水辺遍路

実踏・日本の湖沼 9,000湖

砂沼(茨城県下妻)

【さぬま。砂沼湖。砂沼広域公園】

f:id:cippillo:20190323110543j:plain
へらぶな釣り師は、少しでも沖の魚を狙おうと釣り台を水中に立てている。畳一畳分にも満たない広さだが、自分だけの湖上の楼閣である。

干拓された天然湖がルーツ。のちに溜め池として復活。

深田恭子、土屋アンナの好演が印象的な映画『下妻物語』で一躍、全国に名が知れ渡った下妻。
駅チカで町の顔とでもいうべき天然湖が砂沼である。現在は跡形もないロストレイク(消失湖)の大宝沼・館沼(たてぬま)と隣接しており、ともに下妻城を守護する天然の水堀となっていたと考えられる。
江戸中期に新田開発のため、近くの大宝沼、江村沼とともに砂沼はいったんは干拓されてしまった。その後、鬼怒川からの江連用水からの供給が難しくなったため、砂沼は溜め池として復活する。
人間の都合でいったんは消えた天然湖が、人造湖として蘇ったという歴史がおもしろい。前者を古砂沼、後者を砂沼池として区別したい。

f:id:cippillo:20130530121340j:plainf:id:cippillo:20130530121346j:plainf:id:cippillo:20130530121347j:plain
思い思いの場所で竿を出せるのも砂沼の魅力(左) まごうかたなき巨べらの顔と、みごとな背の張り出し(中・右)


現役の溜め池であると同時に、地域の水辺レジャー拠点に。

周囲6kmの湖畔には緑地の中に、県立砂沼広域公園(観桜苑)、砂沼サンビーチ、球場、下妻ふるさと博物館など、家族で楽しめる施設がそろっている。350本の桜と2万9千本の花菖蒲が季節の彩りを楽しませてくれる。
また、へらぶなやブラックバスのほか、オイカワ・タモロコといった小物釣りの名所としても知られ、ボート釣り、陸っぱりのどちらでも楽しめる。沼を一周する遊歩道があるので、釣り歩きにはもってこいである。貸しボートの釣り宿もある。
2013年5月末に探訪時、尺上のへらぶなが大量に死んでいた。また、黒々と群れとなったへらぶなが鼻上げをしていた。酸欠と思われるが大量死が懸念される。
遊漁料500円。ボート釣りは300円だが別途レンタルボート料金がかかる。

f:id:cippillo:20190323104535j:plain
手前から、砂沼サンビーチ(手前)、砂沼、下妻市街、筑波山。



f:id:cippillo:20190322144014j:plain
堰体側の水門と取水設備。
f:id:cippillo:20190322144022j:plainf:id:cippillo:20190322144021j:plain


f:id:cippillo:20190323104530j:plain
堰体周辺(池の奥側)は下妻市街中心部。


f:id:cippillo:20190323110541j:plainf:id:cippillo:20190323110540j:plainf:id:cippillo:20190323110539j:plainf:id:cippillo:20190323110537j:plainf:id:cippillo:20190323110536j:plain
f:id:cippillo:20190323110534j:plainf:id:cippillo:20190323110533j:plain


f:id:cippillo:20190323104528j:plain
砂沼大橋は歩行者専用の橋。
f:id:cippillo:20190323110535j:plainf:id:cippillo:20190323110538j:plain


f:id:cippillo:20190323110532j:plain
貸し舟店のあたりは、砂沼周回遊歩道が一般道と共用区間になっていた。


f:id:cippillo:20190322144017j:plainf:id:cippillo:20190322144015j:plain
堰体側。駐車場と砂沼を見渡せるカフェがある。
f:id:cippillo:20190322144016j:plain


f:id:cippillo:20190322144020j:plainf:id:cippillo:20190322144023j:plain
東岸側の愛宕神社。
f:id:cippillo:20190323104531j:plain



f:id:cippillo:20190322144019j:plainf:id:cippillo:20190322144018j:plain
堰体にある記念碑と案内板。



f:id:cippillo:20190322144013j:plain
砂沼の湖畔にある無料レンタルサイクルのサイクルポート。砂沼や下妻の町めぐりには、とても便利。



f:id:cippillo:20190322144010j:plainf:id:cippillo:20190322144009j:plainf:id:cippillo:20190322144012j:plainf:id:cippillo:20190322144011j:plain
西岸側のサンビーチ砂沼エントランスと駐車場、案内板。
f:id:cippillo:20190323104535j:plain



f:id:cippillo:20130530121341j:plainf:id:cippillo:20130530121342j:plain
護岸は釣りがしやすい形状。


f:id:cippillo:20130530121335j:plainf:id:cippillo:20130530121334j:plain
広場と遊歩道。



f:id:cippillo:20130530121343j:plain
花菖蒲園の木道ではシーズン前の受け入れ体制が整えられていた。



f:id:cippillo:20130530121345j:plainf:id:cippillo:20130530121344j:plain
案内板。


f:id:cippillo:20190322144007j:plainf:id:cippillo:20190322144008j:plain
ふるさと博物館と駐車場。

f:id:cippillo:20190225122951p:plain


茨城百景全国ため池100選に選定。ちなみに、ため池100選の認定名は「砂沼湖」で、選定資料には「江戸時代前期(寛政3年)のため池」となっています。
ため池として改造した事実はありますが、もとは天然湖ではないかと考えています。あと寛政期は江戸時代前期ではなく後期では?


f:id:cippillo:20190414184440j:plain


マークした場所は、県立砂沼広域公園駐車場の入口。


f:id:cippillo:20130530121339j:plainf:id:cippillo:20130530121338j:plainf:id:cippillo:20130530121336j:plainf:id:cippillo:20130530121337j:plain
2013年5月撮影。


skyphoto.hateblo.jp