水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

水鳥の池(東京都立川)


国交省が所管する国営公園池

都市公園100選にも選定されている国営昭和記念公園のメイン池で「水鳥の池」と名付けられている。
この池は遮水シートの上にコンクリートを打ち人工的に土壌と植生を作りだし、雨水が効果的に貯留するよう工夫されているということで、マニアックながらすごい池だ。園内にある日本庭園の池や渓流とも通水させ、循環的な水辺環境を構築するという壮大な計画のもと進化中。
バードサンクチュアリでの野鳥観察のほか、ローボートやサイクルボートで遊ぶこともできる。


水路状のコンクリート護岸

これもオーバーフローした水を無駄なく導水、循環させるための工夫だろうか。


 

バードサンクチュアリ

カイツプリ、ササゴイ、コサギ、カルガモ、コガモ、コチドリ、カワセミ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ


 

案内板


bunbun.hatenablog.com


 

Googleマップ

マークした場所は駐車場。