水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

長者池(三重県菰野)

f:id:cippillo:20191119204514j:plain
鈴鹿山脈の山池攻略のため、ムリヤリ一枚の絵に落とし込んでみた。予備調査段階なので、今後、現場踏査をかさねて精度を上げていきたい

長者池、または長者の池は、御在所岳の山頂近くにある山池。
ロープウェーが通じているのでハイキング感覚でも行くことができる、といいたいところだが、頂上駅までの往復運賃と駐車料を合わせると4千円を越えるので、ちょっとお手軽とはいえないが、鈴鹿山脈の山池群の第一歩としてはいいかもしれない。
自力登山の場合、国道の武平峠に登山者用駐車場が設けられている。
長者池はほぼ尾根上のコルにあるため、滋賀県と三重県のほぼ県境ライン上。八大龍王などが祀られている。その名のとおり長者譚の残る池であるが、そのお話、明治時代というのがちょっと新しくておもしろい。
以下、御在所ロープウェーのウェブサイトより。

明治時代、矢田甚太郎(やだじんたろう)氏がこの池で炊事のとぎ汁が早く澄むのを不思議に思い、池の畔で不眠の行を成すと、霊気を授かり “彼の手に撫でられた者の病気は全て完治する” という評判で財を築いた事になぞらえ、この池を「長者の池」と呼ぶ様になったのが名前の由来です。

f:id:cippillo:20191119205231j:plain
池の周囲の地形を把握するため、御在所岳の山頂付近を調査空撮。なお御在所ロープウェー架線および施設付近はドローン禁止
f:id:cippillo:20191119205346j:plainf:id:cippillo:20191119205330j:plainf:id:cippillo:20191119205314j:plainf:id:cippillo:20191119205256j:plain
f:id:cippillo:20191119205358j:plain
長者池の周辺の拡大。中央やや左下の鞍部に、池に下る階段入口と鳥居が見える。池は木の影になって水面までは確認できない


f:id:cippillo:20191119205218j:plain
山頂から菰野の平野側を見る。つづら折りの国道477と、その先に湯の山温泉のかもしか橋が見える


f:id:cippillo:20191119205242j:plain
国道477の峠付近の駐車場


bunbun.hatenablog.com