水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

神曽根ダム(長崎県平戸島)


遠くに見えるのは海。手前の茶色く濁った湖面が神曽根ダム。

本土とは平戸大橋でつながっている平戸島。日本史でもお馴染みの平戸だが、行くのは初めて。恥ずかしながら島だということを知らなかった。
神曽根ダムは平戸の市街地からいちばん近いダムで「こうぞねだむ」と読む。
西にある箕ノ坪ダムもそうだが、海岸のすぐ近くにあるダム。ダムの下には民家も農地もなく、ただ海がある。何のためのダムなのだろうかと不思議に思ったが、調べてみると取水目的の利水ダムのようだ。


海岸から見える堰体。