水辺遍路

実際に行った池やダム 9,550ヶ所を掲載

井筒池(滋賀県長浜)

f:id:cippillo:20200526182657j:plain
まだ調査途上。下書き段階ですが小谷城の城池マップ

地形がすごすぎる人気の山城

魅力的な山城である。鋭い尾根に曲輪が何段にも連なっている。麓には資料館、ガイド館の二ヶ所に駐車場があり、徒歩であればいずれからも山城攻略ができる。
案内板によれば、井筒池は山頂に向かってまっすぐのびる清水谷にあるようだ。

f:id:cippillo:20200526173200j:plain
小谷山の山頂に向かう清水谷。谷の右裾のどこかに井筒池があるはずなのだが


 

清水谷川に沿って水源をたどる

井筒池を溜め池と仮定し、それなら清水谷川をたどっていけばどこかで池の取水口に出会うはず。
資料館から徒歩で行く。ゲートがあるが、害獣除けのためのものなので手で開けて進むことができる。
清水谷は小谷城のいわばメインストリートで屋敷跡地が両側にあったとのことで案内看板が各所に。

f:id:cippillo:20200526174643j:plain

f:id:cippillo:20200526174632j:plainf:id:cippillo:20200526174616j:plainf:id:cippillo:20200526174602j:plain



 

ところどころに取水設備が

清水谷川沿いには、ところどころに取水設備があった。
筋としては良さそうな感じだ。

f:id:cippillo:20200526174532j:plain
f:id:cippillo:20200526174517j:plain


 

最後の取水設備

道沿いにつづいていた水路が、山の方にぐっと曲がった。
少し立派な取水設備。
ここが伏流水の湧水ポイントなのか、それとも導水トンネルの出口なのか定かではないが、ここから先に水路はない。
注意看板の設置者は湖北土地改良区。農業用設備であることは間違いなさそうだが、井筒池は溜め池ではないのか?

f:id:cippillo:20200526174547j:plain


 

空撮で確認

空から井筒池を探してみる。
しかし、きらめく水面は確認できず。
あとになってから、消失した可能性もあるとの記述を見つけた。
「井筒という泉」には美女伝説もあるが、井筒池との関係は分からない。

f:id:cippillo:20200526173125j:plainf:id:cippillo:20200526173147j:plain



 

馬洗池と刀洗池・・小谷城の城池

馬洗池が本丸下に、刀洗池が本丸上にあるようだが、こちらも未確認。
刀洗池はすでに水は枯れて石碑だけが残っているようだ。

f:id:cippillo:20200526174750j:plain


f:id:cippillo:20200526174507j:plainf:id:cippillo:20200526174454j:plain
追手道


 

戦国歴史資料館と駐車場

城ブームということもあって、平日なのに他県ナンバーの中高年夫婦が多い多い。
こちらのナンバーを見て話しかけてきた夫婦は、なんとうちのご近所さんだった。

f:id:cippillo:20200526174740j:plain

f:id:cippillo:20200526174729j:plain
駐車場


f:id:cippillo:20200526174707j:plain


 

小谷城の尾根を俯瞰

f:id:cippillo:20200526173119j:plain
尾根の上に何段にも連なる曲輪跡。頂上近くの曲輪に女性が立っている


f:id:cippillo:20200526173205j:plain
この稜線ラインのどこかに馬洗池が


f:id:cippillo:20200526173101j:plain
琵琶湖方面


 

小説の舞台にしたい山城トップ3の池

小説の舞台にしたい池トップ3が示されていたが、いずれも記憶に残る良い池があった山城だった。

1位 小谷城(ココ)
2位 高天神城(静岡県)

bunbun.hatenablog.com

3位 春日山城(新潟県)

bunbun.hatenablog.com


[f:id:cippillo:20200526174657j:plain


 

Google マップ

マークした場所に駐車場。