水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,850湖

千葉県

佛の堰(千葉県長生)

谷戸奥へとつづくおよそ800mの一本道を進んでいった先にある佛の堰。名もさることながら、どこか深遠さというか不気味さを漂わせ、睦沢町共通の「あぶない!」看板以外は緑、緑、緑・・。 オートバイの色もグリーンということもあり、なんとも緑占有率の高…

高藤池(千葉県一宮)

堰体直下の農地は耕作放棄地なのか草ぼうぼう。堰体もあまり管理がなされていない様子で、水も淀んでいました。池と農地は大事に守る人がいてこそ。 管理者不在となると危険防止のため、というより何かあると管理者責任を問われる時代なので、地区として立入…

大坊堰(千葉県長生)

ゆるくV字を描く野池で、両岸に1〜1.5車線の舗装路が奥へとのびているので、近隣の谷戸タイプの池とはやや性質を異にしています。 取水口が道路端にあり、転落防止の網がかけられていました。

東谷堰(千葉県長生)

谷津の奥にあるV字形の谷池。 人工物が最小限しかない景観と水質のよさが印象的な池でした。

小谷堰(千葉県長生)

堰体内側の黒々としたアスファルトフェイシングが特徴的。過去に漏水に悩まされたのでしょうか。 訪れた日は地域の農家の人たちが総出で草刈りをする日だったらしく、池端のお寺下に軽トラックの大縦列。 ため池はこうして何十年、何百年も手間をかけて守ら…

入山津堰(千葉県長生)

ここもまた典型的な谷戸タイプのため池で、両脇を丘にはさまれた細長い農地を進んだ奥に池が広がっている。 気になったのはさらにその奥に堤らしきものが見えること。ところがこの堤の上にあるのは池ではなく、巨大メガソーラー。時代の流れを感じますね。 …

駒ヶ瀬池(千葉県茂原)

水がやや淀んでおり酸素濃度が低いのか、小型の魚群がさかんに鼻上げをしていました。画像を拡大して解析してみると、驚いたことに、へらぶなの幼魚のようです。 5cmほどの魚群と10センチほどの魚群の二つのへら玉が見られました。 このサイズの魚の魚影が濃…

錠谷地堰(千葉県長南)

水面がほぼヒシモに覆われ、水面は赤と緑の競演。

大谷溜池(千葉県長南)

長南の野池は、堰体下側に細長い水田を従えた谷戸を形成しているタイプの「里池」が多い。だから池が密集しているように見える場所でも、谷戸下から一本道を池のあるどん詰まりまで進み、あとは同じ道を折り返してくるしかないので、ランガンにはとにかく時…

神曽溜池(千葉県長南)

堰体下側に工場のある谷戸タイプの池。 狩猟および釣り禁止。

井戸溜池(千葉県長南)

土建会社の敷地内にある池。

広作池(千葉県茂原)

圏央道の茂原南インターチェンジに抱き込まれるような立地にある池ですが、アプローチするには東側から1kmにわたる長い谷戸の農道を進み、圏央道のガード下をくぐっていく必要があります。 釣り禁止。

野牛堰(千葉県茂原)

睡蓮で覆われ水面が見えないほど。皿池タイプ。 池横にはこんもりした小丘に白山神社もあり、雰囲気のいい池でした。

郡ダム(千葉県君津)

こおりだむ。 県営事業で造成された工業用水用の調整池。岩を積み上げた護岸部と、丘陵が水面に落ち込むオーバーハング部、そしてアシの生えた遊水地部分で構成され、平時の水位は低めのようです。遊歩道を使うと貯水地を一周できます。 駐車場あり。釣り、…

東金円筒分水工(千葉県東金)

産業遺産がブームです。蛇口をひねれば水が出てくる感覚に慣れ親しんだ現在では、この物体の存在意義を想像することは難しいかもしれません。 日本の歴史は水をめぐる知恵と努力、そして争いの連綿たる積み重ねの上にありました。 各地に村人総出で溜め池や…

根蔵池(千葉県山武)

外房の幹線国道125号線と平行する旧道沿い三段の池があり、根蔵池はその中段に位置します。 岸辺は石がごろごろ。「釣りのマナーを守ろう」という看板が立っていました。 奥に見えるのは上池。 右が根蔵池。左は上池。

上池(千葉県山武)

外房の幹線国道125号線と平行する旧道沿い三段の池があり、上池はその名のとおり最上段の池です。 中段の根蔵池の水面との高低差はほとんどなく、むしろひとつの池を中堤で区切ったような構造。 左が上池。右が根蔵池。

東池(千葉県山武)

