水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,950湖

北海道

キモントウ沼(北海道大樹)

きもんとうぬま。大樹キモントウ沼。 大樹漁協組合員によって6月末から7月末ごろまでジュンサイの収穫が行われる。地元の新聞によると収穫されたジュンサイは青森県内で加工されたのち、関西方面に出荷されるとのこと。 沼は湿原の中にあり、ナウマン国道…

トキト沼(北海道苫小牧)

企業の管理下にあるようで立入禁止とのこと。 苫小牧の野池群の情報は次のサイトがくわしい。>苫小牧の沼を見てみたい

ワカサギ沼(北海道苫小牧)

写真手前側がワカサギ沼。奥はタネト沼。 ワカサギ沼はゴルフ場の駐車場から見えるが、ゴルフ場敷地内の池となる。 苫小牧の野池群の情報は次のサイトがくわしい。>苫小牧の沼を見てみたい

タネト沼(北海道苫小牧)

写真の奥側がタネト沼。 アプローチルートが立入禁止になっていた。 苫小牧の野池群の情報は次のサイトがくわしい。>苫小牧の沼を見てみたい

樽前大沼(北海道苫小牧)

池へアプローチするには樽前山観音先のクルマ止めから先を徒歩で入っていくようしかないようである。 苫小牧の野池群については次のサイトがくわしい。>苫小牧の沼を見てみたい

ポロト湖(北海道白老)

ぽろとこ。 アイヌ語の「ポロ」は「大きい」、「ト」は「沼」。大きい沼といっても周囲4kmの湖は北海道スケールでいえばふつうで、正確にいえばこの湖は河川に区分される。西隣にポント湖(小さい沼)があるので比較対照的に大きい沼と呼んだのだろう。 湖の…

然別湖(北海道鹿追)

しかりべつこ。 然別湖の誕生はカルデラ湖とも火山性の堰止湖ともいわれ、いずれにしても太古からの天然湖である。この湖が位置する標高810mは、北海道の湖沼としてはもっとも高い。地図上では上流に糠平ダムがあるように見えるが、この二つの湖は幌鹿峠で峻…

屈足湖(北海道新得)

くったりこ。屈足ダム。 左岸側のカムイロキと古くから呼ばれた崖の壁が印象的な湖である。かたや右岸側は平地の様相。平地ダムと山岳ダムの様相が右と左で明瞭に分かたれている。 釣りはトラウト系が手堅いフィールドながら、上流の十勝ダムは入漁料が必要…

生花苗沼(北海道大樹)

おいかまないぬま。 冬以外はタンチョウも家族で居着いているほどの野鳥の楽園。 釣りは冬期のワカサギ。シジミの採取は禁止。 駐車場、野鳥観察小屋あり。駐車場から野鳥観察小屋までは徒歩200m。 <施設・設備> 駐車場、観察小屋 マークした場所に駐車場

ホロカヤントウ(北海道大樹)

ほろかやんとう。 ワカサギ釣りで人気のホロカヤントウ。 晩成温泉が近くにある。 と、この抜きつ抜かれつのバトルは延々五十キロにわたってくりひろげられ、まこと、馬鹿まるだし。RV車をやりすごそうと、二股の道で脇道を選んで入った。道端でやっと休憩。…

湧洞沼(北海道豊頃)

ゆうどうぬま。 この沼には主の話が残されている。 沼の上流側にアイヌ集落があったころ、渇水に見舞われた。村人たちが沼まで水を汲みにいこうとしたところ、渇水だというのに川が逆流するほどに沼の水があふれている。不審に思い、沼が海に注ぎ込む場所に…

阿寒湖(北海道釧路)

あかんこ。 国の天然記念物のまりもで、あまりにも有名な湖。私が本州の小学生のころ、まりもを飼育するのがブームになった記憶がある。以来、北海道といえば、阿寒湖。名前もいい。あかんこ。 釣りは観光地ながらイトウまで放流されており、アメマス、レイ…

