水辺遍路

実際に行った池やダム 9,400ヶ所を掲載

奥津湖(岡山県鏡野)

苫田ダムと苫田鞍部ダム。とまただむ。
f:id:cippillo:20181217090149j:plain

二つの異なる型式のダムによって堰かれたオープンなダム湖。

変化に富んだ湖相を見せる奥津湖は13kmの湖岸道をもつ開かれた人造湖。中世には砦があった小高い丘は現在は湖に浮かぶ島になっており、遊歩橋で渡ることもできる。
さすが国土交通省管理の新しいダムだけあってバイパス道路でスマートにアクセスでき、物産館のある広い駐車場完備。さらに堰体見学もできて至れり尽くせり。
奥津湖はダムファンにとっても見どころが多い。この湖を堰いているのが、重力式コンクリートダムの苫田ダムと、ロックフィルダムの苫田鞍部ダムの二つ。異なるタイプのダムが協力してひとつの池を守っている。
また、苫田ダムの方にはラビリンス堰タイプの洪水吐が目をひく。
国交省によると、釣り大会、手づくり筏レース、ラジコンボート大会、水上結婚式、カヌー体験会など積極的な湖面利用を計画しており、ウィンドサーフィン、ジェットスキーまで認めていこうという動きもあるようだ。
ブラックバスはダム完成後すぐに確認されているほか、サツキマスも生息しているとのこと。
ダムカード配布対象ダム。

f:id:cippillo:20181217090151j:plain
ラビリンス堰タイプの洪水吐。


f:id:cippillo:20181217090153j:plainf:id:cippillo:20181217090145j:plain
苫田ダム(左)と苫田鞍部ダム(右)


f:id:cippillo:20181217090150j:plain

f:id:cippillo:20181217090146j:plainf:id:cippillo:20181217090144j:plain
ロックフィルダムの裏側(水が貯まる方)


f:id:cippillo:20181217090152j:plain
苫田ダムの堰体天端はクルマも通行できる。


f:id:cippillo:20181217090148j:plainf:id:cippillo:20181217090147j:plain
苫田鞍部ダムのダムサイト駐車場と案内板。



f:id:cippillo:20160607083359j:plainf:id:cippillo:20160607083400j:plain
2016年撮影
f:id:cippillo:20160607083358j:plain


マークした場所に物産館と駐車場。