水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,050湖

クーテニー湖(静岡県修善寺)

【クートネー湖、Kootenay Lake、修善寺虹の郷】

f:id:cippillo:20190318195713j:plain
まるでジオラマの世界のようなクーテニー湖とネルソン駅。

日本初の観光15インチゲージ鉄道が走る里。

日本で最初に15インチゲージを導入した観光鉄道が走る有料テーマパーク内の池のうち最上流部にあるのがクーテニー湖。
カナダのネルソン市を模しており、同市に実在する巨大なダム湖「Kootenay Lake」(クーテニー湖、クートネー湖)をモデルとした池があり、やはり現地に実在するオレンジ色の鉄橋「ビッグ・オレンジ・ブリッジ」のミニチュア版が架けられている。
本家と違って池がごく小さいため、橋はカーブの一端を担っており、ビッグというにはほど遠く、スモール・オレンジ・ブリッジといった風情なのが微笑ましい。
そもそも現役で15インチゲージを営業運転している元祖は英国のロムニー鉄道であるが、世界の鉄道マニア垂涎のこのレールウェイを広大な敷地に等倍で再現したのが、ここ伊豆修善寺の虹の郷
実寸大、つまり実物と同じ大きさで、内部の機関もろもろすべてを完全に再現したものを、もはや「模型」と呼べるのか・・そんな模型そのものの概念を覆しそうなスケールが魅力の施設である。
敷地は谷にある二つの池を取り込み、高台を整地した台地と、谷部の池を結んだ8の字状の路線をもつ。高台と低地の池を結ぶ路線ではあるが、低地の池自体の標高が高いため、高地と低地を結んでいるように見えながらアプトのような登山鉄道のギミックを使わずに、地形を絶妙にいかした変化のある路線を実現している。
鉄道模型マニアなら黙ってはいられないテーマパークであるが、少々入場料が高い。


f:id:cippillo:20180224150955j:plain

f:id:cippillo:20190318195712j:plain
ビッグ・オレンジ・ブリッジは池のくびれた部分に架けられている。橋の奥には小さな滝が設けられ、もう一段上の池がある。


f:id:cippillo:20190318195719j:plainf:id:cippillo:20190318195718j:plain
伊豆半島らしい豪快な地形。長い衝立(ついたて)のような山ごしに駿河湾も見える。


f:id:cippillo:20190318195715j:plain

f:id:cippillo:20190318195711j:plain
ビッグ・オレンジ・ブリッジの形状もなかなかリアルに体現されている! 左に見えるのはカナダ国旗。


f:id:cippillo:20190318195710j:plain
山の上側から見たクーテニー湖と虹の郷全景。山裾には修善寺温泉。


f:id:cippillo:20190318195728j:plain
イギリスエリア。ロムニー鉄道が駅舎に見える。


bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com

f:id:cippillo:20190225122951p:plain

本家のクーテニー湖はカナダにある巨大ダム湖。検索で調べてみてもなかなか情報が出てこないと思ったら、「クートネー湖」という日本語表記の方が一般的なのかもしれません。カナディアンロッキーの大自然が映える壮大な湖だけに、現地の人が修善寺クーテニー湖を見たら逆にびっくりするでしょうか。

f:id:cippillo:20190319111829j:plain
クーテニー湖(クートネー湖)。カナダ。


マークした場所は駐車場。