水辺遍路

実踏・日本の湖沼 9,200湖

瀬上池(神奈川県横浜)

せがみいけ。瀬上市民の森。
f:id:cippillo:20151121141527j:plain

横浜の秘境? 深い谷間の池。

山に囲まれたくぼ地のような谷に造られた農業用ため池。一帯の森は瀬上市民の森として保全されハイキングルートがいくつか設定されており、都市にあって手軽に山歩きが楽しめるとあってアーバンハイカーがたえない。
またバスポンドといえるバスポンドが釣り禁止や駆除などでほとんど壊滅状態にある横浜で、瀬上池はアクセスが難しいことが幸いしてか、近年まで希少な釣り場となっていたようだ。鯉やソウギョ狙いの釣り人もいるらしい。
できれば水面近くまで降りて現況を確認したかったが、初回の調査時では現地の看板では池の近くには駐車場などが確認できなかったため尾根道から池の姿を撮影するにとどめた。
後日、調べたところ、かつては農業用のため池だっただけに、池の北側が狭いながら谷戸になっておりクルマも入れる道路はあるようだが、公園管理用として使われており一般車は進入できない。

 

二回目の調査も難航。都会の池なのに、なかなか会えない。

f:id:cippillo:20151121141521j:plain

横浜栄高校の裏側から瀬上池の池下広場にアプローチできる細い舗装路があることが分かったので原付でアタック。クルマ止めの先は徒歩で入っていく。地元では有名なのか、軽登山の装備に身をかためたハイカーが多い。

f:id:cippillo:20151121141522j:plain

途中で道は未舗装になり、木道も敷設された湿地状の谷戸へ。ここにトンボの池、みんなの池と名付けられた二つの水たまりがあった。

bunbun.hatenablog.com


f:id:cippillo:20151121141525j:plain

池下の広場前まで歩いたところで工事のゲート。なんたることか、池には歩行者も立入禁止とのこと。
「環境改善整備工事」とあったが、池底に堆積した土砂を機械できれいにして浚渫するエコな工事らしい。農業土木もecoの時代。

f:id:cippillo:20151121141526j:plainf:id:cippillo:20151121141518j:plain

やむなく尾根の方へと登ってみたが、峠の休憩所まで歩いても深い森に阻まれて池の姿はまったく見えない。

f:id:cippillo:20151121141523j:plainf:id:cippillo:20151121141524j:plain

意を決して、橋なき小川を渡り道なき山林を這いつくばって登った。といっても、この程度の川だけど。

f:id:cippillo:20151121141517j:plain

やっと見えた瀬上池!
近未来的な舟に乗った工事のおじさんに発見されないよう匍匐前進。木のあいだから撮影。なんだかスパイみたいだ。

f:id:cippillo:20151121141516j:plain

工事は来年の春には終わる予定のようなので、そのころにはきっと生まれ変わった瀬上池に会えることだろう。


現地のマップ、資料など。
f:id:cippillo:20151121141519j:plainf:id:cippillo:20151121141520j:plain
f:id:cippillo:20151021161432j:plainf:id:cippillo:20151021161431j:plain


第一回目の調査で撮影した場所には、瀬上池の見晴らせる場所として案内板が設けられていた。
f:id:cippillo:20151021161430j:plain
f:id:cippillo:20151021161434j:plainf:id:cippillo:20151021161433j:plain
f:id:cippillo:20151021161429j:plain