水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,050湖

あまだ里山 2号トープ(静岡県裾野)

f:id:cippillo:20200527120018j:plain
2号トープと、あずまや

現地の案内坂には「あまだトンボ池 ふかさわの森」と銘打たれている自然公園。「あまだ里山」という呼び方もある。
遊歩道や木道が敷かれた園内にはトンボ池のほかに水芭蕉園と「○号トープ」と名付けられた3つの池がある。
「トープ」はビオトープの略。通水しており上流から水芭蕉園、3号、2号、1号の順に下っていく。
各トープ池はこじんまりとしつつも、隣にはせせらぎが音を立て、小さな島には広葉樹が新緑がまぶしい。自然が作りだした山あいの小さな谷にうまれたオアシス感が、さわやかな涼味とともに心を満たしていく。
驚いたことに、この場所は、もとは水田だったそうだ。廃田となった里池、里田を人の手で整えた。けっして自然にこうなったわけではない。控えめなトープ池という名がそれを表している。
このページでは水芭蕉園を含めた4つの池を採録。

f:id:cippillo:20200527120410j:plain
案内坂


f:id:cippillo:20200527120358j:plain
駐車場から歩いていくと、まもなく分岐。トンボ池に行くためには「あまだ里山」の方に入る


f:id:cippillo:20200527120334j:plain
まもなく右手に水芭蕉園が現れる
f:id:cippillo:20200527123836j:plainf:id:cippillo:20200527123857j:plain
f:id:cippillo:20200527120317j:plainf:id:cippillo:20200527120303j:plain
せり出しのお立ち台もあって、じつにいい雰囲気。直下にあるのが3号トープ


f:id:cippillo:20200527120237j:plain
3号トープ横のせせらぎの一角に石灯籠と水神様が。ここに小さな里と生活の営みがあったことをうかがわせる


f:id:cippillo:20200527120059j:plain
吐き出し側から2号トープ


f:id:cippillo:20200527120222j:plain
2号トープから流れ出した沢は、あずまやの先で崖に出会い「あまだの滝」となってトンボ池にそそがれる


f:id:cippillo:20200527120249j:plain
よく見ると、なかなか気合の入ったあずまやである


f:id:cippillo:20200527120207j:plainf:id:cippillo:20200527120154j:plain
水の方は滝となって落ちるが、人間はここから急階段を下る


f:id:cippillo:20200527120141j:plainf:id:cippillo:20200527120128j:plain
下にも池が。これが1号トープか


f:id:cippillo:20200527120347j:plain
駐車場は未舗装

bunbun.hatenablog.com


マークした場所は駐車場。