パンケトー(北海道釧路)

ぱんけとう。 ペンケトーとパンケトーの組み合わせは、道北のサロベツ原野にもある。 そちらは区別のためか、ペンケ沼(ぺんけぬま)、パンケ沼(ぱんけぬま)と表記表音するようだが、アイヌ語読みとしては「ペンケトー」「パンケトー」で同じである。 国道…

ペンケトー(北海道釧路)

ぺんけとー。 国道沿いの展望スポット、双湖台から見ることができる。ちょうど雄阿寒岳を取り囲むようにペンケトーからパンケトーを経て阿寒湖に流れ下った水は阿寒川として釧路湾へと注ぐのである。写真は双湖台ではなく、双岳台から。

トーサムポロ沼(北海道根室)

とーさむぽろぬま。 そこに降り立つだけで、ここが極東であることを感じずにはいられない迫力に満ちた周囲3kmの沼。海跡湖として生まれた汽水湖で、アサリの好漁場である。ただし漁業権が設定されており、一般のアサリの採取は禁じられている。 沼の海への…

南丘貯水池(北海道和寒)

みなみおかちょすいち。南丘森林公園。 森林公園としてゆるく整備されており、一周約4kmの遊歩道、キャンプ場がある。 釣りの対象魚は、へらぶな、コイ、ニジマス。おかっぱりは南岸側が足場がよい。 カヌー(カヤック)は管理棟への申請が必要。レンタルカ…

中和貯水池(北海道和寒)

ちゅうわちょすいち。中和ダム。 釣り禁止・立入禁止。湖面凍結のため現地確認はせず、道道からの撮影のみ。 隣の南丘貯水池とを結ぶ川

桜岡下の沼(仮称)(北海道剣淵)

通りがかりに見つけ、何となく魅力を感じて停車。 ちょっと竿を出してみたかったが、池のほとりに民家があったので遠慮しておいた。

ふじ沼(北海道旭川)

ふじぬま。 旭川市街地内で紳士服やホームセンターなどの大型店もすぐ近くながら、石狩川の河川敷内にあるため静かな釣りを楽しめる沼である。へらぶなの放流が行われており、人気の釣り場である。 地図(航空写真)内のマークした場所に駐車場があるが、河…

千鳥ヶ池(北海道旭川)

ちどりがいけ。常磐公園。 常磐公園は旭川の中心部近くにある都市公園。ここは日本の都市公園100選、旭川八景にも選定されている。 園内の千鳥ヶ池には中の島があり天神社が祀られており、多くの水鳥が羽根を休めていた。 昭和40年代の写真では、へらぶなの…

鶴沼(北海道浦臼)

つるぬま。鶴沼公園。 オートキャンプ場、道の駅、温泉、レストランが沼のまわりに集結し鶴沼公園として整備されたレジャー性の高い水辺。 沼をぐるっと歩ける遊歩道は水際から近く、どこからでも竿を出せる・・と思いきや、釣り禁止との情報も。(現地確認…

ふれあい公園沼(北海道北村)

ふれあいこうえんぬま。北村ふれあい公園沼。トロッコ沼。 芝生の上で気持ちよくへらぶな釣りができる沼。地元のへらぶな釣りクラブの例会も行われる。 池のほとりに北村温泉、道をはさんで向かいには、北村へらぶな公園がある。まさに北海道における、へら…

鉄板沼(北海道北村)

てっぱんぬま。 へらぶな釣り場。 地図内にマークした場所が入釣ポイント。後ろに駐車スペース2台ほど。

モエレ沼(北海道札幌)

もえれぬま。モエレ沼公園 札幌中心街からも近い都市公園。彫刻家イサム・ノグチ氏が設計。自然と人工の取り合わせ、というか、ぶつかり合いが印象的。ありきたりの「調和」に挑戦状をたたきつけたのだろう。 釣りは、へら、コイ、ウグイ。といっても岸辺は…

