水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

上水貯水池(三重県菰野)

ロープウェーで手軽に山頂まで行ける鈴鹿山脈の御在所岳。
山頂わきに長者池という池があるが、そこからの沢筋が下った股に貯水池が設けられている。山腹ではなく、山の肩という立地から、砂防ダムかと思ったが、舗装された管理道や取水設備らしきものもあることから、ロープウェーの山頂駅の水道やトイレの水源となっていると考えられる。ダム管理者も御在所ロープウェーのようだ。
謎の多い民間ダムだが、水源近くに金持ち伝説の残る長者池があることから、御利益に満ちた水道水が引かれているかもしれない。

鈴鹿山脈の山池攻略のため、ムリヤリ一枚の絵に落とし込んだ2019年の初稿が上。下は2023年の更新バージョン。全貌はおおよそ掴めてきた。


2023年5月撮影

ダム下流側はこんな感じ。すさまじい急登をつづら折りとなって国道477が谷を這う


マークした場所は長者池。