外房の幹線国道125号線と平行する旧道沿い三段の池があり、東池はいちばん下の池で、その名のとおりもっとも東に位置します。 住宅が隣接し、古い石碑、枡型の洪水吐けが堰堤側にありました。 インレット側から bunbun.hatenablog.com bunbun.hatenablog.com…

前堰(千葉県茂原)

幹線国道からわずか100m。二車線道路沿いという好立地にありながら、見てくださいといわんばかりのオープンっぷり。 ガードレールもなく、池までするっとフラット。水面も近く一体感があります。夜などクルマごと突っ込んでしまった人も、一人や二人はいそう…

奥田堰(千葉県茂原)

小さな谷戸に形成された黒戸という集落があり、ため池を頂点に石段をのぼっていく寺や火の見櫓など、素朴な農村の原風景を今にとどめていて印象に残った場所でした。 堰堤横に民家があり、一艘の舟が係留されていました。

文化とスポーツの森の中堰(仮称)(千葉県いすみ)

立地よし、見どころ豊富な野池。 いすみ文化とスポーツの森に寄り添うように三段の池が隣接し、ここで紹介するのは中段に位置する池。 池面の中にぽっかりと開いた丸い「ダム穴」と、池中央に砂嘴のように長くのびた岬が特徴的で、沖目にすっくと立った立木…

文化とスポーツの森の上堰(仮称)(千葉県いすみ)

いすみ文化とスポーツの森に寄り添うように三段の池が隣接。 この池はそのうち一番上の池。 平成27年に車上荒らしがあったという看板が新しく立てられましたが、その看板には立入禁止、駐車禁止、釣り禁止が明記されました。bunbun.hatenablog.com マークし…

池底堰(千葉県いすみ)

池の名前に雰囲気があります。何度も近くを通りかかりながら、クルマではなかなか行くことができなかったのですが、オートバイでやっと国道からのアプローチ路の入口を特定。 意気揚々と入って行ったところ、すぐに獣道のような状態に。あとは徒歩で荒れた急…

小沢ダム(千葉県長南)

長南工業団地を通り抜ける二車線路をどんどん奥まで進んでいくと、このダムに至ります。堤高23.9mといえば小規模ダムとしてはなかなか立派なものですが、堰体天面は工業団地と地つづきのフラットな駐車スペースになっており、体感的な堰体高はゼロ。 そのフ…

蔵持ダム(千葉県長生)

丘陵に穿たれた溝のような農業用貯水池。堤高が15mを越えているのでダムに分類されています。幅の狭い池ですが堤項が17.5mあるので、かなりの深さがありそうです。 堰堤以外はほとんど降り立てる場所はありませんが、貯水池を横断する歩行者専用の橋が架けら…

椎木谷堰(千葉県いすみ)

2012年の自転車での初挑戦では、あまりの藪の深さと沈みゆく夕日に怖れをなしてあえなく撤退。その後、もう行くこともないだろうと思っていたのですが、近くに来るたびに気になり・・。 2016年に冬場なら藪も勢いが弱まっているはずと、オートバイで突撃。す…

西部田堰(仮称)(千葉県大多喜)

現地にあった由来碑によると、この池の250m北に昭和7年、地域の先祖が人力でため池を築いたという。これは今の大多喜町B&G海洋センターがあるあたりでしょうか。 昭和55年に大多喜町総合運動公園造成に伴って埋め立てられることになったため、地元の嘆願に…

夷隅川フィッシングパーク(千葉県大多喜)

河川を利用したトラウトのルアー&フライ管理釣り場およびエサ釣り場があったものの、現在はトラウトの放流を行なっておらず、天然の雑魚の釣り場となっていました。料金は漁協の雑魚券扱いとなり安くなったのですが、いわば場所貸しのような状態でした。 私…

蓮茄堰(千葉県いすみ)

谷戸の奥にあり民家も周囲にない静かな池なのですが、死亡事故が発生したとのことで立入禁止となっていました。 気のせいかもしれませんが、写真に中にあやしい気配があって、怖くてあまり直視できません。

右坪谷堰(千葉県いすみ)

国道沿いでアクセス性のよい池ですが、2015年秋に水抜き。2016年1月末に再訪した際には、かなり水位はもどっていました。

旗立堰(千葉県いすみ)

国道465号に沿って細長く落ち込んだ池。

田井谷堰(千葉県いすみ)

コーヒー牛乳に抹茶を少しブレンドしたようなみごとにマディーな湖面に、柵もない土盛りの素朴な護岸。いかにも房総といった趣き。 石碑が立っているほかは看板らしきものも見あたらず、こういう池に出会うとわくわくします。

