水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

熊本市東部浄化センター 鋼板製消化槽(熊本県熊本)

熊本市のお膝元にある江津湖を歩いていたときに見つけた、キモかわいいキャラクターが描かれたこのタンク。水をモチーフとしているのは分かるけど、なぜウンコ色のクツを履いているのか・・。
てっきり浄水場に付随することの多い配水池かと思っていたら、下水道からやって来る汚水を処理する「鋼板製消化槽」というタイプのタンク型の池ということだった。タンクの中で汚泥を撹拌しバイオの力で分解、発生したガスをエコ利用というような役割。
熊本市では下水汚泥を燃料化する事業にも取り組んでいるとか。今度、もっと詳しく知りたいものだ。