水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,550湖

兵庫県

新池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ、といってしまえばそうなのだが、新池というそっけない名ではあるものの、淡路島のれっきとしたダムの一基。しかしながら、堤高20.4mの重力式コンクリートダムに改修されてから10年以上がたつ今も、なぜ…

下川池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 周囲100mクラスの小池が傾斜地に星のようにまたたく。それにしてもすごい数。 下川池は本流筋にあり、上流にはダムスペックの新池も控えるので、このエリアの小池たちのグループリーダーのようなポジ…

平治池(兵庫県南あわじ)

へいじいけ。 2500ある南あわじ野池群のひとつ。 周囲700m級のリリーパッドの池となると淡路島では、なかなかお目にかかれない。地形的に見ても全体的に浅いのだろう。そうでなければこれほどみごとなハス群生池にはならない。 バイパス沿いでアクセス性はす…

葛原池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 地図によっては「クズハラ下池」とあるが、現地の池名標識に従って「葛原池」(くずはらいけ)を採用した。 堰体にはゲート。右岸側は道となっており垂直護岸でガードレールはない。淡路島の野池らし…

前池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 恵日寺の門前にある。堤の下は広く裾を広げる斜面に農地が広がり、いくつもの池が穿たれている。 bunbun.hatenablog.com

奥ノ平池(兵庫県淡路)

おくのひらいけ。 1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 堰体から下に海が見え、深みのある透明感をもった水質の気持ちいい池。しかしこの池をまわりこんで下りおりてくる区間の県道は特に狭隘で、堤の上に出るところでタイトかつ急勾配で…

大石池(兵庫県淡路)

淡路エリアでホットなバスポンド。 1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 淡路フリークのバサーであれば知らぬ人はいないだろう。そこそこのスケール感がありワンドも多く、水面の近さも釣りにむいている。訪れた日も、ボート、フローター…

濁池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 淡路島最強池密度の淡路市エリアの中でもさらに最強の山田地区にある。池のまわりをヨシが覆い、長野の上田にあるため池群を彷彿させるタイプの池。 山田地区は池の数と密度はすごいが、このような猫…

宮ヶ谷池(兵庫県南あわじ)

インレット側の農地から。中央の山をはさんで左右にダブル堰体。 ダブル堰体とインレット側の堰体で、トリプル堰体? 2500ある南あわじ野池群のひとつであるが、構造と形状がとてもユニークな池である。 ダブル堰体をもつだけでなく、上側にある池とを隔てる…

下ノ谷池(兵庫県洲本)

しものたにいけ。 7千ある洲本の野池群のひとつ。 堰体上が道路になっており、構造的には谷池タイプだが、現場に立つと皿池タイプにも見えるのは、なだらかな起伏をうまく利用して造られた池だからだろう。 それにしても池の一角にせりだすような水田と水面…

諭鶴羽湖(兵庫県南あわじ)

ゆずるはこ。諭鶴羽ダム。 南淡におけるサイクリング拠点。 南あわじのダム銀座のうちの一基で、人造湖の規模としてはけっして目立つものではないが、なんといってもダム名、湖名に淡路島最高峰である諭鶴羽山(608m)の名が冠せられているとなっては特別な…

玉田池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 自分でゲートを開けてアプローチ路に入る野池。房総半島の野池でよく見られる独特の水の色、房総マディーを彷彿させる。 ゲートを通ったら閉め忘れのないようにとの貼り紙。 bunbun.hatenablog.com

桂池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 池名標識だけが立ち、フェンスもなくすっきりと気持ちいい。 bunbun.hatenablog.com

新池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 農地の中の皿池。民家が隣接。 垂直護岸の工事でかなり水を減水させていた。 bunbun.hatenablog.com

北畑池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 池のほとりに「ぜんべえの里」と記された手造りの案内看板があった。まがたま池という手造りのビオトープをもつ自然学習の場として2010年ごろに施設化したようだが。 北畑池は釣り禁止。 bunbun.haten…

上皿池(兵庫県淡路)

うえさらいけ。田主(たず)による独自の釣り禁止看板1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 農地に囲まれているため、近くを通る1.5車線道路から先は歩いてアプローチした。下皿池と同じく「あぶない」の淡路島共通看板とは別に、上下の皿…

下皿池(兵庫県淡路)

したさらいけ。 1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 農地に囲まれているため、近くを通る1.5車線道路から先は歩いてアプローチした。上皿池と同じく「あぶない」の淡路島共通看板とは別に、PTAによる「あぶない」の立て看板、堰体側には…

