水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

えびの子水苑(長野県塩尻)


子どもは釣りOK、大人は釣り禁止という変わり種

セイコーエプソンの巨大工場に東面と南面を囲まれながら、名水と文学の薫りがする不思議な水辺空間が「えびの子水苑」。
長野の野池には文学的な凝ったネーミングのものが少なくないが、ここもそう。しかも野池は釣り禁止措置が優勢な長野にあって、この町池では子どもは釣りをしてもいいという看板があって驚いた。しかも「大人は釣り禁止」とハッキリ(笑)
全国的に見れば逆の流れが圧倒的なだけに、意欲的な試みだと思った。ふつうに考えれば安全対策など条件は厳しいはずだが、子どもへの教育を含め地域住民の理解と総意が後押ししているのだろう。
とても愉快な気分で池を後に。じつはこの池の北1.5kmのところには、もう四半世紀は通っているだろうかという健康ランドがある。新婚旅行からして健康ランド泊を重ねた筋金入りの妻にとっても大のお気に入りの場所で、この日は誕生日だったこともあり深夜に木曽街道を北上して走ってやって来たのだった。



駐車場



近くの健康ランドは長年のお気に入り。地酒は「夜明け前」。木曽を舞台にした島崎藤村の文学作品のタイトルから。

bunbun.hatenablog.com



マークした場所は駐車場。トイレあり。