水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

鯉の六十里の池(山形県米沢)


藩政時代の名君ゆかりの米沢鯉

米沢では内陸のタンパク源として溜め池で鯉の養殖を行ない秋の水抜きで収穫する政策が藩政時代の名君として名高い上杉鷹山によって行われたこともあり、今も鯉を養殖する溜め池や養殖専用の池があるほか、米沢鯉を使った料理が郷土食になっており、
米沢市街地にある鯉の六十里はその名店。店の横には鯉の蓄養池があり、まるまるとした鯉が泳いでいた。
池畔には鯉供養碑が立つ。
駐車場あり。


米沢の養鯉関係の池

bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com


 

米沢のスーパー



 

米沢の酒場

過去に町を半壊させる大火事があったそうで、言われてみればちょっと町の構造が変わっている。
酒場では鯉料理には会えなかったが、馬刺も名物。