水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

ふるまぎ水鳥の池(古間木調整池)(千葉県流山)

正式名を古間木調整池(1号調整池)という防災調整池で流山市総合運動公園に隣接。もともとは雑木林だった総合運動公園の環境を生かし、くつろぎの「リラクゼーションフロント」をまちづくりのコンセプトに調整池を積極的に環境保全や親水機能を持った水辺空間として活用する試みがなされている。
この池の「ふるまぎ水鳥の池」という愛称をはじめ、周辺の調整池群は親しみやすい愛称を与えられている。実態はまだまだ無機質な調整池であるが、まずは名前から。専門家や地域の声を取り入れながら改良を進めていくという話なので、今後の成長が楽しみな池。

流山市総合運動公園



マークした場所は流山市総合運動公園の駐車場。