水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,300湖

道の駅・三木の調整池(兵庫県三木)

f:id:cippillo:20190702135439j:plain
一見、ただの駐車場にしか見えない場所だが。

道の駅・三木は神田(かんでん)の野池めぐり、あるいは東播(とうばん)の野池群のランガン拠点としてよくお世話になっている。
国道から道の駅に入る際に、大きく臨時駐車場を捲くようにアプローチ道がカーブしている。
通るたびにこの臨時駐車場が気になっていた。枡のようにコンクリートで掘り込まれた構造。民間設置型の洪水調整池である。
よく見ると駐車場奥に水面も見える。駐車場よりさらに一段低く掘り込まれた湛水ゾーン。右手にはかなり立派な洪水吐も。その左手で水面に足を浸している箱形の構造物らしきものは、調整池のシンボル「オリフィス」であろうか。

f:id:cippillo:20190703081857j:plain
駐車場の奥側に池の様相を持った湛水ゾーンが見える。


f:id:cippillo:20190703000319j:plain
ランガンの手軽な相棒といえば自転車。最近はもっぱら折りたたみ自転車だが、35年以上前、初めてのランガン(?)チャリはミヤタ社製スーパーサリーだった。