にダムを建設する工法がしばしば採用されている。 この池は地下ダム湖のほ…

川口自然公園の池(埼玉県川口)

2024年2月撮影 都市の公園池でタナゴ釣り 都市部に接しながら洪水調節の目的のために広大な自然が保全されている見沼の周辺には、衛星のように良質な公園が点在しており、川口自然公園もそのひとつ。 公園全体がぐるりと水路に囲まれており、橋を渡らないと…

涸沼(茨城県大洗)

ひぬま。涸沼自然公園。 湖周22kmの広大な汽水湖。起源は土砂による入り江の陸封とされる。 湖畔には、涸沼自然公園をはじめとし、いくつかの公園とキャンプ場、船着き場(舟宿)がある。 特産はシジミ。湖周にそっていくつかの直売店も見られる。 汽水湖と…

大洗・那珂湊の海岸(茨城県大洗)

「日本の重要湿地500」に選定 「大洗・那珂湊の海岸」という漠然としたタイトルだが、「藻場」というカテゴリで「日本の重要湿地500」に選定されている。選定理由はエビアマモ、ホンダワラなどの海草・海藻生息地として。 見どころが分かりにくく訪問者の胆…