大沢新堰(千葉県いすみ)

大沢上堰、大沢中堰、大沢新堰の三段のため池。大沢新堰は一番下にあり、舗装路でアクセス可能ですが、中堰、上堰へとのぼっていく道は閉鎖されていました。 看板の文字が一部消えて判読できないところがありますが、文脈からするとどうも釣りやボートは禁止…

大山堰(千葉県いすみ)

外房線の三門駅から500m、海から1kmと、駅近&海近の池です。池端に「三階松の碑」という石碑が立っていました。

いすみの野池群(千葉県)

房総で最大の222個のため池を有する野池天国。 自然と人の営みが織り上げたなだらかな丘陵に広がる田園。房総の野池群の中でも、特に密度が濃いエリアがいすみである。房総中南部でため池は「堰」と呼ばれ、いすみ市だけで222を数え千葉県でもっとも多い。 …

三門堰(千葉県いすみ)

まったりした感じの池ですが、立入禁止看板が立っていました。

谷堀堰(千葉県いすみ)

立入禁止看板のあるマディーポンド。池端の道は一車線。

不動下堰(千葉県いすみ)

池の前に長い木製ベンチと駐車スペースがあります。奥にあるお寺の駐車場として使われているのかもしれません。

外越堰(千葉県いすみ)

手書きの告知看板の内容がよく判読できませんでしたが、無断立ち入りは罰金云々と記されているようです。 いすみ市内に同名の池がもうひとつあります。

牛ヶ谷北堰(仮称)(千葉県いすみ)

牛ヶ谷堰と平行する谷筋にあるため池。bunbun.hatenablog.com

石安寺堰(千葉県いすみ)

水が完全に抜かれていました。アクセス路は一車線。

山王堰(千葉県いすみ)

2013年の釣査では芦場もあり、魚が育つ環境は整っていました。ベイト多く、泡づけもあったのですが、2016年の再訪時は寒かったせいか水面は静まりかえっていました。

夷隅川河口干潟(千葉県いすみ)

日本の重要湿地500に選定。 野池の宝庫である夷隅川流域は、海もまた豊か。この川の河口に広がるラグーンはその象徴ともえいます。2.5kmほど南には、テンヤ釣法のマダイや落とし込み釣法のヒラメなど全国に知られる釣り船拠点である大原漁港もあり、この海域…

小櫃堰公園の池(千葉県木更津)

房総で「堰」といえばため池の呼称ですが、小櫃堰は小櫃川に設けられた字のとおりの堰で、川の流れがゆるくなったところに魚が居つき、堰の北側は昔からへらぶな、ブラックバスの釣り場にもなっています。 堰の南岸側は小櫃堰公園になっていて、人工せせらぎ…

秋葉戸堰(千葉県茂原)

マディーな水質に巨大な倒木。なんとも雰囲気があります。 西側から未舗装の農道を使ってのアプローチとなります。池端に一台のカブと軽トラックが停まっていたので、地元のへらぶな釣り師かなと思ったんですが、見える範囲に人影はありません。見まわりでし…

三中堰(千葉県茂原)

なかなか訪ねがいのある池でした。東西にのびる一車線の未舗装農道の中間に位置しており、東側からアプローチすると長さ50mほどの素掘りのトンネルを抜けていくことになるので、ちょっとしたスリルを味わえます。素掘りのトンネルとセットになった池は房総で…

洞坂の堰(千葉県茂原)

写真だけ見ると山里の秘境的な池に見えるかもしれません。名前のあやしい感じも趣きを添えます。草に覆われた堰堤が小山のようにそびえ、のぼるのに少し苦労しましたが、上がってみると木や藪に囲まれ隔絶感のある水面に黒い魚群。鯉ではなくへらぶなのよう…

来光寺の池(千葉県茂原)

名のとおり来光寺の門前にある池です。初夏には蓮の花が楽しめます。

坊谷堰(千葉県茂原)

坊谷堰の近くは周囲500mクラスの野池がごろごろ密集していますが、多くはゴルフ場に取り込まれていて関係者以外は近づくことができません。 坊谷堰は平成14年に県によって堰堤が改修されていますが、それに合わせて地元企業の寄付で遊歩道が整備されたという…

浅間堰(千葉県茂原)

長生の森公園の敷地に食い込むように入り込んだ池ですが、公園の構成要素にはなっておらず現役で活躍する農業用ため池。 近くの婆場池と同じくウーロン茶系ステインの水質は土壌の関係でしょうか。アプローチするには農耕車用の未舗装路を500mぐらい進まなけ…