読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,600湖

立岩湖(長野県南相木)

長野県

たていわこ。
f:id:cippillo:20161001224137j:plain

「シナノユキマス」釣りがひそかに熱い仙境的な水辺。

日本一高所にあるダムである南相木ダムのおよそ10km下流にある人工湖沼。堰体は古く昭和37年に造られたということだが、貯水目的というよりは砂防堰堤のようにも見える。フィッシングレジャー性の高い水辺なので「湖」という名が与えられてはいるが、周囲1km級とこじんまりとしている。ただ、幹線道路からも遠く離れた標高1,070mという立地とあいまって、このこじんまり感が仙境のような雰囲気を生みだしている。
湖名の由来は堰体下にある高さ60mの「立岩」。岩に刻まれた三条の筋は、鬼が岩を三度に分けて運び重ねたなごりとか。下には「立岩の滝」がある。

f:id:cippillo:20161001224142j:plain
f:id:cippillo:20161001224141j:plain

サビキ、ルアー、穴釣り、そしてへら竿と、多彩なスタイルで。

シナノユキマスは、その名から国内での交配種のような印象を受けるが、じつはロシア原産の外来魚である。日本では長野県のわずかな湖沼にしか放流されていない。シナノユキマス釣りをトレードマークにしているのは、私の知る限り立岩湖と柳久保池だけである。
冬期は結氷するため、ワカサギと合わせて穴釣りでもシナノユキマスを狙える。結氷期以外のシーズンの立岩湖のシナノユキマス釣りは独特で、春から夏はサビキ仕掛けを遠投するリール釣りスタイル、夏から秋はへらぶな釣りスタイル、40cm以上の大物はルアーフィッシングスタイルで狙うという。
下の写真、へらぶな釣りにしては、どうも様子が変だと思いましたが、そういうことだったんですね。
日釣券は1,700円とやや高いものの、イワナ、ヤマメ、ウグイも狙える。

f:id:cippillo:20161001224145j:plain


釣りキチ三平の看板が泣かせます。
f:id:cippillo:20161001224143j:plain


看板の裏側。これ、へら釣りじゃないの、と思ったけど、シナノユキマス釣りであっているようです。
f:id:cippillo:20161001224138j:plain


2011年に立岩湖で釣ったへらぶな。管理人さんによると、この時点で放流には力を入れていないということだったので、今はもっとも希少な魚かもしれない。このときはマブナ、ウグイも釣れたが、シナノユキマスはゼロ。



2016年撮影。
f:id:cippillo:20161001224139j:plain
f:id:cippillo:20161001224144j:plain
f:id:cippillo:20160928105523j:plain


夏の立岩湖(2011年撮影)



案内板。
f:id:cippillo:20161001224146j:plain


マークした場所は釣り券を購入できる立岩荘。