水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,600湖

八丁池(静岡県伊豆)

はっちょういけ。アオスズの池
f:id:cippillo:20140618114449j:plain

標高1173mにある周囲870mの池。池名はこの周長の和表記である八丁(一丁は約109m)にちなむ。
国道の新天城トンネル手前にある無料駐車場から八丁池までは片道3〜4時間ほど山道を歩く。昭和天皇もたどったルートで、途中、わさび田があり、枯れ沢をいくつか越えていく尾根伝いの行程。
成因は山の尾根上にあることから長らく火山性のカルデラ湖と考えられてきたが、地層調査の結果、断層のずれに水が貯まった断層湖であることが分かった。
池には10〜25センチの魚が岸辺のあちこちで元気に波紋を作っていた。体形的にはマブナのようだが、閉鎖環境に生息しているせいか行動はブルーギルに似て、とにかく積極的。釣りをすれば入れ食いになるという報告もある。
次は実釣調査をして魚種や特性を確認したい。

f:id:cippillo:20140618114450j:plain
f:id:cippillo:20140618114452j:plainf:id:cippillo:20140618114451j:plain


八丁池は天城縦走路のビバークポイントにもなっており、湖畔の草地でテントを張る登山客もいる。

f:id:cippillo:20140618114453j:plain


なお埼玉県に似た名前の「八丁湖」がある。八丁池も八丁湖もともに心霊スポットとなっていることは興味深い。八丁池に至る登山道起点にある旧天城トンネルも静岡最強の心霊スポットとのこと。
池の300m手前にトイレと展望台がある。

f:id:cippillo:20140618114447j:plainf:id:cippillo:20140618114448j:plain


植物は、スズタケ ブナ ヒメシャラ。

f:id:cippillo:20140618114455j:plain


マークした場所は休憩所