水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

池田下ため池(佐賀県鳥栖)


トイレもあり安心してヘラブナやバス釣りもできる町ナカの池

池名を冠した池田下ため池公園として駐車場、トイレなどが整備されている。一方、池の周囲のほとんどが宅地化されているために、もはや農業用貯水池である「ため池」の面影は薄く、一見すると公園池に見えるが、県の農業用ため池データベースに堤高5mで登録されているれっきとした溜め池でもある。
池岸はコンクリート護岸、自然護岸、疎石による親水護岸で構成されるが、水面との比高が1mほどとやや高い。
池の流れ込み水路は公園を横断しており、幅が広めのジャブジャブ池として設計されており水遊びもできる設計になっている。
また、池の方は釣り場としても認知されており、ヘラブナ釣り師が使う固定釣り台が数基、自然護岸側に設置されていた。あまり盛況ではないのか、訪れた際はバサー以外に釣り人の姿はなく、朽ちかけた釣り台も見られたので転落には注意したい。
冬場でも短竿でじゅうぶん釣果を得られるようだが、小場所だけにガリベラが多いのはいたしかたなし。
また、公園の一角に「鳥栖蛍研究所」なる小屋があった。さすがに園内でホタルが生息できる環境は難しそうなので、流入する小河川の方であろうか。


釣り台


水の流入口と、ジャブジャブ池タイプの水路



駐車場とトイレ



マークした場所に駐車場。トイレあり。