竹原ダム(兵庫県洲本)

洲本から南あわじにかけての山岳部に居並ぶ淡路ダム銀座の一角にある上水道水源池。 古びた味わいのコンクリートダムで、水色にペイントされたゲート部が目をひく。 立入禁止、釣り禁止の看板あり。違反すると警察通報と厳しいが、堰体天端は歩けるようにな…

寺池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 淡路市の市街地である一宮の町中に位置し、池の名のとおり堰体左右を寺にはさまれた池である。堰体下が墓地になっていることもあり、アプローチ路では墓参の人の迷惑にならないように。 駐車場のある…

山田原の池(仮称)(兵庫県洲本)

7千ある洲本の野池群のひとつ。 高速道が高架となって池の上を通る。周囲800m級と一帯では大きく目立つ。周囲を農地に囲まれた牧歌的な池面(いけづら)は、山田原の野池に共通する景観。 アクセス路は1.5車線の丘陵アップダウン。bunbun.hatenablog.com

下目扶池(兵庫県南あわじ)

2500ある南あわじ野池群のひとつ。 皿池タイプで一部は道路と接し垂直護岸になっているが、ガードレールのない屈曲部分もあり、夜道での転落はいかにもありそうで怖い。池名がめずらしい。 bunbun.hatenablog.com

皿池(兵庫県南あわじ)

2500ある南あわじ野池群のひとつ。 淡路島最南端の池とまではいえないが、500メートル級のしっかりとした池としてはもっとも南にある。幹線県道沿いにありアクセス性はよいものの、堰体の入口はゲートで閉ざされている。 bunbun.hatenablog.com

大釈池(兵庫県洲本)

堤の向こうに海が見える7千ある洲本の野池群のひとつ。 洲本東部の海近くの里池で、明るく心なごむ水辺であった。堤ごしに海が見える。堤下に投げ置かれたボートもなぜか絵になる。 ただしアプローチ路はきわめて狭いコンクリート敷きの農道。 bunbun.hatena…

神代浦壁の池(仮称)(兵庫県南あわじ)

2500ある南あわじ野池群のひとつ。 諭鶴羽ダムへと向かう途上にあり、ほぼ県道沿い。三つの池が向かい合わせのかっこうで、多少の高低差はある。神代浦壁という歴史がありそうな地名。近くには三原の三大ため池のひとつ、浦壁大池もある。 上の池は傾斜のき…

花川池(兵庫県南あわじ)

2500ある南あわじ野池群のひとつ。 淡路島では数が少ないリリーパッドの皿池。アクセス路は1.5車線の舗装道。 bunbun.hatenablog.com

池田池(兵庫県南あわじ)

2500ある南あわじ野池群のひとつ。 のびやかな皿池。アクセス路は二車線道路が岸に沿って走り、池面もすがすがしいので水辺めぐりサイクリングやドライブのルートに入れたい池。自販機もあるので、ちょっとした休憩スポットにも。 bunbun.hatenablog.com

三味池(兵庫県南あわじ)

池には表情もあり魚影もあるのだが・・2500ある南あわじ野池群のひとつ。 2018年現在、Googleマップでは「さんま谷池」と記載されているが、知る限り「さんま」の名がついた池は会ったことがない。現地に立っていた淡路島共通の池名標識には「三味池」(さん…

猪ノ鼻ダム(兵庫県洲本)

いのはなだむ。 土木遺産・上田池ダムにも負けない見ごたえの粗石モルタルダム。 洲本から南あわじにかけての山岳部にある淡路ダム銀座の一角にあり、上流の第二ダムと500mほどの距離をおいて二連ダムを構成。 重力コンクリート式、クールで無表情な猪鼻第二…

猪鼻第二ダム(兵庫県洲本)

いのはなだいにだむ。 洲本から南あわじにかけての山岳部にある淡路ダム銀座の一角にあり、第一ダムと上下の二連となっている。 二連、三連はこのダム銀座にいくつかあるが、山奥側に古いダムがあるケースがほとんどなのに、この二連ダムに関しては平野側に…

金屋小池(仮称)(兵庫県洲本)

7千ある洲本の野池群のひとつ。 洲本エリアの平野部で見つけた典型的な皿池タイプのため池。すぐ北側に、三原の三大ため池の筆頭格である金屋大池がある。金屋大池の方は改修によって皿池特有の長い堤の内側がコンクリートタイルによって補強されてしまい往…