水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,150湖

乗鞍湖沼群(長野県・岐阜県)

f:id:cippillo:20170728131350j:plain

百名山に名をつらねる乗鞍岳。山頂部にいくつもの峰を配し、三千メートルを越える最高峰・剣ヶ峰に抱かれた権現池をはじめ、火山由来の美しい天上湖が点在する。

これほど豊かさと厚みを持った山も稀である。(中略)乗鞍主峰と続く広大な山城には、多くの山上湖があり、森林があり、高原がある。ただ頂上を極めるだけでは倦き足らない人、そこの湖沼や森林や高原に暇をかけてさまようことに楽しさを見出す人、(中略) 変化のある風景と情趣とは、この山においては無尽である。(深田久弥『日本百名山』)

乗鞍には四半世紀も前、マイカー規制が行われていなかったころにオートバイで二度、挑み、二度とも舗装道としての国内最高点2700mに達することなく引き返したという痛恨の思い出がある。キャブレター車では高度への対応が難しかったことに加え、天候の急変で滝のような雨に遭った。
四半世紀を過ぎて、畳平まで自転車で無事、リベンジを果たしたものの、そのあとの登山では、頂上火口湖の権現池を目前に見逃すという痛い失敗をしてしまい、またもや宿題持ち越しになってしまった。
百名山にも記されているように、乗鞍の水辺めぐりの奥深さはそれら山上湖沼群のほかに、山腹に広大な乗鞍高原を擁し、そこにもまた大小の池がちりばめられ、国内有数の山岳リゾート地を形成していることにある。
ここでは乗鞍山岳湖沼群乗鞍高原湖沼群を合わせて、乗鞍湖沼群とした。

f:id:cippillo:20150921205858j:plain

乗鞍山岳湖沼群。

三千メートルに突入する乗鞍スカイライン、乗鞍エコーラインの二大アクセスルートは、いずれもマイカー規制がありシャトルバスかタクシーの利用となる。ただし自転車は無料で通行できるので足に覚えがあればぜひ挑戦してほしい。
山上湖沼群は岐阜県側に集中している。

  • 権現池(岐阜県高山)
  • 鶴ヶ池(岐阜県高山)
  • 亀ヶ池(岐阜県高山)
  • 不消ヶ池(岐阜県高山)
  • 大丹生池(岐阜県高山)

f:id:cippillo:20150921210135j:plain
不消ヶ池を手前に鶴ヶ池、亀ヶ池と見える。


 

乗鞍高原湖沼群。

梓湖のインレットから乗鞍岳へとのびる大野川に穿たれた段丘状の高原は、信州側から乗鞍への表玄関となっており、温泉やペンション、キャンプ場が充実している。
このあたりは駐車場も各所にあり、マイカーでも自由に動けるので、ハイキング感覚で水辺めぐりを楽しめる。池の他、点在する滝も合わせてまわりたい。

  • 牛溜池(長野県松本)★駐車場と遊歩道あり。
  • まいめの池(長野県松本)
  • どじょう池(長野県松本)
  • あざみ池(長野県松本)
  • 偲ぶの池(長野県松本)
  • いがレイク(仮称)(長野県松本)
  • 大曲池(長野県松本)
  • 御池(長野県松本)★龍神が棲むとされる。
  • ちどり池(長野県松本)


f:id:cippillo:20170728103102j:plain
前川の河岸段丘のへりにある、まいめの池。