藍鱗(北海道札幌)

あいりん。 トラウトの管理釣り場。原野の中に複数のポンドがある。食事可。 ルアーフライ1日2000円(平日)。 初めてのオショロコマに感激。

桜岡湖(北海道剣淵)

さくらおかこ。桜岡貯水池。 リゾート地として公園化されている。ワカサギ釣りがメインながら、へらぶなの放流実績もある。 温泉、ホテル、オートキャンプ場が整い、カヌー遊びやパークゴルフも楽しめる。公園側の湖岸は釣りをしやすい形状で、一部には階段…

東大雪湖(北海道新得)

ひがしたいせつこ。十勝ダム。 釣りをするには、サホロ湖と共通の入漁券が必要。1000円。釣り期間は7〜9月。 大型アメマス他、ニジマス、ヤマメ、オショロコ。 キャンプ場あり。

岩松湖(北海道新得)

いわまつこ。岩松ダム。 水力発電用の人造湖。 昭和50年ごろまではイトウが「ヤスで突くほどいた」という夢のような話も。大規模浚渫工事後、魚は激減したという。 駐車スペースもあり、おかっぱりもしやすそうで入釣痕跡も濃いものの、立入禁止の看板があっ…

サホロ湖(北海道新得)

さほろこ。佐幌ダム。 釣りは佐幌東大雪湖と共通の入漁券が必要である。釣り期間は7〜9月。 入漁料1000円。 対象魚はニジマスとヤマメ、アメマスとオショロコマ。 公園、カヌー乗り場あり。

涛釣沼(北海道斜里)

とうつるとう。 周辺は牧場で、アクセスできる道が見つからなかった。

オンネ沼(北海道根室)

おんねとう。 根室の水源池として保全されており、釣りは微妙。根室にはもうひとつオンネトウがあるが、そちらは「温根沼」と漢字表記で区別されているようである。

タンネ沼(北海道根室)

たんねとう。 根室の水源池として保全されており、立ち入りや釣りは微妙か。

クッチャロ湖・小沼(北海道浜頓別)

クッチャロ湖は、大沼と小沼で構成される海跡湖。 浜頓別の町を抱き、キャンプ場など観光化されている大沼に対して、小沼は自然の姿が手つかずで残る。道路も湖を遠巻きにしており、湖面へのアプローチルートが見つからず、ただただ遠くから眺めるしかできな…

寿都温泉の沼(仮称)(北海道寿都)

すっとおんせんのぬま。 河跡湖と思われるU字形の沼。寿都温泉ゆべつの湯が近い。 国道沿いにパーキングスペースあり。

砂取沼(北海道江別)

へらぶなの放流実績がある。池の周囲に道があり、駐車スペースがぽつぽつある。 沼をとり囲むダートの道がある

中津湖(北海道江別)

へらぶなの放流実績があり、釣り場として定着している。 訪れたときは雪解け水が流入しているせいか、コーヒー牛乳のようなマディーな水質だった。 地図内にマークしたあたりが入釣ポイント。 アプローチ路はダートなる。駐車スペースあり。 手前が中津湖。…

ペケレット沼(北海道札幌)

ぺけれっとぬま。ペケレット湖。 アイヌ語の「ペケレ」は「明るい」、「ト」は「沼」。 湖畔に立つジンギスカン料理店(ペケレット湖園)が所有しており、湖周の散策路を歩くためにはお店を利用する必要がある。なんともスケールが大きい話である。 マークし…

温根沼(北海道根室)

おんねぬま。おんねとう。 周囲15kmの海跡湖で、橋を隔てて根室湾に面する。日本の重要湿地500に選出。 シマエビやカレイの刺し網漁が行われる他、一般ではアサリ、ホッキ貝の潮干狩りが楽しめる。 なお、ここの刺し網では、カレイの他、クジラ、ヒグマ、ヒ…

