水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

郡上八幡城「首洗い井戸跡」(岐阜県郡上)

名水の城下町である郡上八幡の城山の中腹にある駐車場。この駐車場がある場所がもともとは薄暗く気味の悪い湿地帯で、一角には首洗いの井戸が埋められていたという。
以下、現地の案内板より。

首洗い井戸跡
この一帯は駐車場として利用されるまで、杉や雑木の生い茂った湿地帯で、案内板の立つほとりに一基の浅井戸が潰されていた。井戸のまわりには暮蛙が群棲し、昼も薄暗い陰惨な場所であった。
今は埋立てられて跡かたもないが、その昔はこの浅井戸は「首洗いの井戸」と言い継がれ、慶長の合戦に際して討ち取られた寄せ手の名のある武士の血や泥で汚れた首が洗い浄められ、首実検に供されたという。





マークした場所は、首洗い井戸跡の駐車場。