水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

高森湧水トンネル公園(熊本県南阿蘇)


鉄道トンネル工事の失敗がもたらした水源

昭和時代の鉄道延伸のためのトンネル工事の際に大量の出水により断念に追い込まれたが、以後、湧き出した水は水源地として町を潤し、今は清涼な観光地としても多くの人を魅了している。
以下、高森町のオフィシャルサイトより抜粋。

湧水トンネル公園は高森駅の南側、歩いて10分のところにあります。旧国鉄高森線と高千穂線を結ぶ工事が昭和48年12月から着手されましたが、昭和50年2月、突然トンネル工事で大量の出水に見舞われ、その後も度重なる出水事故が発生して中断となり、その結果、今は高森町の貴重な水源地となっています。 トンネルの長さは2,055メートル。常時、毎分32トンの湧水量があります。

www.town.takamori.kumamoto.jp



マークした場所は駐車場。