水辺遍路

実際に行った池やダム 9,400ヶ所を掲載

呪池(桃の井沢池)(千葉県大多喜)

f:id:cippillo:20171214215714j:plain

怖すぎる名前の、アプローチ困難な池。

あまりにもストレートに怖ろしい名をもつこの池は、バスポンドとして有名だった荒木根ダム(※現在は釣り禁止)の隣の沢筋にある兄弟のような池である。
どんな山奥の池でも、ため池であれば管理上の必要性から堰体までのアプローチ路は必ず存在するはず。呪池の場合は立地的に兄弟的な荒木根ダムの完成によって、ため池としての必要性がなくなり、管理ルートも廃道化した可能性も否めない。ただ空撮写真の状況からも継続的に堤の管理はなされているようだ。堰体上には軽トラックが通ったような踏み跡も確認できる。
下の写真、よく見ると、くびれた堰体横のワンドに繋留されたボートも見える。

呪池呪池
右は堰体部の拡大。ボートが見える



初回のアタックでは荒木根ダムのインレットからのびる未舗装林道をオートバイでゆっくり走り、直線距離で350mまで近づいたものの、最終的なアプローチ路は見いだせず。
あきらめず、今度は呪池の北側の林道からのアプローチを試みた。地図上ではアプローチ路も記載されているものの、いざ現場に入ると下の写真のような道。

f:id:cippillo:20170802111149j:plain

道を間違ってさえいなければ200mも走れば池に着くはずなのだが、蜘蛛の巣と伸び放題の木々の枝に塞がれ、あえなく撤収。
池から西にわずか1.5kmのところには道の駅もあるような場所ではあるが、空から引いて俯瞰してみても、明らかなアプローチルートというものは把握できなかった。

呪池呪池
呪池の遠景


それにしても、なぜかこの池の上空でラジコンからの伝送映像が途切れてしまい、なかば勘でシャッターを切らねばならなかった。
インレット側に血のしずくのような真っ赤な紅葉がぽつぽつ。水の色はみごとな房総マディー。折れ曲がったような屈曲した堰体もめずらしい。堰体下の谷は木の高さから見て、そこそこの深くえぐれている。とすれば池の方も土砂が溜まっていなければ、地形的に深さがあると見てよさそうだ。
池から二方向に触手のように腕がのび、空から見ているだけでも、ある種の凄味を感じてしまうのは、名前のせいだろうか。
イメージばかり先行してしまったが、この池の存在を知ったのはGoogleマップで最近になって池名が記されたことによる。他に「呪池」の名を同定できる資料が見つからなかったので、誤記という可能性も否めない。(※2020年現在ではGoogle マップの記載は「桃の井沢池」に変更されている)
苦労して切り拓き、継続的に管理しなければならない農業用ため池に、そんな怖い名前を付ける事例がほとんどないだけに、もし誤記でないとしたら、よほどの事情が?
怖い名前の池としては、北海道帯広にチヨマトー沼(アイヌ語で「悪魔の棲む沼」の意)という池がある。
2019年に実踏調査してコメント欄にレポートを寄せてくれたTYSさんによると池には記念碑があり、「‥内區堰‥明治33年建立‥」と読み取れたとの貴重な報告をいただいた。
「區」の字は「区」の旧字で、境、区切りという意。「内」という字は前に地名があって、それに続く文字の可能性もあり、「區池」と考えれば「呪池」と読み間違えてもおかしくはない。


呪池呪池呪池
呪池の近景

bunbun.hatenablog.com