水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

黄金池(山梨県甲府)

f:id:cippillo:20210520153148j:plain

昇仙峡ロープウェイの山麓駅構内にある人工池だが、最近はお手軽パワースポットとしての認知度が高まってきた。
ロープウェイ創業時から池は同じ場所にあったというので、どういった由来の池か分からないが、巨鯉が30尾ほどいたのだが2013年2月に甲府を襲った120年ぶりの大雪で全滅。
これを機に昇仙峡ロープウェイは池の改修に着手。リニューアルされた池は2014年12月に完成。このときから金色の錦鯉だけを放ち、「黄金池」と命名。ロープウェイ始発は通年営業、9時始発。
ロープウェイ山頂駅からは能泉湖のパノラマが広がる。

f:id:cippillo:20210520153137j:plainf:id:cippillo:20210520153131j:plain
池はロープウェイ建物の敷地内にある
f:id:cippillo:20210520153204j:plain


f:id:cippillo:20210520153104j:plainf:id:cippillo:20210520153110j:plainf:id:cippillo:20210520153056j:plain
目の前の荒川は階段状護岸もある


f:id:cippillo:20210520153117j:plain
「ほうとう鍋」の看板が掲げられたこちらの池には通常のニシキゴイが
f:id:cippillo:20210520153218j:plainf:id:cippillo:20210520153123j:plain


マークした場所に駐車場。