水辺遍路

実際に行った池やダム 9,600ヶ所を掲載

有馬の池(三重県熊野)

f:id:cippillo:20190818205621j:plain

山崎運動公園内の池。公園を取り囲むように流れる水路と産田川との合流口に水門があり、池のようになっている。
見た目では役割が判然としない不思議な池。同公園があった場所には、有馬の池という伝説上の池があったようだ。有馬の池をめぐる伝説については壺の池の項に以下の内容を記載した。
有馬の池そのものではないと思うが、痕跡ということでこのページでの池名を有馬の池とした。有馬の池については、今後、調べていきたいと思っている。

明神池に棲む大蛇を神様が踏みつけた際に、千切れた蛇の体がここ壺の池に落ちて大ウナギに転じたというのが伝説の骨子だが、神様のかわりに役行者が登場するバリエーションもある。
役行者の錫杖ですっ飛ばされた蛇の胴体は明神池に、頭は「有馬の池(ありまのいけ)」(現在の山崎運動公園)に落ちた。この話では、蛇の尾は壺の池ではなく奈良市の猿沢池に落ちたことになっている。猿沢池といえば、明神池と同じく七不思議をもつミステリー水辺の元祖みたいな大御所である。
壺の池という不思議な名といい、すぐ隣にある蓑の池という兄弟池の存在といい、なんともいえず気になる池である。

bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com


f:id:cippillo:20190818205610j:plain
鯉らしき魚影


f:id:cippillo:20190818205552j:plainf:id:cippillo:20190818205600j:plain
池に面してあずまやもある


f:id:cippillo:20190818205647j:plainf:id:cippillo:20190818205638j:plain
駐車場と案内板
f:id:cippillo:20190818205659j:plain


マークした場所は、山崎運動公園駐車場