水辺遍路

実際に行った池やダム 9,650ヶ所を掲載

大正池(長野県松本)

f:id:cippillo:20170907200350j:plain

f:id:cippillo:20210930063009j:plain
焼岳の山頂から見た大正池(空撮・2021年撮影)

百名山の焼岳とともに上高地の表玄関を飾る池

安房峠を面前に断崖にはさまれた谷底を這うように走る国道が、ここで大きく屈曲し梓川を渡る。この先、待っているのは有料の長い安房トンネルか、九十九折りで峠越えする旧道。反対に下れば斜面崩落が痛々しいむきだしの岩屏風とトンネルの連続。
どこか陰鬱なこのヘアピンカーブには、マイカー規制の頑丈なゲートと門兵のような警備員が立っていて、余計に重苦しい。
ゲートを通れるのはバスかタクシー。ゲートの先の二つのトンネルを抜けると、あっけなく上高地のまばゆい景観が面前に現れ拍子抜けした。
十三年ぶりの上高地だった。
二つ目の上高地トンネルが開通したのは、2016年の山の日。つい最近のことである。
マイカー規制区間とはいえ、大型バスが離合できずに渋滞が頻発する難所というだけでなく、降雨時は土石流災害の危険にさらされる区間だっただけに、トンネル開通は地元の悲願でもあった。

f:id:cippillo:20170907200339j:plain
小さな流れ込みからのぞく大正池。

意外にも新しい。大正時代に生まれた天然湖

深田久弥氏の『日本百名山』のひとつとしてとりあげられている焼岳(やけだけ・2,455m)は活火山である。時折、白い噴気を上げ、現在も噴火警戒レベル1が継続されている。
大正4年(1915年)6月、焼岳の大規模噴火によって山体斜面が崩壊し、泥流が裾を流れていた梓川を塞いだ。これによって生まれた堰き止め湖が大正池で、その名のとおり大正生まれである。

f:id:cippillo:20170907200353j:plain
百名山の焼岳。山体崩落の跡がなまなましい。

当初は湖面のそこかしこから立ち木が林立し、本邦きっての幻想的な光景が広がっていた。それも深田久弥氏が訪れた半世紀ほど前にはすでに名物の立ち木も朽ちて少なくなり、池自体も狭小化して、だいぶ見劣りがしてきたという記述もある。深田氏と大正池の最初の出会いは噴火数年後という生まれたてのころだっただけに、なおその思いが強かったのだろう。
昭和37年の噴火で再び泥流が梓川を塞いだというから、一度、大正池は新装開店となったのかもしれない。私が訪れた13年前は、かたちのよい立ち木が幾本か景観にアクセントを添えていたように思うが記憶違いだろうか。少なくとも今回は、わずかに残った幹が丸く頭を出しているだけだった。


 

取水口

天然湖ながら発電も担う。

f:id:cippillo:20170907200346j:plain
大正池の取水口。天然湖ながら発電も担う。


 

大正池のけあらし

f:id:cippillo:20170907200344j:plain
早朝の大正池。張り出しの休憩所から撮影。奥は穂高。


 

魚影

f:id:cippillo:20170907200340j:plain
流れ込みではイワナ・・いや、これはブラウントラウトか?


f:id:cippillo:20170907200341j:plain
確かにブラウントラウトだ。駆除対象にもなっている地域もある外来魚が。


 

焼岳と大正池

f:id:cippillo:20170907200354j:plainf:id:cippillo:20170907200351j:plain
焼岳と大正池(左)。大正池インレット側(右)


 

山池さんぽマップ

f:id:cippillo:20170725173005j:plain
上高地の湖沼マップ。水辺遍路謹製。


 

案内板

f:id:cippillo:20170907200355j:plainf:id:cippillo:20170907200349j:plainf:id:cippillo:20170907200342j:plain
大正池と焼岳の案内板


 

Googleマップ


 

写真アーカイブス

f:id:cippillo:20170907200345j:plainf:id:cippillo:20170907200343j:plainf:id:cippillo:20170907200348j:plainf:id:cippillo:20170907200347j:plain