水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

岩婦湖(千葉県南房総)

【いわぶこ / 岩婦溜池】

道から木々に囲まれた湖面を見渡すと、岩盤むきだしの半島が目をひく。その突端には小さな社がたたずむ。「岩婦湖」の名称の起源と何か因果がありそうな不思議な存在感がある。
灌漑用の溜め池として江戸時代に築造され、最大水深は8mで「湖」と呼ぶに足りない感じがするが、湖畔には2軒の温泉宿があり、湯治場のような秘境感を味わえる。
かつては、へらぶな、ブラックバスを狙う釣り人が訪れ、貸しボートもあったようだが、2007年に工事で完全に水抜きし、その際に魚の保護は行わなかったとのこと。よってブラックバスはもちろん、良型のへらぶなも現在は期待できなさそう。
湖のまわりには7.5kmのハイキングコースがある。
温泉利用者以外は駐車スペースが少ない。


<施設・設備>
温泉旅館2軒(日帰り入浴可)


<アクセス>