水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

鮎川湖(群馬県藤岡)

【あゆかわこ / 牛秣溜池、牛秣ダム(うしまぐさ)】

藤岡の市街地を見下ろす小山の上にある池で、堤が決壊するとおそろしいことになりそうな緊張感がある。それだけに震災後、おそらくは堤の補強工事らしき完抜き(100パーセントの水抜き)が行われた。
周辺はゴルフ場銀座なだけに雰囲気のよい立地で、へらぶなとわかさぎの名門管理釣り場の三名湖、ブラックバスの竹沼貯水池、吉井の野池群も近く、釣り場の充実したエリアである。
鮎川湖も、へらぶな、わかさぎの管理釣り場として活用されており、2014年にはシマノの釣り番組のロケ地ともなった。
これだけの広さがあるので、雰囲気がいいのは当然だが、へらぶなのカタのよさと釣果を両立させているところがすごい。初心者や家族連れなら釣り桟橋で気軽に数釣りを楽しむもよし、ベテランはボートでじっくりカタ狙いに専念するのもいい。
料金は桟橋2000円、ボート2500円。(2014年)


堰堤上に駐車するスタイル。奥が管理棟。


さすが鮎川湖。ガリべらまで良型。


2012年秋。水抜きして工事していた。


マークした場所が管理棟