水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,850湖

ひるがの湿原植物園の池(岐阜県郡上)

f:id:cippillo:20210405065057j:plain

日本列島どまんなか、太平洋と日本海の分水嶺に位置する標高900mの「ひるがの高原」は幹線国道と高速道路が南北に貫いているのでアクセスもしやすい。位置としては世界遺産で知られる白川郷からさらに上った最上流部。
中京圏と富山圏を潤す水が、この地にその端を発し、北に行くか南に行くかを定めるのかと思えば感慨深い。
一方、かつては泥炭層の広大な湿原だったこの地は、排水と開拓によって人が住める場所になったものの、乾燥化と湿原の縮小という状態も招いている。
往年の湿原環境を保存するために整備された「ひるがの湿原植物園」にはヒツジグサやカキツバタが咲く池があったが、石を配した護岸や堰き止め板のある吐き出し部など人工池の感がある。
入園料100円。

f:id:cippillo:20210405065005j:plain
池の吐き出し。金属製スリットに戸板がはめこまれている。


f:id:cippillo:20210405065153j:plainf:id:cippillo:20210405065050j:plainf:id:cippillo:20210405065104j:plain
案内板、入場口、トイレ
f:id:cippillo:20210405064958j:plain


f:id:cippillo:20210405065220j:plainf:id:cippillo:20210405065207j:plainf:id:cippillo:20210405065124j:plainf:id:cippillo:20210405065030j:plain
案内板


マークした場所が駐車場。