水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,150湖

鎌北湖(埼玉県毛呂山)

【かまきたこ。山根溜池】

f:id:cippillo:20200503225620j:plain
2020年、水抜きされた鎌北湖の取水設備

有名釣り場だが、ダムスペックを満たす農業用ため池

昭和時代に竣工した山根溜池というダムスペックを満たす農業用ため池であるが、山と林に囲まれた埼玉屈指のヘラブナ有料釣り場として湖面利用されている。
海なし県の埼玉では昔からヘラブナ釣りがゴルフと並ぶ人気レジャーで、農業用ため池が管理釣り場や会員専用の釣り場として占有的に湖面利用されているところも少なくない。
同様の形態で「〜湖」という観光用ネーミングをもつ池は、鎌北湖から10km圏内に宮沢湖、みのわだ湖がある。(宮沢湖はヘラブナ釣り場は閉園し、現在はムーミンパークになっている)


耐震工事で22年ぶりに鎌北湖の水を抜いた結果…


 

堰体工事でヘラブナを救出。

堰体の耐震化工事に向けて池の水が抜かれることになり、2019年秋から釣り場管理をしている任意団体が無料開放期間を設けて異例のヘラブナの救出作戦が行われた。
なんと救出したヘラブナは東海地方の老舗管理釣り場「ひだ池」に移送されたとのこと。埼玉でなく、なぜ岐阜まで? と驚いたが、池に水がもどってきたあかつきには、フナたちは戻される。
冒頭の写真は埼玉在住の長距離ランナーの弟が送ってくれた。(2020年5月現在)
取水用の斜樋は急傾斜で奈落のような底に落ち込んでいて、スリリングな湖岸形状。満水になると穏やかな表情の池だが、水面下はこんなすごいことになっていたとは!
特に桜の季節はぜひ訪れたい釣り場。岸には釣り台がめぐらされているが、頭上に木々があるので長尺の竿はコントロールがテクニカル。
食事施設、釣り用品店はあるが、近辺には店や遊び場はない。
入漁料必要(下の写真は2013年のもの)。



bunbun.hatenablog.com