水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,400湖

山太郎溜池(福岡県糸島)

f:id:cippillo:20190418085140j:plain

糸島の野池群のひとつ。農地が広がる平野の中に位置し、コの字形の堤をもつので一見、皿池タイプの溜め池かと思ったが、池を囲いこむ小丘陵は意外に奥行きがあり、皿池的なところと谷池的な表情の両方をもっている。
堰体から見ると池の奥側は、もくもくと木々が湖上にせり出して、いかにも野池! という感じで雰囲気がいい。水の色といい、房総の野池を見ているような気にもなる。
堰体まわりはフェンスで囲まれている。

f:id:cippillo:20190418085139j:plain
谷池タイプの表情。


f:id:cippillo:20190418085138j:plain
池の規模に対して洪水吐けはかわいらしいサイズ。


f:id:cippillo:20190418085141j:plain
取水設備である斜樋へアプローチする階段は、親切にも手すりつき。と思ったら、親切というより、むしろハード。なぜかは下の「池ナビ」で。

f:id:cippillo:20190225122951p:plain


手すりがあるということは、しばしば階段を降りていく必要があるということの裏返し。
そう。ここでは斜樋でよく見られるスピンドルのゲート操作ハンドルがありません。よく見ると、水面下に鉄製の「フタ」のようなものが見えます。
フタには蝶番(ちょうつがい)が付いており、これぞ池の栓なのでしょう。栓を引っぱるときは水圧がかかって力がいるのかも。そんなときのために手すりが付いているのではないかと妄想しました。


f:id:cippillo:20190418085142j:plain