緑ヶ丘公園(北海道帯広)

みどりがおかこうえん 50.5ヘクタールの敷地を誇る帯広の顔ともいえる総合公園。 休日の池ではボートで遊ぶ多くの人でにぎわっていた。 博物館、美術館をはじめとした文化施設、パークゴルフ、テニスといったスポーツ施設のほか動物園もあり、第4次「北の造…

馬主来沼(北海道釧路)

ぱしゅくるとう。ぱしくるぬま。 沼ではシジミ、氷上ワカサギ釣りがターゲット。 国道をはさんで音別海岸が広がり、海岸はアメマス釣りの超一級フィールド。海アメ狙いのルアーフィッシングがブームとなり、全国から人が集まるようになった。 駐車場、売店あ…

達古武沼(北海道川上)

たっこぶぬま。達古武湖。 釧路湿原の中にある周囲5kmの沼沢。湖周に遊歩道が整備されており、オートキャンプ場もある。 釣りは、冬期の氷上ワカサギ釣りの他、盛夏には達古武沼からの流出河川においてイトウ、アメマスも狙えるようである。特に釧路川との合…

シラルトロ湖(北海道標茶)

しらるとろこ。シラルトロ沼。 釧路湿原国立公園の指定区域内にある湖沼のひとつで、東岸を国道が走っており、一カ所、パーキングスペースが設けられている。ここを逃すとクルマを停められる場所はないので注意。 ほとんど観光化されていない分、地元のロッ…

オホーツク森林公園の池(北海道紋別)

紋別市街地の中にある公園池。池のまわりは芝生が広がり、森林公園として整備されている。 園内の山頂には展望塔(オホーツクスカイタワー)があり紋別の市街の夜景が美しい。 駐車場、旅館、遊歩道あり。 <施設・設備> 駐車場、旅館、遊歩道、広場、レス…

シブノツナイ湖(北海道紋別)

オホーツク海と砂州で区切られた沼沢。 観光化されておらず、標識や駐車場もない上、湖を見るためにはダートを900m走らなければならない。 ここを漁場とする地元漁師は、シジミ、ワカサギを獲っている。冬期は全面氷結し、一般の人もワカサギ釣りを楽しむ。 …

ウトナイ湖(北海道苫小牧)

うとないこ。 北海道渡航における上陸港として人気の高い苫小牧。ここから札幌方面に向かう主要国道36号線を行くと、ものの十数分で出迎えてくれる雄大な水辺がウトナイ湖である。 湖畔には立派な道の駅があり、水辺まで歩けるように整備されているので手軽…

ヒョウタン沼(北海道釧路)

阿寒湖の近くにある原生林に囲まれた沼。 アクセスルートは5月まで冬季閉鎖で近づけず、空撮でかろうじてその姿を捉えた。

兼金沼(北海道別海)

かねきんとう。 別海十景に数えられる。道道からフラットダート1.5km進んだ先に2〜3台の駐車場があり、湖畔まではそこから原生林の中を少し歩く。釣り人もときどきいるようである。 マークした場所が駐車場。

小沼(北海道北斗)

こぬま。 のっこみの時期は、すれていない巨大なへらぶなが狙える。 文化湾がポイント。 白鳥台(セバット) 駒ヶ岳 <施設・設備> 駐車場、トイレ、売店、コンビニ <アクセス> マークした場所はセバットの無料駐車場

BigFight松本(北海道喜茂別)

渓流沿いにあるルアー・フライのトラウト管理釣り場。 個人的には隣の渓流の方が気になった。 <アクセス> マークした場所が入口

白老桜ヶ丘公園の池(北海道白老)

しらおいさくらがおかこうえん。白老桜ヶ丘公園 水が抜かれていた。野球場、広場、温水プールがあり、プールを利用させてもらった。 設備はやや古いもののよく手入れされており、プールの水もきれいで気持ちよかった。 駐車場、トイレあり。 <施設・設備> …