水辺遍路

実際に行った池やダム 9,600ヶ所を掲載

幌尻湖(北海道新冠)

f:id:cippillo:20210820122520j:plain
日高山系水力発電ダム銀座ver1.1(2021年8月更新)

百名山の湖名を持つ人造湖

1950年代、日高山脈を流れる4つの河川を導水トンネルと11のダムでつなぎ、北海道全土をカバーする壮大な水力電源開発をめざした「日高電源一貫開発計画」が発動。
新冠川には北海道電力により四つのダムが建設されたが、最上流部にあるのが、幌尻湖こと奥新冠ダム。
堰体は前傾したダイビングアーチ形状のコンクリートダム。建設時は重機、大型ダンプが行き来したことだろう。しかし、北海道の百名山では屈指の長丁場で知られる幌尻岳の直下というものすごい立地にあるのだ。
アプローチルートもハンパではない。
ダート路をクルマで延々と40km、そこから徒歩で片道14km! 全線フラットダートとはいえ、徒歩行程だけでも往復8〜10時間は見ておく必要がある。


「百名山」の作者も泊まった?

当時、日高山脈は前人未踏の広大な山稜が広がっていた。ダム建設前の調査隊の苦労ははかりしれない。
『日本百名山』の作者・深田久弥も、幌尻岳登頂をめざし北大登山部メンバーの助力を得てアタックした際に、ダム工事の事業所で一泊させてもらったエピソードを記している。

しかし日高の山はそう簡単には入れない。道も定かでないし、小屋もない。テントと食糧をかついで、目ざす山頂へ達するまでに数日を費やさねばならぬ。(中略)私たちはそこからトラックで新冠川上流のダムサイトまで運ばれた。日高の山が年々開けて行くのは、発電所の工事のためである。原始的な自然が壊されるなどと歎く資格はない。私たちはそのおかげで、数年前は二、三日もかかったところを僅か半日で済まし、しかもその事業所で一夜の手厚いもてなしを受けたのだから。
(深田久弥『日本百名山』No.8/幌尻岳)


 

深田が泊まったダムは?

『百名山』には「新冠川上流のダムサイト」としか記されていない。作者・深田が投宿したダム工事事務所は四つのダムのうち、どれだろう。ダムサイト泊の翌朝、すぐに道と瀬が一体となったような山道が始まり、たびかさなる徒渉で股まで濡れたとあるから、やはり最上部の幌尻湖と思われる。
幌尻湖のバックウォーター側にある新冠ポロシリ山荘までは林道が通じているが、そこからは急登で頂上までの直線距離は3km余。しかし標高差は1,300m、登頂には4時間かかる。
かつては新冠コースと呼ばれたこのルートは使う人も少なかったが、NHK「百名山一筆書き」で知られるプロアドベンチャーレーサーの田中陽希さんがこのルートを使ったことで、その名を冠した「幌尻岳新冠陽希コース」として人気復活したそうである。
幌尻岳の頂上近くから、幌尻湖がはるか眼下に見下ろせる。



 

行程と地形

林道起点から新冠湖まで

フラットダートで21kmの行程。
林道起点から新冠湖までの行程は以下の三ダムのリンクを参考にしてください。

bunbun.hatenablog.com

新冠湖からイドンナップ山荘まで

ダムサイト到着まで21km。ここからダムの天端を通って、右岸側から左岸側に渡る。
新冠湖左岸のダート路を延々と走る。湖の見晴らしはよいが、転落が怖くてペースが上がらず、いつまでたっても湖から抜けられない錯覚に。いや、錯覚ではない。実際にゲートのあるイドンナップ山荘まで20kmほどあり、起点からは40kmものオフロード走行。
予備知識がなかったので、ほんと、長く感じた。

f:id:cippillo:20210820154509j:plainf:id:cippillo:20210820154500j:plain
f:id:cippillo:20210820154450j:plain
イドンナップ山荘

山荘先のゲート

イドンナップ山荘のすぐ先でクルマ止めゲートがあるので、クルマは山荘前の駐車場に。登山者用の駐車場になっており無料。

f:id:cippillo:20210820154441j:plain

ゲートから徒歩14km

ゲートから先はクルマはもちろん、オートバイ、自転車もダメ! 違反すると今後、完全閉鎖になる怖れもあるとのこと。
徒歩だと片道14kmほどの距離のダムまで往復8〜10時間かかるので、初日は山荘に一泊するのが無難か。
山荘利用は要予約、協力金千円。トイレあり。
今回は雨まじりだったことと、時刻が午後をまわっていたこと、ヒグマ遭遇の危険性も高いので、少しだけ歩いてこの先の地形を空撮するにとどめた。

f:id:cippillo:20210820154432j:plain


 

ダムの水源は、七ツ沼カール

水源は百名山の幌尻岳の圏谷にある七ツ沼カールの池群。

f:id:cippillo:20210820122520j:plain
日高山系水力発電ダム銀座ver1.1(2021年8月更新)


旧バージョンの池マップ

f:id:cippillo:20210716190900j:plainf:id:cippillo:20210817094236j:plainf:id:cippillo:20210715090600j:plain


 

Googleマップ