水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,600湖

馬越丁場湖(岡山県笠岡)

採石跡湖。
f:id:cippillo:20181229173957j:plain

竪穴を満たす廃墟ブルーと、異次元トリップの採石跡湖。

瀬戸内海に浮かぶ小さな離島、北木島。岡山県の笠岡港からフェリーか旅客船でおよそ1時間。船内には地元や仕事の人ばかりで、古びた船内の装飾やカレンダーも手作り感があって旅情が高まる。
北木島は昔から良質の石材を産出する石切りの島だが、深く掘られた採石場跡にいつしか水がたまり、「丁場湖」と呼ばれる池ができあがった。丁場とは採石場の意。
Googleマップで「採石跡湖」とマークアップされた場所に行ってみる。集落を抜ける狭い路地の途上に、荒れ果てて草ぼうぼうの入口を見つけた。石碑には「馬越採石場」、そのたもとの案内柱には「馬越丁場跡」と記されていた。
入っていいのだろうか思ってしまうほどの濃厚な現場感。つい最近まで操業していたかのよう。奥に進むと切り立った崖の下にブルーの水面が現れた。
深い水の色は吸い込まれるように静謐。放棄され錆びたクレーンが湖上に突き出し、言いようのない廃墟感に包まれた異次元空間だった。
島内には他にもたくさんの採石跡湖が存在するので、今後の識別のため、とりあえずこの池を馬越丁場湖と銘打つ。

f:id:cippillo:20181229175539j:plain
垂直の岩壁がそそり立ち、日本離れした水辺風景。


f:id:cippillo:20181229175535j:plainf:id:cippillo:20181229175536j:plainf:id:cippillo:20181229175534j:plain
フェリーの海上から見た丁場。
f:id:cippillo:20181229175537j:plainf:id:cippillo:20181229175538j:plain


f:id:cippillo:20181229175547j:plainf:id:cippillo:20181229175546j:plain
馬越丁場の入口。この奥に池がある。


f:id:cippillo:20181229175545j:plainf:id:cippillo:20181229175543j:plainf:id:cippillo:20181229175541j:plain
北木島の豊浦港とフェリーの喫煙室。びっしりと釣果が記されていた。
f:id:cippillo:20181229175542j:plain


f:id:cippillo:20181229173954j:plain
港に停泊しているのは、笠岡港行きのフェリー。

f:id:cippillo:20181229173955j:plain

f:id:cippillo:20181229173959j:plainf:id:cippillo:20181229173956j:plainf:id:cippillo:20181229173958j:plain

f:id:cippillo:20181229175544j:plain

f:id:cippillo:20181229175551j:plainf:id:cippillo:20181229175550j:plainf:id:cippillo:20181229175549j:plainf:id:cippillo:20181229175533j:plain